特別活動

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 特別活動
科目番号 0039 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 前期:1 後期:1
教科書/教材
担当教員 石川 あゆみ

目的・到達目標

以下の各項目を到達目標とする。
① 自己管理力,責任感を身につける
② 研修旅行,学年講演会,キャリア教育を通し,企業活動を理解し自身のキャリアデザインについて考えることができる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1自身の目標に対し,実現に向けた計画を立て実行できる目標を設定し,実現に向けた計画を立てることができる目標を設定できない,または目標の実現に向けた計画を立てることができない。
評価項目2自身のキャリアデザインに合わせ,自身の適性・能力を具体的に検討できる企業活動の概要を理解し,自身のキャリアデザインを考えることができる企業活動をりかいできない,または自身のキャリアデザインを考えることができない
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
自己管理力を養うとともに,研修旅行・学年講演会・キャリア教育を通し,自身のキャリアデザインについて継続的に考えられる素養を身につける
授業の進め方と授業内容・方法:
特別活動を通して,自己分析,キャリアデザインについて学習する
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 学級指導(第 3 学年のはじめにあたって) 3年生をどう過ごすか考える
2週 学級指導(専門科目の構成と学習方法) 専門科目への取組み方について理解する
3週 学級指導(キャリアデザイン),大掃除 自身のキャリアデザインの重要性を知る
4週 小論文(1年の目標) 自身の学習の取組み方を考える
5週 学級指導(資格試験について) 国家資格と重要性を理解する
6週 学級指導(試験に向けた勉強方法について) 試験勉強の計画をたてることができる。
7週 学級指導(中間試験諸注意),大掃除 試験勉強の計画を実行できる
8週 学級指導(中間試験の自己分析) 自身の現状を認識することができる
2ndQ
9週 学級会(研修旅行の行き先) 地域社会・産業界について知る
10週 キャリア教育(進路紹介),大掃除 学習内容が将来どのように活用されるかを考えることができる
11週 学級指導(設計コンペについて) 設計コンペの重要性を理解する
12週 キャリア教育(自分の分析) 自身のキャリアデザインについて考えることができる
13週 学級指導(期末試験の諸注意) 試験勉強の計画をたて計画を実行できる
14週 学級指導(後期に向けての諸注意),大掃除 自身の現状を確認することができる
15週
16週
後期
3rdQ
1週 学年講演会 企業活動について考えることができる
2週 交通安全教育 責任ある行動について考えることができる。
3週 学級会(高専祭準備),大掃除 グループの一員として行動することができる
4週 学級指導(研修旅行の諸注意) 研修内容について理解する
5週 学級指導(研修旅行の振り返り) 建築をどう感じたを振り返り、自己の感性を認識できる
6週 学級指導(中間試験諸注意), 大掃除 試験勉強の計画をたて計画を実行できる
7週 学級指導(中間試験の振り返り) 学級会(クラス役員の選出) 自身の現状を認識することができる
8週 キャリア教育(希望進路) 自身のキャリアデザインを考えることができる
4thQ
9週 キャリア教育(5 年生の進路紹介) 学級指導(冬休みの諸注意),大掃除 自身のキャリアデザインを考えることができる
10週 学級指導(TOEIC 試験の諸注意) コース分け希望調査 自身の特性について考えることができる
11週 学級指導(学年修了に向けての決意) 自身の現状を把握することができる
12週 学級指導(期末試験の勉強計画),大掃除 グループの一員として行動することができる
13週 学級指導(期末試験の諸注意) 試験勉強の計画をたて計画を実行できる
14週 学級指導(次年度に向けて),大掃除 自身のキャリアデザインの重要性を認識する
15週
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合0000000
基礎的能力0000000
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000