情報処理Ⅰ

科目基礎情報

学校 富山高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 情報処理Ⅰ
科目番号 0084 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械システム工学科 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 例題35+演習問題65でしっかり学ぶ Word/Excel/PowerPoint標準テキスト Windows10/Office2016 対応版
担当教員 吉川 文恵

目的・到達目標

表計算ソフトの概念を理解し、作表や関数の利用ができる。
PowerPointで作図ができる
Officeソフトを連携させた総合レポートが作成できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1表計算ソフトの概念を理解し、高度な作表や関数の利用ができる。表計算ソフトの概念を理解し、作表や関数の利用ができる。表計算ソフトの概念を理解し、作表や関数の利用ができない。
評価項目2コンピュータで使われる進数や単位を使って表現ができるコンピュータで使われる進数や単位の計算ができるコンピュータで使われる進数や単位の計算ができない
評価項目3Officeソフトを連携させた高度なレポートが作成できるOfficeソフトを連携させた総合レポートが作成できるOfficeソフトを連携させた総合レポートが作成できない。

学科の到達目標項目との関係

ディプロマポリシー 1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本科目では,技術者のスキルとして情報及び情報処理機器を使いこなし,情報を正しく伝えることを最終目的に,下記のスケジュールで授業を行います。前半は表計算ソフトの使い方を、後半は文書作成ソフトやプレゼンテーションソフトをの使い方を中心に、技術のトレンドを交えた講義を行う。
これらの技術を用いて、今までに学習してきた化学、物理の知識を用いて解決できる課題について課題解決のための提案書を作成することを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業、演習
注意点:
Officesソフト群を用いたレポートの作製を基本とする。本科目の総合レポートでは情報処理の知識だけではなく、中学校や高専の一年二年生で習った化学、物理などの知識を総合的に用いたレポートの作成を目的としている。理系科目だけではなく、いろいろな科目の知識を再整理しておくこと。

授業計画は,学生の理解度に応じて変更する場合がある。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
2週 表計算ソフトの概要 MS-EXCEL のブック、シート、セルの概要、基本的計算機能、関数機能を使うことができる
3週 表計算ソフトの関数 絶対参照、相対参照を使い基本的表を作成することができる
4週 表計算ソフトを使ったグラフ作製 データからグラフを作製することができる。
5週 表計算ソフトの演習(1) MS-EXCELを使用して,データを整理しグラフを作成することができる。
6週 表計算ソフトの演習(2) MS-EXCELを使用して,データを整理しグラフを作成することができる。
7週 表計算ソフトの演習(3)
8週 中間試験
2ndQ
9週 コンピュータの概要(1) コンピュータで利用する単位を説明することができる
10週 コンピュータの概要(2) コンピュータで利用する進数の概念について説明することができる.
11週 簡単な物理現象をシミュレート(1)
EXCEL をつかって簡単な物理現象をシミュレートすることができる。
12週 簡単な物理現象をシミュレート(2)
13週 プレゼンテーション資料の作成 グラフを用いたプレゼンテーション資料を作成することができる。
14週 技術レポートの作成 グラフを用いた技術レポートを作成することができる。
15週 まとめ,アンケート
16週

評価割合

試験小レポート提出物態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合02080000100
基礎的能力0000000
専門的能力02080000100
分野横断的能力0000000