科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 倫理
科目番号 0021 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 教科書として『倫理』(東京書籍),資料集として『最新図説 倫理』(浜島書店)を使用する.
担当教員 久保田 圭司

到達目標

1. 歴史的思想の基礎に関する理解を目的とする
2. 近代的価値観の形成に関する理解を目的とする
3. 思想や価値観の多様性、他者尊重の精神、社会集団の規範の意味の理解を目的とする
岐阜高専ディプロマポリシー:(A)及び(C)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
到達目標1歴史的思想の基礎を理解し、応用的に考えられる歴史的思想の基礎を理解できる歴史的思想の基礎を理解できない
到達目標2近代的価値観の形成を理解し、応用的に考えられる近代的価値観の形成を理解できる近代的価値観の形成を理解できない
到達目標3思想や価値観の多様性、他者尊重の精神、社会集団の規範の意味を理解し、応用的に考えられる思想や価値観の多様性、他者尊重の精神、社会集団の規範の意味を理解できる思想や価値観の多様性、他者尊重の精神、社会集団の規範の意味を理解できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
世界史的観点から代表的な思想の基礎を学ぶとともに、近代的価値観を整理する。
多様な価値観を尊重する姿勢や社会がもつ規範の意味を理解する。
授業の進め方・方法:
授業は講義形式とそれに続く小課題演習を中心とする。
(事前準備の学習)シラバスに沿い教科書の該当範囲を一読しておくことが望ましい。
(英語導入計画)なし
注意点:
テキストは必要に応じて参照するが、テキストに沿って授業を進めるわけではないので注意が必要である。論述課題は年2回期限を設ける形式で課し、提出は任意である。
授業内容を確実に身につけるため、予習復習が必須である。
学習・教育目標(A-1)100%

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
倫理とは何か(ALのレベルB)
シラバスに基づいて,授業の目標などを理解する
2週 古代ギリシア思想1 ギリシャ思想の基礎を理解する
3週 古代ギリシア思想2 ギリシャ思想の基礎を理解する
4週 古代ギリシア思想3 ギリシャ思想の基礎を理解する
5週 ユダヤ教 ユダヤ教思想の基礎を理解する
6週 キリスト教 キリスト教思想の基礎を理解する
7週 イスラム教 イスラム教思想の基礎を理解する
8週 中間試験
2ndQ
9週 仏教1 仏教思想の基礎を理解する
10週 仏教2 仏教思想の基礎を理解する
11週 仏教3 仏教思想の基礎を理解する
12週 古代中国思想1 古代中国思想の基礎を理解する
13週 古代中国思想2
古代中国思想の基礎を理解する
14週 古代中国思想3
古代中国思想の基礎を理解する
15週 期末試験
16週 前期の振り返り
試験返却の時間に総まとめを実施する
後期
3rdQ
1週 ルネサンス ルネサンス思想の基礎を理解する
2週 宗教改革 プロテスタンティズムの基礎を理解する
3週 近代合理主義1 地動説の展開を理解する
4週 近代合理主義2 経験論の基礎を理解する
5週 近代合理主義3 大陸合理論の基礎を理解する
6週 社会契約論1 社会契約論の基礎を理解する
7週 社会契約論2 社会契約論の基礎を理解する
8週 中間試験
4thQ
9週 功利主義
功利主義思想の基礎を理解する
10週 社会主義 社会主義思想の基礎を理解する
11週 実存主義1 社会主義思想の基礎を理解する
12週 実存主義2 実存主義思想の基礎を理解する
13週 深層心理学 深層心理学の基礎を理解する
14週 大衆社会論 大衆社会論の基礎を理解する
15週 期末試験
16週 後期の振り返り 試験返却の時間に総まとめを実施する

評価割合

試験及び演習課題論述課題平常点合計
総合評価割合40010040540
前期2005020270
後期2005020270