電子制御工学実験Ⅱ

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 電子制御工学実験Ⅱ
科目番号 0121 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験 単位の種別と単位数 履修単位: 4
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 4
教科書/教材 実験マニュアル配布
担当教員 小林 義光

到達目標

以下の各項目を到達目標とする。
①実験を安全に行う能力を身につける
②技術者倫理を理解する
③コミュニケーション能力を身に着ける
④基礎知識を活用して問題解決する能力を身につける
⑤計測・制御技術を身につけること
⑥コミュニケーション能力,レポート作成能力を身につける

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1危険を予測しながら、安全に実験を行うことができる。実験を安全に行うことができる。実験を安全に行うことができない。
評価項目2技術者倫理を理解して行動力も高い。技術者倫理を理解できている。技術者倫理が理解できていない。
評価項目3コミュニケーション能力が高い。コミュニケーション能力がある。コミュニケーション能力がない。
評価項目4基礎知識を活用した問題解決能力が高い。基礎知識を活用して問題解決ができる。基礎知識を活用して問題解決ができない。
評価項目5計測・制御技術の実践力が高い。計測・制御技術が理解できている。計測・制御技術が理解できている。
評価項目6実験結果を的確にレポートにまとめて、深く考察ができる。実験結果を的確にレポートにまとめることができる。実験結果を的確にレポートにまとめることができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
3~4学年時に習得した電気、電子、機械、制御分野の実験を行なうことで、基礎知識を活用する力を高める。さらに、発表やレポートを作成することで、技術者としての構文能力を高める。
授業の進め方・方法:
電気、電子、機械、制御分野の基礎実験,安全教育を実施してレポート提出を行う。実験日には、関数電卓や該当テーマに関する教科書の持参を勧める。またノートパソコンを持参すると効率よく実験が遂行できる。
英語導入計画:Technical terms
注意点:
学生は常に問題意識を持ちつつ実験結果をよく吟味して、考察による洞察力の向上に努めることを期待する。
学習・教育目標:(B-1)25%(C-1)20%(D-3 計測・制御・安全系)30%(E)25%

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 実験のガイダンスおよび実験環境の準備(ALレベルB) 実験の概要と進めたが理解できる。
2週 シミュレーションの基礎(Scilab/Xcosの基本操作)(ALレベルB) シミュレーションの基礎を理解する。
3週 物理シミュレーション(ALレベルB) 物理シミュレーションを理解する。
4週 物理シミュレーション(ALレベルB) 物理シミュレーションを理解する。
5週 振り子の振動計測(ALレベルB) 振り子の振動計測を理解する。
6週 振り子の振動計測(ALレベルB) 振り子の振動計測を理解する。
7週 モータの速度制御(ALレベルB) モータの速度制御を理解する。
8週 モータの速度制御(ALレベルB) モータの速度制御を理解する。
2ndQ
9週 モータの速度制御(ALレベルB) モータの角度制御を理解する。
10週 ブリッジ回路(ALレベルB) ブリッジ回路を理解する。
11週 ブリッジ回路(ALレベルB) ブリッジ回路を理解する。
12週 プランク定数の測定(ALレベルB) プランク定数の測定を理解する。
13週 プランク定数の測定(ALレベルB) プランク定数の測定を理解する。
14週 レーザ光の干渉実験(ALレベルB) レーザ光の干渉実験を理解する。
15週 レーザ光の干渉実験(ALレベルB) レーザ光の干渉実験を理解する。
16週 フォローアップ授業(ALレベルB) 前期の実験について理解する。
後期
3rdQ
1週 DCモータの速度制御の実機実験(ALレベルB) DCモータの速度制御の実機実験を理解する。
2週 DCモータの速度制御の実機実験(ALレベルB) DCモータの速度制御の実機実験を理解する。
3週 DCモータの速度制御の実機実験(ALレベルB) DCモータの速度制御の実機実験を理解する。
4週 企業による安全教育A(ALレベルB) 技術動向と企業の安全に対する取り組みを理解する。
5週 企業による安全教育A(ALレベルB) 技術動向と企業の安全に対する取り組みを理解する。
6週 企業による安全教育B(ALレベルB) 技術動向と企業の安全に対する取り組みを理解する。
7週 企業による安全教育B(ALレベルB) 技術動向と企業の安全に対する取り組みを理解する。
8週 伝達関数の離散化(ALレベルB) 伝達関数の離散化を理解する。
4thQ
9週 伝達関数の離散化(ALレベルB) 伝達関数の離散化を理解する。
10週 不安定系の制御(ALレベルB) 不安定系の制御を理解する。
11週 不安定系の制御(ALレベルB) 不安定系の制御を理解する。
12週 不安定系の制御(ALレベルB) 不安定系の制御を理解する。
13週 工学基礎研究の実施(ALレベルB) 研究の実施方法、発表資料の作成方法を理解する。
(教室外学習)報告書、発表資料の作成
14週 工学基礎研究の実施(ALレベルB) 研究の実施方法、発表資料の作成方法を理解する。
(教室外学習)報告書、発表資料の作成
15週 フォローアップ授業(ALレベルB) 後期の実験について理解する。
16週

評価割合

出席点・実験報告実験レポート合計
総合評価割合100100200
前期5050100
後期5050100