総合国語(後期)

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 平成28年度 (2016年度)
授業科目 総合国語(後期)
科目番号 0002 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 人文教育 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』(岩波文庫)
担当教員 宮口 典之

目的・到達目標

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1 ① 読解力・聴き取り理解する力が向上したか。読解及び聴き取り理解することに関する問題をほぼ正確(8割以上)に解くことができる。読解及び聴き取り理解することに関する問題をほぼ正確(6割以上)に解くことができる。読解及び聴き取り理解することに関する問題を解くことができない。
評価項目2 ② 論理的な表現ができたか。論理的な表現に関してほぼ正確(8割以上)に行うことができる。論理的な表現に関してほぼ正確(6割以上)に行うことができる。論理的な表現に関してほぼ正確に行うことができない。
評価項目3 ③ きちんとした議論ができるか。議論に関してほぼ正確(8割以上)に行うことができる。議論に関してほぼ正確(6割以上)に行うことができる。議論に関してほぼ正確に行なうことができない。
評価項目4 ④ 歴史・文化への関心は深まったか。歴史・文化に関する問題をほぼ正確(8割以上)に解くことができる。歴史・文化に関する問題をほぼ正確(6割以上)に解くことができる。歴史・文化に関する問題を解くことができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は、教科書と板書を中心とし、それに作文・発表を行う時間を織り込んで行う。
  各自で資料に当たる等、積極的な姿勢が求められる。
  課題は必ず提出すること。
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 発表の日程調整、作文課題の指示
2週 作文(1)
3週 発表(1) 読解・「お伽草紙」を読む(1)
4週 発表(2) 読解・「お伽草紙」を読む(2)
5週 発表(3) 読解・「お伽草紙」を読む(3)
6週 発表(4) 読解・「お伽草紙」を読む(4)
7週 発表(5) 読解・「お伽草紙」を読む(5)
8週 中間試験
4thQ
9週 発表の日程調整、作文課題の指示
10週 作文(2)
11週 発表(6) 読解・「新釈諸国噺」を読む(1)
12週 発表(7) 読解・「新釈諸国噺」を読む(2)
13週 発表(8) 読解・「新釈諸国噺」を読む(3)
14週 発表(9) 読解・「新釈諸国噺」を読む(4)
15週 期末試験
16週 まとめ

評価割合

試験作文発表課題合計
総合評価割合100202010150
得点100202010150