中国語Ⅱ

科目基礎情報

学校 長野工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 中国語Ⅱ
科目番号 0058 科目区分 一般 / 必修選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 一般科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 教科書 張淑華 『日常会話で学ぶ初級中国語』 ほおずき書籍 2016年発行
担当教員 張 淑華

目的・到達目標

前期を踏まえ,語彙の量を増やしながら,複雑な文法,文型や長文を習得し,より複雑な表現ができるようになる.受講生が意欲的に取り組み,複雑な短文作りやヒヤリングや会話ができるようになることを到達目標とする.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1発音が正確であり,文法をよく理解できる.語彙の量が多く,正確に使い分けられる.発音が殆ど正確であり,文法を理解できる.語彙の量が多く,殆ど正確に使い分けられる.発音が不正確であり,文法をあまり理解できない.語彙の量が少なく,正確に使い分けられない.
評価項目2とても積極的に練習や会話に参加でき,辞書の引き方も良く分かる.積極的に練習や会話に参加でき,態度が良い,辞書の引き方が大体分かる.積極的に練習や会話に参加できないし,態度も良くない.辞書の引き方が殆ど分からない.
評価項目3聞きとりと会話が上手であり,主動的な会話もできる.短文づくりが正確である.質問もできる.聞きとりと会話ができる.短文づくりが殆ど正確であり,質問も少しできる.聞きとりと会話が下手であり,主動的な会話もできない.短文づくりが殆どできないし,質問もできない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
中国語Ⅰを履修した学生を対象とする.前期の基礎を踏まえ,語彙の量を増やしながら,少しずつ複雑な会話や文法等を学習し,理解する.説明や比較によって,両国の漢字のずれや違い等を区別でき,受講生の学習意欲を引き出し,レベルアップを求める.中国の伝統文化等についても紹介,講義し,さらに実践を加えることにより,受講生の異文化に対する理解を深めていく.
授業の進め方と授業内容・方法:
前期のピンイン(発音)ばかりでなく,内容についても身につけさせるために,復習,朗読,暗誦等いろいろな方法で身につけさせる.その他の講義では前半は新しい内容,読み方や意味などを説明し,後半は復習,発音と会話の練習を行い,最後に習得状況を確認する.授業内容の中で,漢字のずれと比較,文法,表現や意味の違い等を説明したり,発見してもらったりすることにより,記憶を強めることができるようにする.宿題をチェックし,ミス等について説明する.

なお,この科目は学修単位科目であり,授業時間30時間に加えて,自学自習時間60時間が必要である.事前・事後学習として課題等を与える.
注意点:
成績はトータルで評価する為,1,宿題と授業中の確認テスト(10点) 2,出席状況と態度(10点) 3,口頭試験(20点) 4,筆頭試験(60点) 合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 前期の復習,暗誦等 忘れた内容を復習することにより,身につけることができる.
2週 前期の復習,暗誦,語彙等 忘れた内容を復習することにより,習得でき,使えるようなる.
3週 中国伝統文化の紹介
(広い教室が必要)
目のマッサージや羽根蹴り等,体を動かしながら,中国文化に触れることができ,学習意欲が湧いてくるようになる.
4週 第八課 昼食 単語,本文,文法等
飲食物の語彙等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
文法や文型等を理解し,少し長い文を自分で作成できるようになる.
5週 第八課 昼食 曜日の言い方等
第九課 ブティックにて 単語,本文等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
注文時の言い方を覚え,使い分けられ,正確に注文できるようになる。曜日の言い方を習得する.
6週 第九課 ブティックにて 文法や漢詩の朗読等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
店員との会話を習得し,買い物ができるようになる.文法を理解し,漢詩も朗読できるようになる.
7週 第十課 試着 単語,本文,文法等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
文法を理解し,少し複雑な文型で短文づくりができるようになる.
8週 第十課 試着 色の言い方等
第十一課 値段交渉 単語,本文等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
服装店にて自分の好みなど表現でき,買いものを楽しむことができる.語彙の量を増やし,少し複雑な会話ができるようになる.
4thQ
9週 第十一課 値段交渉 文法等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
値段交渉できるようになり,会話を楽しむことができるようになる.
10週 第十二課 お支払い 単語,本文,文法等
(復習,読み,説明,練習,発表等)
お支払いについての会話表現を習得できるようになり,さらに会話を楽しめる.
11週 第十二課 お支払い 趣味の語彙や中国貨幣の言い方等
第十三課 本屋にて 単語,本文等
(復習,読み,説明,会話練習,発表等)
金額の言い方やお支払いのやり取りばかりでなく,さらに趣味の言い方を覚え,会話表現がより多彩,豊かになる.
12週 第十三課 本屋にて 旅行についての会話等
(復習,読み,説明,会話練習,発表等)                   
本屋での買い物ばかりでなく,旅行についても話せるようになる.
13週 第十四課 兆麟公園の氷祭り 単語,本文,文法等
(復習,読み,説明,会話練習,発表等)
長文に慣れ,複雑な長い短文作りもできるようになる.
14週 第十四課 兆麟公園の氷祭り 文法や歌等
(復習,読み,説明,会話練習,発表等)
長文に慣れ,複雑な長い短文作りもできるようになる.中国の歌やゲーム等を覚える.
15週 復習,暗誦,質疑回答 前期で習った内容について,全体を把握できる.質問することにより,さらにレベルアップできるようになる.
16週 復習,まとめ,質疑回答,会話のレベルチェック 通年で習った内容について,全体を把握でき,質問することにより,さらにレベルアップできる.会話やヒヤリングもできるようになる.

評価割合

口頭試験筆頭試験出席状況(平常点)レポートその他(宿題)合計
総合評価割合20000020
配点2060101020