建築設計製図Ⅱ

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 建築設計製図Ⅱ
科目番号 0075 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 4
開設学科 建築学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 4
教科書/教材 教科書:日本建築学会編 コンパクト資料集成(丸善)、みんなの都市計画(脇田祥尚,理工図書2009,4)
担当教員 清水 隆宏,鶴田 佳子,平野 勝雅

目的・到達目標

①様々な社会的問題に対して,建築の計画を 通じた提案能力を身につける。
②CAD,CG を活用した建築表現が出来る。 3.自身で考えた計画を,他者に説明できる能力を身につける。
③自身で考えた計画を,他者に説明できる能力を身につける。
岐阜高専ディプロマポリシー:(A)(B)(D)および(E)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
1 課題の意図を理解し,的確に企画を立てられる。課題の意図を理解し,的 確に企画を立てられる。課題の意図をほぼ理解し,企 画を立てられる。課題の意図を理解し,的確に 企画を立てることができな い。
2 創造的かつ整合性のとれた計画を作成できる。創造的かつ整合性のとれ た計画を作成できる。創造的かつ整合性のとれた 計画をほぼ作成 できる。造的かつ整合性のとれた 計画を作成することができ ない。
3 デジタルツールを用いて的確で美しい表現ができる。デジタルツールを用い て、的確で美しい表現が できる。デジタルツールを用いて、ほ ぼ的確で美しい表現ができ る。デジタルツールを用いて、的 確で美しい表現ができない。
4 相手に的確に意図を伝えるプレゼンテーションができる。相手に的確に意図を伝え るプレゼンテーションが できる。相手に的確に意図を伝える プレゼンテーションがほぼできる。相手に的確に意図を伝える プレゼンテーションができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
建築設計製図 II においては、建築単体に留 まるのではなく,地域や社会をよりよい方向に 向けていく為の提案性を持ったデザイン能力 を習得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
第1課題は前期前半に第1課題「複合施設設計」、後期前半に第2課題「まちづくり計画」、後期後半に第3課題「地域課題解決のための施設設計」を実施する。各課題ごとに別の教員が担当する。
(事前準備の学習)課題に対応した内容について、建築計画や地域都市計画の復習をしておくこと。
注意点:
・課題対象地への見学会、地元住民等に対するプレゼンテーションを行う際は、積極的に取り組むこと。
・普段から,建築やデザインに留まらず,様々な社会の情報に目を通し,自らの考えを養うこと。
・自らスケジュールを立てて,期限内にゆとりを持って間に合うように計画を進めること。
・CAD室等を活用して積極的に情報機器利用の熟達に励むこと。
・建築関係の諸雑誌等に常に目を通し,情報を収集すること,また,建築設計製図 II では,社会性を持った課題が設 定されるので,日頃から新聞等のメディアを通じて,社会や地域の状況を把握すること。
※各課題の成績確定後の再提出,再評価は行わないので,それぞれの課題に真剣に取り組むこと。
なお、成績評価に教室外学修の内容は含まれる。
授業の内容を確実に身につけるために、予習・復習が必須である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 【第1課題】複合空間の計画 (担当:清水)
第1回:課題提示、趣旨説明(ALのレベルC)
課題趣旨を理解する。(教室外学修)課題趣旨をまとめる。
2週 空間の設定・資料の収集(ALのレベルC) 創造する空間の設定を行なう。(教室外学修)創造する空間の考えをまとめる。
3週 空間の設定・資料の収集(ALのレベルC) 創造する空間の設定を行なう。(教室外学修)創造する空間の考えをまとめる。
4週 空間の設定・資料の収集(ALのレベルC) 創造する空間に関する資料の収集をする。(教室外学修)関連資料をまとめる。
5週 空間の設定・資料の収集(ALのレベルC) 創造する空間に関する資料の収集をする。(教室外学修)関連資料をまとめる。
6週 エスキースチェック1(コンセプト・基本計画の検討)(ALのレベルC) コンセプト・基本計画を検討する。(教室外学修)コンセプト・基本計画をまとめる。
7週 エスキースチェック1(コンセプト・基本計画の検討)(ALのレベルC) コンセプト・基本計画を検討する。(教室外学修)コンセプト・基本計画をまとめる。
8週 エスキースチェック2(スタディ模型などによる検討)(ALのレベルC) スタディ模型などによって検討する。(教室外学修)スタディ模型などによってイメージをまとめる。
2ndQ
9週 エスキースチェック3(平面図・立面図の検討)(ALのレベルC) 平面図・立面図を検討する。(教室外学修)平面図・立面図をまとめる。
10週 エスキースチェック3(平面図・立面図の検討)(ALのレベルC) 平面図・立面図を検討する。(教室外学修)平面図・立面図をまとめる。
11週 エスキースチェック4(断面図・パースの検討)(ALのレベルC) 断面図・パースを検討する。(教室外学修)断面図・パースをまとめる。
12週 エスキースチェック4(断面図・パースの検討)(ALのレベルC) 断面図・パースを検討する。(教室外学修)断面図・パースをまとめる。
13週 エスキースチェック5(プレゼンテーションの検討)(ALのレベルC) プレゼンテーションを検討する。(教室外学修)プレゼンテーションをまとめる。
14週 エスキースチェック5(プレゼンテーションの検討)(ALのレベルC) プレゼンテーションを検討する。(教室外学修)プレゼンテーションをまとめる。
15週 講評会(プレゼンテーション)(ALのレベルA) 講評会に参加する。
16週
後期
3rdQ
1週 【第2課題】地域課題解決にむけたまちづくり計画 (担当:鶴田)課題趣旨説明(ALのレベルC) 課題趣旨を理解する。(教室外学修)課題趣旨をまとめる。
2週 地域課題の把握(ワークショップ形式による討論と発表)(ALのレベルA) 地域課題の把握を行なう。(教室外学修)地域の課題をまとめる。
3週 地域課題プレゼンテ―ション作品の作成(30点)(ALのレベルC) 地域課題プレゼンテ―ション作品を作成する。(教室外学修)プレゼンテ―ション作品をまとめる。
4週 地域課題プレゼンテ―ション作品の作成(30点)(ALのレベルC) 地域課題プレゼンテ―ション作品を作成する。(教室外学修)プレゼンテ―ション作品をまとめる。
5週 まちづくりコンセプトの検討(ALのレベルC) まちづくりコンセプトを検討する。(教室外学修)まちづくりコンセプトをまとめる。
6週 まちづくり計画の作成(70点)(ALのレベルC) まちづくり計画を作成する。(教室外学修)まちづくり計画ををまとめる。
7週 まちづくり計画の作成(70点)(ALのレベルC) まちづくり計画を作成する。(教室外学修)まちづくり計画ををまとめる。
8週 まちづくり計画の作成(70点)(ALのレベルC) まちづくり計画を作成する。(教室外学修)まちづくり計画ををまとめる。
4thQ
9週 【第3課題】地域課題解決のための施設設計 (担当:今田)課題説明(ALのレベルB) 課題趣旨を理解する。(教室外学修)課題趣旨をまとめる。
10週 エスキースチェック(計画コンセプト)(ALのレベルC) 計画コンセプトを検討する。(教室外学修)計画コンセプトをまとめる。
11週 エスキースチェック(建築平面図)(ALのレベルC) 建築平面図を検討する。(教室外学修)建築平面図をまとめる。
12週 エスキースチェック(建築立面図・断面図)(ALのレベルC) 建築立面図・断面図を検討する。(教室外学修)建築立面図・断面図をまとめる。
13週 エスキースチェック(詳細計画)(ALのレベルC) 詳細計画を検討する。(教室外学修)詳細計画をまとめる。
14週 プレゼンテーションチェック(ALのレベルC) プレゼンテーションを検討する。(教室外学修)プレゼンテーションをまとめる。
15週 講評会(プレゼンテーション)(ALのレベルA) 講評会に参加する。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00003000300
基礎的能力0000000
専門的能力00003000300
分野横断的能力0000000