電子制御工学実験Ⅱ

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 電子制御工学実験Ⅱ
科目番号 0233 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験 単位の種別と単位数 学修単位: 3
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 1.5
教科書/教材 実験マニュアル配布
担当教員 小林 義光,北川 輝彦

目的・到達目標

以下の各項目を到達目標とする。
①実験を安全に行う能力を身につける
②技術者倫理を理解する
③コミュニケーション能力を身に着ける
④基礎知識を活用して問題解決する能力を身につける
⑤計測・制御技術を身につけること
⑥コミュニケーション能力,レポート作成能力を身につける

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1危険を予測しながら、安全に実験を行うことができる。実験を安全に行うことができる。実験を安全に行うことができない。
評価項目2技術者倫理を理解して行動力も高い。技術者倫理を理解できている。技術者倫理が理解できていない。
評価項目3コミュニケーション能力が高い。コミュニケーション能力がある。コミュニケーション能力がない。
評価項目4基礎知識を活用した問題解決能力が高い。基礎知識を活用して問題解決ができる。基礎知識を活用して問題解決ができない。
評価項目5計測・制御技術の実践力が高い。計測・制御技術が理解できている。計測・制御技術が理解できている。
評価項目6実験結果を的確にレポートにまとめて、深く考察ができる。実験結果を的確にレポートにまとめることができる。実験結果を的確にレポートにまとめることができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
3~4学年時に習得した電気、電子、機械、制御分野の実験を行なうことで、基礎知識を活用する力を高める。さらに、レポートを作成することで、技術者としての構文能力を高める。
授業の進め方と授業内容・方法:
前期12テーマ、後期12テーマの実験を実施して毎回レポート提出を行う。実験日には、関数電卓や該当テーマに関する教科書の持参を勧める。またノートパソコンを持参すると効率よく実験が遂行できる。
注意点:
学生は常に問題意識を持ちつつ実験結果をよく吟味して、考察による洞察力の向上に努めることを期待する。なお、成績評価に教室外学習の内容は含まれる。
学習・教育目標:(B-1)25%(C-1)20%(D-3 計測・制御・安全系)30%(E)25%
JABEE基準1(1):(c)(20%)、(d)(20%)、(f)(20%)、(g)(20%)、(h)(20%)

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 実験のガイダンス 実験の概要とレポート作成方法が理解できる。(教室外学習)実験とレポート手順の復習
2週 過渡現象(ALレベルB) 過渡現象の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
3週 ひずみ波交流(ALレベルB) ひずみ波交流の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
4週 パルス回路(ALレベルB) パルス回路の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
5週 A/D,D/A変換器(ALレベルB) A/D,D/A変換器の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
6週 静電容量計測(ALレベルB) 静電容量計測の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
7週 画像処理(ALレベルB) 画像処理の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
8週 CR発振回路(ALレベルB) CR発振回路の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
2ndQ
9週 電子ブロック(ALレベルB) 電子ブロックの実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
10週 水位制御(ALレベルB) 水位制御の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
11週 片持ちはりの変形問題(ALレベルB) 片持ちはりの変形問題の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
12週 サーボ機構に関する実験(ALレベルB) サーボ機構の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
13週 流体力学実験(ALレベルB) 流体力学実験の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
14週 安全教育:企業における安全性と技術者倫理 実験を安全に実施するための心構えと理解する。(教室外学習)実験の安全性の復習
15週 前期実験のまとめ(レポートの評価の解説、電子制御工学実験Ⅲ発表会の見学)
16週
後期
3rdQ
1週 実験のガイダンス 実験の概要とレポート作成方法が理解できる。(教室外学習)実験とレポート手順の復習
2週 企業実習の発表会(ALレベルB) 企業実習で学んだことを整理して発表することができる(教室外学習)発表内容の反省
3週 レーザ光の干渉実験(ALレベルB) レーザ光の干渉実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
4週 プランク定数の測定 (ALレベルB) プランク定数の測定の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
5週 ブリッジ回路 (ALレベルB) ブリッジ回路の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
6週 整流平滑回路 (ALレベルB) 整流平滑回路の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
7週 マイクロコンピュータ(ALレベルB) マイクロコンピュータの実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
8週 振子の振動計測(ALレベルB) DCモータの速度制御の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
4thQ
9週 オペアンプⅠ(増幅回路)(ALレベルB) オペアンプの増幅回路の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
10週 オペアンプⅡ(演算回路、フィルタ)(ALレベルB) オペアンプ()の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
11週 オペアンプⅢ(比較回路、定電流回路)(ALレベルB) オペアンプの実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
12週 DCモータの速度制御(ALレベルB) DCモータの角度制御の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
13週 不安定系の制御(ALレベルB) 不安定系の制御の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
14週 ネットワーク通信(ALレベルB) ネットワーク通信の実験が実施でき、結果の整理と考察ができる。(教室外学習)実験結果の整理とレポート作成
15週 後期実験のまとめ(レポートの評価の解説、卒業研究発表会の見学)
16週

評価割合

試験課題・小テスト合計
総合評価割合0250250
前期0120120
後期0130130