総合国語

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 総合国語
科目番号 0063 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 太宰治『お伽草紙・新釈諸国噺』(岩波文庫)
担当教員 宮口 典之

目的・到達目標

①論理の展開を捉えることができる。
②自分の考えを論理的に表現できる。
③議論ができる。
④歴史・文化への関心を深める。
岐阜高専ディプロマポリシー:(C)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1読解及び聴き取り理解することが8割以上できる。読解及び聴き取り理解することが6割以上できる。読解及び聴き取り理解することができない。
評価項目28割以上論理的な表現ができる。6割以上論理的な表現ができる。論理的な表現ができない。
評価項目38割以上筋だった議論ができる。6割以上筋だった議論ができる。筋だった議論ができない。
評価項目4歴史・文化に深い関心を持つ。歴史・文化に関心を持つ。歴史・文化に関心を持たない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
第3年次までの学習をふまえ、日本語における読解・表現・議論の能力のさらなる育成を図ると共に、古典を素材とした作品を扱うことを通して歴史や文化について考えることを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は、教科書と板書を中心とし、それに作文・発表を行う時間を織り込んで行う。各自で資料に当たる等、積極的な姿勢が求められる。課題は必ず提出すること。
(事前準備の学習)日常的に言語の運用に注意を払う。
英語導入計画:なし
注意点:
授業の内容を確実に身につけるために、予習・復習が必須である
なお、成績評価には授業外学習の内容は含まれる
学習・教育目標(A-2)20%(C-1)80%

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 発表の日程調整、作文課題の指示
(ALのレベルC)
作文の構想を練る。
(授業外学習・事後)発表・作文に関する資料を調べる(約4時間)
2週 作文(1)
(ALのレベルC)
作文を書く。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「お伽草子」を各自で読む。(約1時間)
3週 発表(1) 読解・「お伽草紙」を読む(1)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「お伽草子」を各自で読む。(約1時間)
4週 発表(2) 読解・「お伽草紙」を読む(2)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「お伽草子」を各自で読む。(約1時間)
5週 発表(3) 読解・「お伽草紙」を読む(3)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「お伽草子」を各自で読む。(約1時間)
6週 発表(4) 読解・「お伽草紙」を読む(4)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「お伽草子」を各自で読む。(約1時間)
7週 発表(5) 読解・「お伽草紙」を読む(5)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)太宰治について調べる。(約4時間)
8週 中間試験
2ndQ
9週 発表の日程調整、作文課題の指示
(ALのレベルC)
作文の構想を練る。
(授業外学習・事後)発表・作文に関する資料を調べる(約4時間)
10週 作文(2)
(ALのレベルC)
作文を書く。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「新釈諸国噺」を各自で読む。(約1時間)
11週 発表(6) 読解・「新釈諸国噺」を読む(1)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「新釈諸国噺」を各自で読む。(約1時間)
12週 発表(7) 読解・「新釈諸国噺」を読む(2)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「新釈諸国噺」を各自で読む。(約1時間)
13週 発表(8) 読解・「新釈諸国噺」を読む(3)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)発表に関する資料を調べる(約3時間)
(授業外学習・事後)「新釈諸国噺」を各自で読む。(約1時間)
14週 発表(9) 読解・「新釈諸国噺」を読む(4)
(ALのレベルC)
発表を行い、聞いている者は印象をまとめる。
読解は、情景・心情を理解する。
(授業外学習・事後)井原西鶴について調べる。(約4時間)
15週 期末試験 
16週 まとめ(期末試験の解答の解説など) 学習内容を振り返り、内容を再確認する。

評価割合

中間試験期末試験作文発表課題合計
総合評価割合100100404020300
得点100100404020300