情報伝送工学

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 情報伝送工学
科目番号 0208 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 1
教科書/教材 ネットワーク工学(村上泰司、森北出版,2014)
担当教員 遠藤 登

到達目標

以下の各項目を到達目標とする。
① ディジタル/アナログ通信が理解できる.
② 情報通信システムの階層構造が理解できる.
③ TCP/IPが理解できる.
④ ネットワークセキュリティが理解できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1ディジタル/アナログ通信を理解し、各種変調方式の特徴を説明できる。ディジタル/アナログ通信の基礎を理解している。ディジタル/アナログ通信を理解できていない。
評価項目2通信の階層化の必要性を理解し、各階層の役割を正確に説明できる。通信の階層化について理解している。通信の階層化が理解できていない。
評価項目3TCP/IPのプロトコルについて通信階層ごとに分類し、通信経路によりどのような処理が行われているか説明できる。TCP/IPで利用されるプロトコルについて理解している。TCP/IPで利用されるプロトコルについて理解していない。
評価項目4セキュリティインシデントの分類ができ、個々のインシデントに対し対応を検討できる。ネットワークセキュリティの重要性を理解し、基本的なセキュリティ対策を実行できる。ネットワークセキュリティの重要性を理化していない。または基本的なセキュリティ対策を実行できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
WebやE-mailなど、いまやコンピュータネットワークは日常的に利用する技術となっている。情報伝送工学では、ディジタル通信ネットワークの基礎技術を学び、原理・仕組みを理解する。
授業の進め方・方法:
授業では、ディジタル通信ネットワークの原理面を中心に解説することにより、基礎技術の理解が深まるよう努める。
英語導入計画:Technical terms
注意点:
板書やプリントを中心に授業が進むので、各自学習ノートを充実させること。授業を理解する上で、情報処理、電子回路の基礎知識が必要である。
学習・教育目標:(D-2 情報・論理系)100%

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 情報通信ネットワークの概要と通信の基礎1(アナログ通信,デジタル通信) 各種変調方式について通信の基礎を理解する。(教室外学修)アナログ通信に関する演習
2週 通信の基礎2(同期,ノイズ対策) 同期方式,各種伝送媒体のノイズ対策の基礎を理解する。(教室外学修)ディジタル通信に関する演習
3週 通信プロトコルと通信の階層構造 通信プロトコルの概要と通信の階層構造について理解する。(教室外学修)アナログ、ディジタル通信に関する演習
4週 OSI参照モデル,Ethernet 代表的な階層構造であるOSI参照モデルについて理解し,物理層での通信の詳細について理解する。(教室外学修)通信手順に関する演習
5週 Ethernet以外のネットワークおよびネットワークの接続 Ethernet以外の通信形態について理解し,それらで利用される通信制御方式について理解する。(教室外学修)通信手順に関する演習
6週 無線通信 電波の性質と,無線LANを中心とした無線通信の概要を理解する(教室外学修)通信手順に関する演習
7週 Fast Etherなど有線通信の高速化 Ethernetの発展について理解し,高速化のための各種手法について理解する。(教室外学修)ネットワークコマンドの使い方に関する演習
8週 スイッチングハブとその機能 スイッチングハブによるVLANやSTPについて理解する(教室外学習)STPを用いた木構造の生成に関する演習
2ndQ
9週 ネットワーク層1(IP,ルータ、IPアドレス、サブネット) IPアドレス体系について理解する。(教室外学修)IPアドレスに関する演習
10週 ネットワーク層2(IPルーティング、ARP) (ALのレベル:C) IPアドレスとMACアドレスの関係について理解し、IPルーティングの役割を掴む。(教室外学修)IPルーティングに関する演習
11週 トランスポート層(ポート、UDP、TCP) TCPを中心としたトランスポート層の役割を理解する。(教室外学修)輻輳制御などのトランスポート層に関する演習
12週 アプリケーション層(DNS、SMTP、HTTP) DNS, SMTP, HTTPなどのアプリケーション層の動作を理解する。(教室外学修)アプリケーション層のプロトコルに関する演習
13週 ネットワークセキュリティ(共通鍵暗号、公開鍵暗号、認証)(ALのレベル:C) ネットワークセキュリティの基礎について理解する。(教室外学修)セキュリティに関する演習
14週 ネットワーク解析と待ち行列モデル 待ち行列モデルを使ったネットワークの解析法について理解する。
15週 講義のまとめ
16週

評価割合

試験レポート等合計
総合評価割合1000100
得点100100~150100