歴史学特講

科目基礎情報

学校 福井工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 歴史学特講
科目番号 0129 科目区分 一般 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 適宜プリントを配布する
担当教員 木村 美幸

到達目標

福井県の歴史を通じて近現代史を理解し、福井県の今後について考えることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1福井の歴史から近現代史の動きを理解し、適切かつ端的に説明することができる。福井の歴史から近現代史の動きを理解し、ある程度説明することができる。福井の歴史から近現代史の動きを理解し、説明することができない。
評価項目2歴史的な事象について、合理的かつ適切に説明することができる。歴史的な事象について、適切に説明することができる。歴史的な事象について、説明することができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 RA1 説明 閉じる
JABEE JA1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
歴史は中央で起こっていることのみではなく、地方で起こっていることも含めて考えていくことが重要である。このため、本校の立地する福井県の近現代史を事例に、身近な地域の歴史から近現代史について考えたい。
授業の進め方・方法:
福井の近現代史について、レジュメを主として授業を展開する。授業はまずはじめに福井市域周辺について説明した上で、個別の地域の歴史に焦点を当てて授業を進める。
注意点:
中間・期末レポートと授業ごとに提出の課題の内容から総合的に判断する

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 福井県域の前近代 福井県域の古代~近世までの概要について理解し、説明することができる。
2週 越前松平家の幕末維新 ①越前松平家と幕府 越前松平家が幕末においてどのように活動したのか理解し、説明することができる。
3週 越前松平家の幕末維新 ②越前松平家の明治時代 福井藩の明治維新について理解し、説明することができる。
4週 観光と福井 福井の交通網の発達と観光について理解し、説明することができる。
5週 戦災・震災と福井県 ①福井空襲 福井県域(特に福井市域)の戦災被害と、ついて理解し、説明することが出来る。
6週 戦災・震災と福井県 ②福井地震 福井地震における被害と戦後復興について理解し、説明することができる。
7週 金石文・デジタルアーカイブと地域の歴史 身近な地域の金石文や資料に目を配り、その歴史的意義を説明することができる
8週 鯖江の軍隊と戦争 ①鯖江36連隊の戦争 鯖江におかれた36聯隊について理解し、説明することができる。
2ndQ
9週 鯖江の軍隊と戦争 ②鯖江の連隊と慰霊 鯖江における慰霊と顕彰について理解し、説明することができる。
10週 敦賀港の近代 ①敦賀港と貿易 敦賀港に関する基本的な事項を理解し、説明することができる。
11週 敦賀港の近代 ②杉原千畝と敦賀1 杉原千畝がどのような世界情勢の中で外交官として活動していたかを理解し、説明することができる。
12週 敦賀港の近代 ③杉原千畝と敦賀2 杉原千畝が発給したビザを受けたユダヤ人がどのような道筋で敦賀に来て、日本を去ったのかを理解し、説明することができる。
13週 平泉寺村と戦争 ①平泉寺村の徴兵・赤紙 どのように出征が行われていったのかについて理解し、説明することができる。
14週 平泉寺村と戦争 ②平泉寺村と海軍志願兵 海軍志願兵について理解し、説明することができる。
15週 自治体史から見える地域の歴史 自治体史の成果にもとづき、地域の歴史について理解し説明することができる。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオ課題・レポート合計
総合評価割合00000100100
基礎的能力00000100100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000