電子制御工学実習Ⅰ

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 電子制御工学実習Ⅰ
科目番号 0014 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実習 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 1
開設期 後期 週時間数 4
教科書/教材 塩田泰仁著 「はじめてのメカトロニクス」 森北出版株式会社
担当教員 栗山 嘉文

目的・到達目標

以下の項目を目標とする。
① 機械製作に必要な構築能力,考察能力を身につけることができる.
② 実験を進めていく上で必要とされるコミュニケーション能力を身につける
③ 課題達成のための設計・製図能力を身につける
④ ものづくりに関わる安全知識の習得なら
びに安全意識とモラルの理解

岐阜高専ディプロマポリシー:(A),(B)および(D)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1機械製作において指導教員からの指示を良く聞いた上で,自ら構築,考察をすることができる機械製作において指導教員からの指示を仰ぎながら構築,考察をすることができる指導教員からの指示を理解できず,機械製作をすることができない
評価項目2指導教員からの指示や指導に対して丁寧かつ的確な質疑応答をすることができる指導教員からの指示通りに作業をすることができる指導教員からの指導を無視する.
評価項目3自ら課題達成のための設計・製図を行うことができる指導教員の指示をへて,設計・製図を行うことができる指導教員からの指示を理解できず設計・製図ができない
評価項目4ものづくりに関わる安全知識の習得ならびに安全意識とモラルを遵守できるものづくりに関わる安全知識を理解し,指導教員からの安全意識とモラルに関する指導をされた場合には反省することができるものづくりに関わる安全知識がなく,安全意識とモラルに関する指導をされた場合でも反省することができない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
種々の基本作業、ならびに簡単な機械要素の加工を通じて、機械や測定器の取扱い方を
学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習する。
また、ものづくりに関わる安全の知識を身につける。
授業の進め方と授業内容・方法:
1.授業はクラスを6班に分け、下記表の6テーマの実習の内3テーマを割り当て,各5 週ずつ(合計15 週)行なう。
2.実習作業中の問題行動については、随時、指導を行なう
3.実習開始前の準備として,簡単な指導を行うが,これも成績対象とする。(メールの仕方や靴のサイズの連絡など)
(事前準備の学習)実習担当教員の指示に従って予習をすること
英語導入計画:Technical terms
注意点:
授業の内容を確実に身につけるために、予習・復習が必須である

成績評価,進級及び卒業に関する内規 第19 条4 項(別表1)に該当する科目

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 6テーマの内の1テーマを実施(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
2週 6テーマの内の1テーマを実施(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
3週 6テーマの内の1テーマを実施(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
4週 6テーマの内の1テーマを実施(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
5週 6テーマの内の1テーマを実施(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
1~5回までの内容をレポートにまとめ,次週までに提出(但し,提出日は都合により変更がある)
6週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
7週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
8週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
4thQ
9週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
10週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
6~10回までの内容をレポートにまとめ,次週までに提出(但し,提出日は都合により変更がある)
11週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
12週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
13週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
14週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
15週 6テーマの内の1テーマを実施,ただし実施済のテーマは行わない(ALのレベルC) 機械や測定器の取扱い方を学ぶとともに、電子部品の組立および機器制御の基礎を実習
11~15回までの内容をレポートにまとめ,次週までに提出(但し,提出日は都合により変更がある)
16週

評価割合

技能評価レポート評価安全意識とモラル合計
総合評価割合404020100
基礎的能力404020100