技術者倫理入門

科目基礎情報

学校 富山高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 技術者倫理入門
科目番号 0075 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気制御システム工学科 対象学年 1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「事例で学ぶ技術者倫理」、プリント
担当教員 高田 英治,西島 健一

目的・到達目標

1. 技術者として社会で活躍するための倫理、環境、知的財産の考え方を理解する。
2. 技術者に必要となる分析、ヒヤリハットの考え方について理解する。
3. 将来の技術課題に対し、チームで調査・検討・整理、ポスタの作成と発表を行い、ディスカッション力を身につける。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1技術者として社会で活躍するための倫理、環境、知的財産の考え方を理解し、詳しく説明できる。技術者として社会で活躍するための倫理、環境、知的財産の考え方を理解できる。技術者として社会で活躍するための倫理、環境、知的財産の考え方を理解できない。
評価項目2技術者に必要となる分析、ヒヤリハットの考え方について理解し、詳しく説明できる。技術者に必要となる分析、ヒヤリハットの考え方について理解できる。技術者に必要となる分析、ヒヤリハットの考え方について理解できない。
評価項目3将来の技術課題に対し、チームで調査・検討・整理、ポスタの作成と発表を行い、ディスカッションし、適切な応答ができる。将来の技術課題に対し、チームで調査・検討・整理、ポスタの作成と発表を行い、ディスカッションできる。将来の技術課題に対し、チームで調査・検討・整理、ポスタの作成と発表を行い、ディスカッションできない。

学科の到達目標項目との関係

ディプロマポリシー 3 説明 閉じる

教育方法等

概要:
初学年である事を考慮し、技術者を目指す学生たちに必要な基本的心構え、発表等の初歩を身につけるとともに、専門分野の倫理的側面を学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
授業計画は、学生の理解度に応じて変更する場合がある。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス 授業の進め方と成績評価について理解できる。
2週 事例の紹介 過去の事例を通じて、工学倫理について考える。
3週 事例の紹介 過去の事例を通じて、工学倫理について考える。
4週 講演 外部講師(企業技術者)による講演を聴講する。
5週 なぜなぜ分析
レポート課題の提示と説明
なぜなぜ分析を学ぶ。
6週 レポート回収
ヒヤリハット
レポートを提出する。
ヒヤリハットを学ぶ。
7週 レポート返却
テスト前整理
レポート結果を確認できる。
講義内容を整理し、テストに備える。
8週 中間試験 内容の理解度を測るために、中間試験を実施する。
2ndQ
9週 答案用紙の返却と解説
次週からのディスカッションについて説明
試験結果を確認し、復習できる。
10週 ディスカッション、各チームごとに調査 チームで課題に対し、取り組む。
11週 ディスカッション、各チームごとに調査 チームで課題に対し、取り組む。
12週 ディスカッション、各チームごとに調査 チームで課題に対し、取り組む。
13週 ディスカッション、各チームごとに調査・ポスタ作成 チームで課題に対し、取り組む。
14週 発表後整理、レポート回収 チームとしてレポートを提出する。
15週 期末試験 なし(発表、レポートで評価)
16週 レポート返却
授業を履修してのアンケート
レポート結果を確認できる。

評価割合

定期試験発表相互評価態度レポ-トその他合計
総合評価割合404000200100
基礎的能力404000200100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000