機械設計製図Ⅰ

科目基礎情報

学校 福井工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 機械設計製図Ⅰ
科目番号 0035 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 3
開設学科 機械工学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 3
教科書/教材 「機械製図」林洋次他著(実教出版社)
担当教員 加藤 寛敬,金田 直人

到達目標

(1) 簡単な機械・器具の設計製図手法を理解でき,機械工学の専門基礎知識に基づく製品設計・図面作成を意識できること.
(2) 設計書・図面を概観し,問題点がないかを確認できること.
(3) CADの概念を理解し,情報処理の基礎知識を用いて簡単な3DCAD図面を作成できること.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1機械設計製図Ⅰにおける基礎知識を充分に習得し、様々 な問題を解決するために応用できる。機械設計製図Ⅰにおける基礎知識を充分に習得・理解 し、演習問題を解くことができる。機械設計製図Ⅰにおける基礎知識が習得できていない。
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 RB2 説明 閉じる

教育方法等

概要:
この科目は,全30週のうち、前期15週の授業は、簡単な機械・器具としてボール盤用穴あけ治具の設計・製図を行うことにより、設計手法を学び設計製図の基礎能力を養う。また、後期15週の授業は、企業で繊維機械の設計を担当していた教員が、その経験を活かし、油圧シリンダの設計製図について、各自が異なる仕様値を与え、そこから強度計算を行い、独自の油圧シリンダの設計製図を講義および実習形式で授業を行う。さらに、CAD製図ではCADの基本概念を理解し、CADを用いた設計・製図について学ぶ。
授業の進め方・方法:
ボール盤用穴開け治具の設計・製図を行い,簡単な機械・器具の設計手法を修得する.また,油圧シリンダーおよびCADを用いた設計製図を行う.
注意点:
本科(準学士課程):RB2(◎)
関連科目:機械設計製図II, 機械設計製図III

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 講義(ガイダンス) シラバスを理解できる。JIS機械製図の課題と採点を行う。
2週 JIS機械製図の復習 JIS機械製図の課題と採点を行う。
3週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 穴あけ治具の設計作業を行うことができる。
4週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 組立図の製図を行うことができる。
5週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 組立図の製図を行うことができる。
6週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 組立図の製図を行うことができる。
7週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 組立図の製図を行うことができる。
8週 中間確認(治具の設計・製図) 組立図の製図を行うことができる。
2ndQ
9週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
10週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
11週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
12週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
13週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
14週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図 部品図の製図を行うことができる。
15週 ボール盤用穴あけ治具の設計・製図、まとめ 部品図の製図、まとめを行うことができる。
16週
後期
3rdQ
1週 油圧シリンダーの説明 ガイダンス、課題(油圧シリンダ)の説明、仕様堤示を理解できる。
2週 油圧シリンダの設計 設計仕様書を作成できる。
3週 油圧シリンダ組立図 組立図の製図を行うことができる。
4週 油圧シリンダ組立図 組立図の製図を行うことができる。
5週 油圧シリンダ組立図 組立図の製図を行うことができる。
6週 油圧シリンダ組立図 組立図の製図を行うことができる。
7週 油圧シリンダ組立図 組立図の製図を行うことができる。
8週 中間まとめ(組立図) 組立図の製図を行うことができる。
4thQ
9週 油圧シリンダの部品図 主要部品図(シリンダ・ピストン・ピストンロッド・タイロッド等)の製図を行うことができる。
10週 油圧シリンダの部品図 主要部品図(シリンダ・ピストン・ピストンロッド・タイロッド等)の製図を行うことができる。
11週 油圧シリンダの部品図 主要部品図(シリンダ・ピストン・ピストンロッド・タイロッド等)の製図を行うことができる。
12週 3次元CAD製図1 3次元CADについての講義を理解できる。
13週 3次元CAD製図2 CADによる部品モデリングを行うことができる。
14週 3次元CAD製図3 CADによる部品アセンブリを行うことができる。
15週 3次元CAD製図4、まとめ CADによる図面作成、まとめを行うことができる。
16週

評価割合

図面仕様書CAD課題態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合801010000100
基礎的能力0000000
専門的能力801010000100
分野横断的能力0000000