電気回路Ⅱ

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 電気回路Ⅱ
科目番号 0060 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 基礎からの交流理論(小亀英己・電気学会・オーム社)電気回路(Edminister,村崎憲雄訳・オーム社)
担当教員 枝本 雅史

目的・到達目標

以下の項目を目標とする。
①線形微分方程式の一般解を理解する
②RLC直列回路の過渡現象を理解する
③電気エネルギーの概念を理解する
④有効電力、無効電力、皮相電力を理解する
⑤電力のフェーザ表示を理解する
岐阜高専ディプロマポリシー:(D)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目11階/2階線形微分方程式の問題を解くことができる(8割以上)1階/2階線形微分方程式の問題を解くことができる(6割以上)1階/2階線形微分方程式の問題を解くことができない
評価項目2過渡現象について方程式をたて結論まで説明できるRLC直列回路の過渡現象の計算ができるRLC直列回路の過渡現象の計算ができない
評価項目3電気エネルギーの概念を理解し自分の言葉で説明できること電気エネルギーの概念を理解し説明できること電気エネルギーの概念を理解し説明できない
評価項目4有効電力、無効電力、皮相電力の意味を理解し、応用できること有効電力、無効電力、皮相電力の意味を理解し、設問を解くことができる(6割以上)有効電力、無効電力、皮相電力の意味を理解し、設問を解くことができない
評価項目5電力のフェーザ表示と有効電力、無効電力、皮相電力の関係を自分の言葉で説明できる電力のフェーザ表示と有効電力、無効電力、皮相電力の関係を理解し、計算できる電力のフェーザ表示と有効電力、無効電力、皮相電力の関係を理解し、計算できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
過渡現象を理解する。電力と電気エネルギーを理解する。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業はLMS上の動画配信を主とし,Teams・ミニットペーパーでの疑問点に答える.各自学習ノートを充実させること。
英語導入計画:Technical terms
(事前準備の学習)機械運動学Ⅰの復習をしておくこと
注意点:
授業の内容を確実に身につけるために、予習・復習が必須である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 過渡現象の基礎 過渡現象の概要を理解する。
2週 線形微分方程式 過渡解と定常解について理解する。
3週 線形微分方程式 線形微分方程式の解法を理解する。
4週 回路の初期条件(ALのレベルC) 初期条件について理解する。
5週 RL回路の過渡現象 RL回路の過渡現象を理解する。
6週 RC回路の過渡現象 RC回路の過渡現象を理解する。
7週 RLC回路の過渡現象 RLC回路の過渡現象を理解する。
8週 中間試験
2ndQ
9週 さまざまな過渡現象 直流電源以外についても過渡現象の解を求めることができる。
10週 交流電力,瞬時電力と平均電力 瞬時電力と平均電力の計算ができる。
11週 電力の種類 有効電力,無効電力,皮相電力,力率 各電力と力率の意味を理解し計算ができる。
12週 複素電力 電力の複素表示と計算を理解する。
13週 電力の加法性 電力の加法性を理解する。測定方法を理解する。
14週 電力の測定方法 電力の測定方法を理解する。測定方法を理解する。
15週 期末試験
16週 フォローアップ授業

評価割合

中間試験期末試験課題合計
総合評価割合10010070270
得点10010070270