無機固体化学

科目基礎情報

学校 東京工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 無機固体化学
科目番号 0032 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 物質工学専攻 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 プリント
担当教員 井手 智仁

目的・到達目標

無機固体の分類や分析方法をまず学ぶ.続いて無機固体の化学結合,バンド構造などの電子状態について学ぶ.また,格子の歪や欠陥の影響

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安最低限の到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目1固体の分類や分析法について詳細に説明できる.固体の分類や分析法について簡潔に説明できる.固体の分類や分析法について知っている.固体の分類や分析法を知らない.
評価項目2固体の化学結合やバンド構造について詳細に説明できる.固体の化学結合やバンド構造について簡潔に説明できる.固体の化学結合やバンド構造について知っている.固体の化学結合やバンド構造を知らない.
評価項目3格子の歪や欠陥,表面が物性に与える影響を説明できる.格子の歪や欠陥,表面などについて説明できる.格子の歪や欠陥,表面などについて知っている.格子の歪や欠陥,表面などを知らない.
評価項目7無機固体に関する文献を調査した結果を明瞭に説明できる.無機固体に関する文献を調査した結果を簡潔に説明できる.無機固体に関する文献を調査した結果をまとめることができる.無機固体に関する文献を調査した結果をまとめることができない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
企業での材料の研究開発の経験を活かし,固体の電子構造と化学について学習する.
授業の進め方と授業内容・方法:
この科目は学修単位科目のため、事前・事後学習として予習・復習を行うこと.
授業の後半では文献調査と発表を行う.
注意点:
本科目は,予習・復習等の自学自習で効果が向上するので,必ず心がけること.自学自習の習慣を身に着けること.
基本的な無機化学を事前に十分学習しておく必要がある.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 固体の分類と電子状態 固体の化学的分類や電子状態を説明できる.
2週 固体の分光学 固体の分析に使用される分光法を説明できる。
3週 固体の化学結合1 イオン固体や共有固体の化学結合について説明できる.
4週 固体の化学結合2 金属や遷移金属化合物の化学結合について説明できる.
5週 バンド理論の初歩(1) バンド構造について説明ができる.
6週 バンド理論の初歩(2) バンド構造について説明ができる.
7週 固体内での電子反発 電子反発の効果について説明できる.
8週 中間試験 今までに学んだことの整理を行う.
2ndQ
9週 格子の歪み 格子の歪みについて説明できる.
10週 欠陥と不純物(1) 欠陥の種類と分類,その影響を説明できる.
11週 欠陥と不純物(2) 励起状態や表面について説明できる.
12週 無機固体に関する文献調査 無機固体に関する論文を調査し,興味のあるものについて精読する.
13週 発表資料作成 無機固体に関する論文を精読結果をまとめ,スライドとレジュメを作成する.
14週 調査結果の発表 無機固体に関する論文を調査結果を発表する.
15週 まとめ 無機固体化学のこれまでの学習を整理する.
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60400000100
基礎的能力0000000
専門的能力60400000100
分野横断的能力0000000