化学ⅡB

科目基礎情報

学校 富山高等専門学校 開講年度 令和06年度 (2024年度)
授業科目 化学ⅡB
科目番号 0033 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気制御システム工学科 対象学年 2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 化学基礎academia(実教出版),ベストフィット化学基礎(実教出版・問題集),ベストフィット化学(実教出版・問題集),サイエンスビュー化学総合資料(実教出版・図録)
担当教員 森田 康文

到達目標

高等学校学習指導要領化学基礎の目標に則り、以下の内容について理解している。
熱化学方程式を作り、ヘスの法則を理解できる。ヘスの法則を用いてある程度計算ができる。
有機化合物の種類と性質を理解している。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1熱化学方程式を作り、ヘスの法則を説明できる。ヘスの法則を用いて計算ができる。熱化学方程式を作り、ヘスの法則を理解できる。ヘスの法則を用いてある程度計算ができる。熱化学方程式を作り、ヘスの法則を理解できない。ヘスの法則を用いてある程度計算ができない。
評価項目3有機化合物の種類と性質を理解し、反応について説明できる。有機化合物の種類と性質を理解している。有機化合物の種類と性質を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

ディプロマポリシー DP1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
高等学校学習指導要領化学基礎の教科書に準じて、主に座学で授業を進める。単元ごとに教科書傍用の問題集を宿題として自宅で復習を促す。また、実験を取り入れて授業で勉強した事象を確認させる。
授業の進め方・方法:
試験: 後期中間・後期末を計2回実施する。
実験:実験前に必ず予習すること。実験に必要な服装、安全な行動、後片づけ等は正しく行うこと。
出席: 特別な事由がなく、授業に欠席しないこと。
事前に行う準備学習:前回の講義の復習および予習を行ってから授業に臨むこと
(授業外学習・事前)授業内容を予習しておく。
(授業外学習・事後)授業内容に関する課題を解く。
注意点:
学習上の留意点
・自然の事物・現象に関することを題材にして,基本的な概念,原理,法則を理解するよう務めること
・学習事項の練習問題などを適宜課題とする。
・提出物やその他課題についてはそれぞれの指示に従い,提出期限を厳守すること。
学習上の助言
・教科書や副教材などを用いて,復習を中心とした自学自習を行なうこと。
・自学自習の際,高校生向け学習参考書全般が参考となるので各自利用すること。
・本科目では、50点以上の評価で単位を認定する。評価が50点に満たない者は、願い出により追認試験を受けることができる。追認試験の結果、単位の修得が認められた者にあっては、その評価を50点とする。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 イオン化傾向の実験 実験によってイオン化傾向を追実験する。
2週 電気分解 電気分解反応を説明でき、ファラデーの法則による計算ができる。
3週 ファラデーの法則 電気分解反応を説明でき、ファラデーの法則による計算ができる。
4週 反応と熱 反応と熱の関係について理解できる。
5週 反応と熱 熱化学方程式 熱化学方程式について理解できる。
熱化学方程式を作ることができる。
6週 反応と熱  ヘスの法則I ヘスの法則について理解できる。
7週 反応と熱  ヘスの法則II ヘスの法則を用いて計算ができる。
8週 後期中間試験 これまで学習した単元について理解している。
4thQ
9週 反応熱の実験 実験によってヘスの法則を追実験する。
10週 有機化合物 分類 有機化合物の分類について理解できる。
11週 アルカン・アルケン・アルキン アルカン・アルケン・アルキンの分類と反応について理解できる。
12週 アルコール・エーテル アルコール・エーテルの分類と反応について理解できる。
13週 アルデヒド・ケトン・カルボン酸・エステル アルデヒド・ケトン・カルボン酸・エステルの分類と反応について理解できる。
14週 有機合成実験 サリチル酸のエステル化反応を理解できる。
15週 学年末試験 これまで学習した単元について理解している。
16週 答案返却・アンケート 答案返却・解答、授業アンケート

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力自然科学化学化学化学反応を反応物、生成物、係数を理解して組み立てることができる。3後3
化学反応を用いて化学量論的な計算ができる。3後3
電気分解反応を説明できる。3後2
電気分解の利用として、例えば電解めっき、銅の精錬、金属のリサイクルへの適用など、実社会における技術の利用例を説明できる。3後1,後2
ファラデーの法則による計算ができる。3後3

評価割合

定期試験プリント提出レポート問題集合計
総合評価割合80010100100
基礎的能力80010100100
専門的能力000000