科目基礎情報

学校 福井工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 化学
科目番号 0055 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 例題で学ぶー基礎化学(森北出版)とフォローアップドリル4冊(数研出版)
担当教員 山本 裕之

到達目標

○化学に興味を持たせ、一見複雑に見える化学の諸現象も簡単な原理、法則からできていることを理解できること
○化学の技術が現代社会のいろいろなところで利用されていることが挙げられること
○実験の結果を評価し、化学の諸法則を理解できること

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1授業内容の基礎を理解し、簡単な応用ができる場合授業内容の基礎を理解できる場合授業内容の基礎を理解できない場合
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
○自然や生活環境における化学の基本的な概念や原理・法則を理解させる。
○物質の状態や変化について化学的に考察する能力を養う。
○化学的な現象を実験を通して観察する能力を養う。
授業の進め方・方法:
基本的には教科書に従い講義する。毎週講義の終わりに簡単な演習を行い、講義内容を理解させる。
注意点:
中間と期末試験の成績を70%、実験、レポートおよび授業姿勢の評価を30%とし、成績評価を行う。

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 シラバスガイダンスと酸化還元の定義
酸化還元の定義が理解できる
2週 酸化数 酸化数が理解できる
3週 酸化剤・還元剤と酸化還元反応 酸化剤・還元剤と酸化還元反応が理解できる
4週 イオン化傾向 イオン化傾向が理解できる
5週 電池 電池が理解できる
6週 電気分解 電気分解が理解できる
7週 実験5・安全教育・金属のイオン化傾向・燃料電池・ダニエル電池 安全教育・金属のイオン化傾向・燃料電池・ダニエル電池が実験を通して理解できる
8週 中間試験
2ndQ
9週 反応熱 反応熱が理解できること
10週 物質のエネルギー 物質のエネルギーが理解できること
11週 熱化学方程式とヘスの法則 熱化学方程式とヘスの法則が理解できること
12週 実験6・ヘスの法則の実験 実験を通してヘスの法則を粒子の運動と状態変化理解できる
13週 粒子の運動と状態変化 粒子の運動と状態変化を理解できること
14週 ボイル・シャルルの法則 ボイル・シャルルの法則が理解できること
15週 期末試験解答とまとめ
16週
後期
3rdQ
1週 気体の状態方程式と分圧の法則 気体の状態方程式と分圧の法則が理解できること
2週 実験6・ボイルの法則、シャルルの法則、気体の分子量 ボイルの法則、シャルルの法則、気体状態方程式を実験を通して理解できる
3週 元素の分類と周期表、水素と希ガス 元素の分類と周期表、水素と希ガスの性質が理解できること
4週 ハロゲン、酸素と硫黄 ハロゲン、酸素と硫黄の性質が理解できること
5週 炭素とケイ素、窒素とリン 炭素とケイ素、窒素とリンの性質が理解できること
6週 アルカリ金属と2族元素 アルカリ金属と2族元素の性質が理解できること
7週 実験7、アルカリ金属と2族元素 ナトリウムとカルシウムの性質を理解する
8週 中間試験
4thQ
9週 有機化合物の分類 有機化合物の分類が理解できること
10週 炭化水素-アルカン 炭化水素-アルカンの性質が理解できること
11週 炭化水素―アルケン、アルキン 炭化水素―アルケン、アルキンの性質が理解できること
12週 アルコール アルコールの性質が理解できること
13週 アルデヒド、ケトン アルデヒド、ケトン の性質が理解できること
14週 カルボン酸とエステル カルボン酸とエステルの性質が理解できること
15週 1年間のまとめ
16週

評価割合

試験課題提出と態度合計
総合評価割合7030000100
基礎的能力7030000100
000000
000000