ユニバーサルデザイン

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 ユニバーサルデザイン
科目番号 0023 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 物質工学専攻 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材
担当教員 土屋 真,茂木 龍太,角田 陽

目的・到達目標

ユニバーサルデザインという概念をまぶことで,最新のデザインの動向を理解し,自身の専門分野へ活かすこと.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的よりも理想的に近い到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
授業の取り組み姿勢全ての授業に積極的に参加8割以上の授業に積極的に参加7割以上の授業に積極的に参加7割未満しか授業に参加していない
授業の理解度授業中に紹介した複数トピックを理解しつつ,自身の考察も加えることができる.授業中に紹介した複数トピックを理解している.授業中に紹介した一つのトピックを理解している.授業中に紹介したトピックを一つも理解していいない.
総合的理解度ユニバーサルデザインの概念を総合的に理解しつつ,自身の考察も加えることができる.ユニバーサルデザインの概念を理解している.ユニバーサルデザインの概念を部分的に理解している.ユニバーサルデザインの概念を全く理解していない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
この授業ではユニバーサルデザインを通してグラフィックや映像,プロダクト,空間,建築などの最新のデザインについて学ぶ.
授業の進め方と授業内容・方法:
講義後に小レポートを作成し提出.また,この科目は学修単位科目のため,事前・事後学習として,予習・復習を行うこと.事前・事後学習としてレポートやオンラインテストを実施します.
注意点:
授業に積極的に参加し,質問すること.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ガイダンス・自己紹介 授業計画を理解すること
2週 デザイン  デザインという概念を把握する
3週 ものづくり 職人のモノづくりについて学び考察する
4週 認知とデザイン01 錯視と錯覚について学び人間の特性を利用したデザインについて考察する
5週 認知とデザイン02 GUI,UIについて学び考察する
6週  UXデザイン 体験を含めた最新のデザイン手法について学び考察する
7週 3Dプリンター デザインと深い関わりを持つ3Dプリンターについて学び最新の制作手法を把握する.
8週 レポート01
4thQ
9週 イームズの紹介 イームズというデザイナーの現代における位置付けを理解する.
10週 イームズの椅子の分析 イームズの椅子の人間工学的分析を行い,椅子における寸法体系を理解する.
11週 モデュロールの紹介 黄金比と人体寸法に関して理解する.
12週 法隆寺の映像資料の紹介 法隆寺に伝わる大工の技を映像資料を利用して理解する.
13週 大工道具と人間工学の関係 大工道具と人間工学の関係について理解する.
14週 ユニバーサルデザイン ユニバーサルデザインの基礎的概念を理解する.
15週 レポート02
16週

評価割合

レポート発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合90001000100
基礎的能力3000100040
専門的能力400000040
分野横断的能力200000020