科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 地理
科目番号 0005 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電気情報工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 教科書および資料集として,『新詳地理B』(帝国書院)、『新詳地理資料COMPLETE2021』(帝国書院)を指定する。その他、必要に応じて学習材(プリント等)を配布する。
担当教員 児玉 恵理,菅原 崇

目的・到達目標

1.地理的用語を理解できる。
2.地理的環境と人間活動の結びつきを理解できる。
3.聞き手を考えたプレゼンテーションを行い、地域的・地球的諸問題について分析し、自らの考えを論理的に述べることができる。

岐阜高専ディプロマポリシー:(A)および(C)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
到達目標1本授業で扱った地理的用語に関する問題を正しく答えることができる。本授業で扱った地理的用語に関する問題をおおむね正確に答えることができる。本授業で扱った地理的用語に関する問題を答えることができない。
到達目標2地理的環境と人間活動の結びつきに関する問題を正しく答えることができる。地理的環境と人間活動の結びつきに関する問題をおおむね正確に答えることができる。地理的環境と人間活動の結びつきに関する問題を答えることができない。
到達目標3プレゼンテーションを通して、地理的諸問題に対する自らの考えを論理的に説明することができる。プレゼンテーションを通して、地理的諸問題に対する自らの考えを説明することができる。プレゼンテーションを通して、地理的諸問題に対する自らの考えを説明することができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
地理とは、環境と人間活動を結びつけ、地域的及び地球的諸問題の分析を行う学問である。前期授業では、主に世界や日本の地形や気候、地理的人間活動を理解する。後期授業では、主に地域的・地球的諸問題を具体的に取り上げ、グループワークによる発表・質疑応答などに取り組むことにより、学生の地理的思考力の定着を図る。そのため、発表内容はもちろんのこと、聞き手を意識した取り組みや意識が求められる。
これにより、地理的問題に対して、学生各自の視点から問題解決方法へ導くことを本授業の目標とする。さらに、プレゼンテーションを通して、自らの考えを的確に他人に伝える能力の養成にも取り組むこととする。
授業の進め方と授業内容・方法:
本授業は、教員による講義やグループワーク・プレゼンテーションなどのアクティブ・ラーニングを組み合わせ、地理の基本的知識・考えを習得する。

英語導入計画:なし

注意点:
前期の授業内容を後期で使用することや発表内容を定期試験で出題することもある。グループワークなどにおいては教員の指示をしっかりと聞き、教員の要求に対応していくことが必要となる。
授業の内容を確実に身につけるためには、予習・復習が必須である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 前期授業ガイダンス
(ALのレベルB)
この授業の目標・進め方・評価方法を理解する。
2週 自然環境1
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
3週 自然環境2
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
4週 自然環境3
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
5週 自然環境4
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
6週 資源と産業1(農業)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
7週 資源と産業2(工業)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
8週 中間試験
2ndQ
9週 資源と産業3(エネルギー)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
10週 資源と産業4(観光)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
11週 資源と産業5(交通・通信)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
12週 日本の地理的特徴と諸問題1(グループワーク)
(ALのレベルB)
各グループ毎に課題を設定し、解決策や対策などの個々の意見を形成する。
13週 日本の地理的特徴と諸問題2(プレゼンテーション)
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、地理的知識に対する見解を深める。
14週 日本の地理的特徴と諸問題3(プレゼンテーション及び総括)
(ALのレベルA)
プレゼンテーションの報告内容を総括し、地理的知識の整理を行う。
15週 期末試験
16週 前期まとめ
後期
3rdQ
1週 後期授業ガイダンス及び前期授業の復習
(ALのレベルC)
前期授業の内容や発表内容を確認し、後期授業の内容と結びつける。
2週 現代世界の諸地域1(東アジア)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
3週 現代世界の諸地域2(東南アジア)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
4週 現代世界の諸地域3(南アジア)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
5週 現代世界の諸地域4(ヨーロッパ)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
6週 現代世界の諸地域5(アメリカ)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
7週 現代世界の諸地域6(オセアニア)
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
8週 中間試験
4thQ
9週 生活文化、民族・宗教1
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
10週 生活文化、民族・宗教2
(ALのレベルC)
授業内容を理解できる。
11週 現代世界の諸地域7(地球的諸問題)
(ALのレベルC)
地球全体を対象とした地理的諸問題を理解できる。
12週 世界の地理的特徴と諸問題1(グループワーク)
(ALのレベルB)
各グループ毎に課題を設定し、解決策や対策などの個々の意見を形成する。
13週 世界の地理的特徴と諸問題2(プレゼンテーション)
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、地理的知識に対する見解を深める。
14週 世界の地理的特徴と諸問題3(プレゼンテーション及び総括)
(ALのレベルA)
プレゼンテーションの報告内容を総括し、地理的知識の整理を行う。
15週 期末試験
16週 後期まとめ

評価割合

試験課題合計
総合評価割合5050100
前期252550
後期252550