世界史

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 世界史
科目番号 0004 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 環境都市工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 教科書として、『現代の世界史A』(近藤和彦ほか、山川出版社)を指定する。その他、必要に応じて学習材(プリント等)を配布する。
担当教員 小早川 裕悟

目的・到達目標

①世界の時間の経過に伴う変化を認識することができる。
②世界の歴史に見られるパターンを特定することができる。
③批判的に思考することができる。
④多様な文化を尊重することができる。
岐阜高専ディプロマシー:(A)及び(C)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安(不可)
到達目標①:近代以降の世界の時間の経過に伴う変化を認識し、自らの言葉で論理的に説明することができる。近代以降の世界の時間の経過に伴う変化を認識しているが、それを十分に論理的に説明できないことがある。近代以降の世界の時間の経過に伴う変化を認識し、自らの言葉で論理的に説明することができない。
到達目標②:近代以降の世界の歴史に見られるパターンを特定し、自らの言葉で論理的に説明することができる。近代以降の世界の歴史に見られるパターンを特定しているが、それを十分に論理的に説明できないことがある。近代以降の世界の歴史に見られるパターンを特定し、自らの言葉で論理的に説明することができない。
到達目標③:情報を鵜呑みにせず、ソースを検討するなど批判的に考えた上で、自らの主張の根拠として用いることができる。情報を鵜呑みにせず、ソースを検討するなど批判的に考えているが、その上で情報を活用することができないことがある。情報を鵜呑みにせず、ソースを検討するなど批判的に考えた上で、自らの主張の根拠として用いることができない。
到達目標④:文化の多様性を理解し、それぞれの文化を尊重し、他者や他国に対するステレオタイプ的な意見に疑いを持ち、反論することができる。文化の多様性を理解し、それぞれの文化を尊重する重要性は理解していても、行動には結びついていない。他者や他国に対するステレオタイプ的な意見を有し、時に他国を見下すことがある。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
社会系教科は、今日の変化する社会における社会の問題の枠組みとその背景を提供するものです。歴史は、現在の議論を引き起こす問題や出来事を理解することに関係します。今日および未来の市民は、指導的立場に立つ人ももちろん、過去が現在や未来にどのように影響しているかを学ぶ必要があります。過去をよりよく理解することは、将来のための効果的な決定を下すことに役立つからです。
歴史を学ぶことの本質的な価値は、知識の獲得だけではありません。歴史的に考えるというスキルを学ぶことにあると確信しています。世界史の場合、時間の経過に伴う変化を認識すること、パターンを特定すること、情報源を調査すること、批判的に読み・書くこと、多様な文化の理解などを意味します。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は、歴史的な文脈で現在の問題について考える方法を学び、批判的で洞察力のある質問を生み出す方法を学び、市民の役割と自分たちが生活する社会への関与を理解する手助けとなるように行います。皆さんにとって最もよい学びは、教師と生徒の双方が学習のプロセスに関わり、皆さんが歴史と自分自身に関連性を見出した時に生まれます。
以下に示すガイドラインは、教室にいる者全員の利益のためです。真摯に受け止め、誰もが学び合うことのできる協力的で敬意のある教室を創ることに貢献してください。
・教室における誰もが敬意を持って扱われる。
・教室の学びは個人だけでなく周囲との関わりによって促進される。
(事前準備の学習)教科書に目を通しておくこと。
英語導入計画:なし
注意点:
世界史は過去の事象を受け継いできており、前期の授業内容を後期で使用することがあるため、授業内容や発表内容をノートにとることを推奨する。また、グループワークなどにおいては教員の指示をしっかりと聞き、教員の要求に対応していくことが必要となる。
授業内容を確実に身につけるために、予習・復習が必須である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 前期イントロダクション
(ALのレベルC)
この授業の目標・進め方・評価方法を理解する。
現代世界のキーワードを理解する。
2週 中世以前の世界(1)
(ALのレベルC)
アジアを中心とした中世以前の歴史的状況を理解する。
3週 中世以前の世界(2)
(ALのレベルC)
ヨーロッパを中心とした中世以前の歴史的状況を理解する。
4週 アジア諸国の繁栄(1)
(ALのレベルC)
明・清の歴史の展開や、東南アジアの状況、世界の一体化と当時の日本の関わりなどを把握する。
5週 アジア諸国の繁栄(2)
(ALのレベルC)
オスマン帝国・ティムール朝・サファヴィー朝・ムガル帝国の展開とイスラーム世界の再編について把握する。
6週 世界の一体化とヨーロッパ(1)
(ALのレベルC)
大航海時代の展開と世界の結びつきや交流について把握する。
7週 世界の一体化とヨーロッパ(2)
(ALのレベルC)
ヨーロッパ諸国の世界進出の状況を把握させ、貿易などを軸とする世界の一体化の状況を把握する。
8週 中間試験
2ndQ
9週 近代の欧米社会(1)
(ALのレベルC)
イギリス・アメリカ・フランスでの革命の特徴について把握する。
10週 近代の欧米社会(2)
(ALのレベルC)
革命以後、19世期前半のヨーロッパ社会の特徴について把握する。
11週 近代の欧米社会(3)
(ALのレベルC)
資本主義と社会主義の思想について把握する。
12週 ヨーロッパの進出とアジア(1)
(ALのレベルC)
列強諸国の植民地拡大の歴史的背景について、理解する。
13週 ヨーロッパの進出とアジア(2)
(ALのレベルC)
列強諸国の中国進出の状況を把握する。
14週 ヨーロッパの進出とアジア(3)
(ALのレベルB)
植民地化に対する抵抗運動について理解する。
15週 期末試験
16週
後期
3rdQ
1週 2つの世界大戦(1)
(ALのレベルC)
第一次世界大戦の背景・対立構図について、把握する。
2週 2つの世界大戦(2)
(ALのレベルC)
第一次世界大戦がその後の世界に与えた影響について、理解する。
3週 2つの世界大戦(3)
(ALのレベルC)
第二次世界大戦の背景・対立構図について、把握する。
4週 2つの世界大戦(4)
(ALのレベルC)
第二次世界大戦がその後の世界に与えた影響について、理解する。
5週 世界の諸問題・プレゼンテーション1
(ALのレベルB)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
6週 世界の諸問題・プレゼンテーション2
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
7週 世界の諸問題・プレゼンテーション3
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
8週 中間試験
4thQ
9週 冷戦の時代(1)
(ALのレベルA)
第二次世界大戦後の国際関係について把握する。
10週 冷戦の時代(2)
(ALのレベルC)
1960年代以降の国際関係の変化について把握する。
11週 世界の諸問題・プレゼンテーション4
(ALのレベルB)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
12週 世界の諸問題・プレゼンテーション5
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
13週 世界の諸問題・プレゼンテーション6
(ALのレベルA)
プレゼンテーションにより、世界の歴史上の問題に対する見解を深める。
14週 プレゼンテーション総括
(ALのレベルB)
プレゼンテーションの報告内容を総括し、世界の歴史に関する知識の整理を行う。
15週 期末試験
16週

評価割合

試験課題・報告ノート提出合計
総合評価割合1206020200
前期603010100
後期603010100