機械工学実験Ⅰ

科目基礎情報

学校 福井工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 機械工学実験Ⅰ
科目番号 0058 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 4
教科書/教材 機械工学実験テキスト
担当教員 加藤 寛敬,藤田 克志,芳賀 正和,金田 直人,伊勢 大成

到達目標

(1) 実験テーマを理解し、実験装置を安全に操作して実験データを収集・解析でき、実験に関する課題(問題点等)を発見し解決法を提案できること。
(2) 実験課題の工学的背景および周辺情報を網羅し、機械工学分野での一般的な作成方法に従った報告書を提出期限までに作成できること。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
実験テーマの理解と実施各実験テーマに関する基礎知識および目的を充分に理解し、実験を主体的に実施することができる。各実験テーマに関する基礎知識および目的を理解し、実験を実施することができる。各実験テーマに関する基礎知識および目的を理解しておらず、実験を実施することができない。
実験レポートの提出実験レポートの作成法を充分に習得し、発展的なデータの収集解析および考察検討ができる。実験レポートの作成法を習得し、データの収集解析および考察検討ができる。実験レポートの作成法を習得しておらず、データの収集解析および考察検討ができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 RE1 説明 閉じる
JABEE JB3 説明 閉じる
JABEE JE1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
 この科目は、機械工学分野の流体力学、熱力学、加工学、制御工学、材料学の基礎に関する諸テーマについて実験形式で授業を行うものである。安全に実験を実施して考察を行い、実験の計画および方法、現象の的確な把握、実験データの処理、現象の解析方法、実験報告書の書き方を修得する。
 全5テーマのうち、「材料試験(炭素鋼・衝撃)」は、企業で材料開発を担当していた教員が、その経験を活かし、材料試験等についての実験を担当し、「カム・リンク」は、企業で繊維機械の設計を担当していた教員が、その経験を活かし、加工法に利用されるカム・リンク機構についての実験を担当する。
授業の進め方・方法:
 7~9人程度の5班に分かれ、各テーマ3週毎のローテーションにより5テーマの実験を行い、報告書を提出する。1週目の実験開始前までに概要書を提出するものとする。1〜2週目は実験を実施し、2〜3週目は実験レポートの添削指導、実験内容に関する討議ならびに課題に取組むものとする。実験レポートの提出締切日は、原則として第2週実験日の前日とする。なお、ガイダンスにおいて実験全体の安全教育を行うが、各テーマの実験の最初にも必要に応じて実験上の安全に関する基礎的な知識や技術を解説する。
注意点:
学習・教育目標:本科(準学士課程):RE1(◎) 環境生産システム工学プログラム:JB3(◎)、JE1(◎)
関連科目:機械工学実験Ⅱ(本科5年)

学習・教育目標(RE1)の達成および科目取得の評価方法:
実験テーマごとに、実験態度、概要書、および報告書で評価し、実験態度を 30 点、概要書の評価を 10 点、報告書の評価を 60 点とする。
報告書の評価の内訳は、報告書の基本的書き方を 20 点、実験データの収集解析を 20 点、考察検討・口頭説明を 20 点とする。報告書の提出が締切を過ぎた場合、報告書の評価に以下の数値を掛けて減点する。締切後 1 週間以内の提出には 0.7、締切後 2 週間以内の提出は 0.5、締切後 4 週間以内の提出は 0.3、締切後 4 週間を越えた提出は 0 とする。
正当な理由なく遅刻した場合は、その実験テーマの評価に対して 10 点の減点を行う。

報告書の提出には、その実験テーマの実験を実施していることが必要である。
病欠等の正当な理由により実験ができなかった場合は、実験担当者の指示を仰ぐこと。
報告書の提出がない実験テーマの評価は 0 点とする。
実施済み実験テーマの報告書未提出が2つ以上ある場合は、以後の実験は受けられない。
総合評価は各実験テーマの評価の平均とする。

学習・教育目標(E1)の達成および科目取得の評価基準:全テーマの平均点数が60点以上

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ガイダンス、概要書作成、
管摩擦1
シラバスを理解できる。実験概要書を作成できる。
管路の摩擦水頭損失の測定1を説明できる。
2週 管摩擦2 管路の摩擦水頭損失の測定2を説明できる。
3週 管摩擦3 管路の摩擦水頭損失の測定3を説明できる。
4週 液滴1 分子動力学法による液滴の生成1を説明できる。
5週 液滴2 分子動力学法による液滴の生成2を説明できる。
6週 液滴3 分子動力学法による液滴の生成3を説明できる。
7週 カム・リンク1 カムおよびリンク機構1を説明できる。
8週 カム・リンク2 カムおよびリンク機構2を説明できる。
4thQ
9週 カム・リンク3 カムおよびリンク機構3を説明できる。
10週 シーケンス制御1 シーケンス制御1を説明できる。
11週 シーケンス制御2 シーケンス制御2を説明できる。
12週 シーケンス制御3 シーケンス制御3を説明できる。
13週 材料試験(炭素鋼・衝撃)1 材料試験(炭素鋼・衝撃)1を説明できる。
14週 材料試験(炭素鋼・衝撃)2 材料試験(炭素鋼・衝撃)2を説明できる。
15週 材料試験(炭素鋼・衝撃)3 材料試験(炭素鋼・衝撃)3を説明できる。
16週

評価割合

レポート実験実施合計
総合評価割合7030100
基礎的能力000
専門的能力7030100
分野横断的能力000