建築技術者倫理

科目基礎情報

学校 岐阜工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 建築技術者倫理
科目番号 0077 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 配付資料等による
担当教員 櫻木 耕史

目的・到達目標

①技術者倫理とは何かを説明できる
②建築技術者・設計士はどうあるべきかを説明できる
岐阜高専ディプロマポリシー:(A)

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
技術者倫理とは何か、なぜ必要かが理解できる技術者倫理とは何かと問われた時、正確に説明できる技術者倫理とは何かについて説明できる技術者倫理とは何かについて説明できない
建築技術者・設計士はどうあるべきかが理解できる建築技術者・設計士はどうあるべきかと問われた時、正確に説明できる建築技術者・設計士はどうあるべきか説明できる建築技術者・設計士はどうあるべきか説明できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
 技術者は単にその技術を駆使して科学技術の進展のみを考えればよい時代は過ぎ、常にその技術が社会に与える影響を考えなくてはならない。本授業は、技術者倫理とは如何なるものかを説き、技術者として身を立てる上で如何にあるべきかを自省する契機を与えるものである。
授業の進め方と授業内容・方法:
技術者倫理に関する授業は、ビデオ教材・プリント等により実施し、適宜内容に即した課題の成果物によりその習熟度を確認する。
また、建設業に永年従事し経験を積んだ本学科の卒業生によって、現場で直面した倫理観に関する講話も開催する予定である。
(事前準備の学習)倫理の復習をしておくこと
英語導入計画:Technical terms
注意点:
個々の課題では熟慮を要するので、思考能力を常に高める日頃の自己啓発が必要である。
授業の内容を確実に身につけるために、予習・復習は必須である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 技術者の責任:倫理とは 技術者には社会的責任のある事を知る
2週 技術者の責任:事例等の紹介 どんな社会的責任が課せられているか、またどの様な苦難があるかを知る
3週 技術者の責任:事例等の紹介 技術者個々の倫理観と、利潤追求を目的とした会社の社会的責任とのを総意を知る-その1
4週 技術者の責任:事例等の紹介 技術者個々の倫理観と、利潤追求を目的とした会社の社会的責任とのを総意を知る-その2
5週 技術者の責任:事例等の紹介 技術者個々の倫理観と、利潤追求を目的とした会社の社会的責任とのを総意を知る-その3
6週 説明責任・内部告発に関するTopics的事例紹介と調査 新聞記事に見る事例理解と対策-その1
7週 地球環境の保全やエネルギーに関するTopics的事例紹介 新聞記事に見る事例理解と対策-その2
8週 topics的事例紹介
4thQ
9週 地球環境の保全やエネルギーに関するTopics的事例の調査 新聞記事に見る事例理解と対策-その3
10週 ハインリッヒの法則と技術者の対応に関する事例 事件・事故等の検証-その1
11週 技術者倫理に関するTopics的事例紹介 事件・事故等の検証-その2
12週 卒業生講話(企業で体験した事例紹介)又は、Topics的事例の調査 実務で実際に起こった事例の理解
13週 技術者倫理に関するTopics的事例調査・報告 新聞記事に見る事例の理解と対策-その4
14週 コンプライアンスに関するTopics的事例の紹介と調査 新聞記事に見る事例の理解と対策-その5
15週 著作権、期末試験の回答・解説など 新聞記事に見る事例の理解と対策-その6
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオレポート合計
総合評価割合00000100100
課題レポート00000100100
0000000
0000000