国語Ⅳ(制御)

科目基礎情報

学校 長野工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 国語Ⅳ(制御)
科目番号 0045 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 一般科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 教科書: 『書き込み式 日本語表現ノート』名古屋大学日本語表現研究会 三弥井書店
担当教員 牧 千夏

目的・到達目標

・論理的で実用的な文章を書くことができ,発表資料を用いて口頭発表することができることによって,(A-1)の達成とする.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1論理的で実用的な文章を書くことができる.おおむね論理的で実用的な文章をかくことができる.論理的で実用的な文章を書くことができない.
評価項目2効果的な発表資料を作成できる。おおむね効果的な発表資料を作成できる.効果的な発表資料を作成できない.
評価項目3的確な口頭発表をすることができる.おおむね的確な口頭発表をすることができる.的確な口頭発表をすることができない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
論理的で実用的な文章を書く講義および実習を行い,発表資料を用いて口頭発表する実習を行う.
授業の進め方と授業内容・方法:
・授業は講義と実習を中心とし,課題は小論文や発表資料作成等を課す.
・課題は,期限に遅れず提出すること.

なお,この科目は学修単位科目であり,授業時間30時間に加えて,自学自習時間60時間が必要である.事前・事後学習として課題等を与える.
注意点:
<成績評価>・小論文(45%)・発表資料(30%)・口頭発表(20%)・メール(5%)の合計100点満点で(A-1)を評価し,合計の6割以上を獲得した者を合格とする.
<オフィスアワー>放課後 16:00 ~ 17:00,一般科棟3階.
<先修科目・後修科目>先修科目は国語Ⅲ


授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ガイダンス
本科目の目的や概要などについて理解できる.
2週 文の書き方 主語述語を対応させた文章を書くことができる.
3週 文の接続の仕方・表記 接続詞の働きを知り,使うことができる.表記を統一させることができる.
4週 パラグラフライティング①解説 パラグラフライティングの概要を理解できる.
5週 パラグラフライティング②実習 パラグラフライティングによって,短い文章を書くことができる.
6週 パラグラフライティング③実習 前週に書いた文章をよりよく書き直すことができる.
7週 小論文①解説 小論文の概要を理解することができる.
8週 小論文②実習 論理的な小論文を書くことができる.
4thQ
9週 小論文③実習 前週に書いた小論文ををよりよく書き直すことができる.
10週 発表資料①解説 発表資料作成の手順を理解することができる.
11週 発表資料②作成 効果的な発表資料を作成することができる.
12週 発表資料③作成 優れた資料を参考にし,より効果的な発表資料を作成することができる.
13週 口頭発表①実習 ・分かりやすく,的確な口頭発表をすることができる.
・発表を聞き,意見や質問をできる.
14週 口頭発表②実習 ・分かりやすく,的確な口頭発表をすることができる.
・発表を聞き,意見や質問をできる.
15週 メールの書き方 ・体裁の整ったメールを書くことができる
16週

評価割合

試験小論文発表資料口頭発表メール合計
総合評価割合04530205100
配点04530205100