科目基礎情報

学校 沼津工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 美術
科目番号 2021-556 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 制御情報工学科 対象学年 1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 スケッチブック(A3サイズ)、ポスターカラー、筆、パレット、筆洗具、定規、コンパス、鉛筆(4B程度)、消しゴム
担当教員 (教養科 非常勤講師),長谷川 将丈

目的・到達目標

美に対して感動と喜び、興味をもつことができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1美に関して正しく感動することができる美に対して感動することができる美に対して感動できない
評価項目2美に対してしっかりと喜びを持つことができる美に対して喜びを持つことができる美に対して喜びを持つことができない
評価項目3美に対して非常に興味を持つことができる美に対して興味を持つことができる美に対して興味を持つことができない

学科の到達目標項目との関係

【本校学習・教育目標(本科のみ)】 5 説明 閉じる

教育方法等

概要:
芸術は人生にうるおいを与え、人格に深みを付加する。美術の授業では実技での基本技術と観察力を養い、また、絵画を化学的に解析したり、描き方から飾り方までの知識を学習する。
授業の進め方と授業内容・方法:
実技の課題制作70%、知識の小テスト20%、受講態度10%として評価、60点以上を合格とする。
注意点:
評価については、評価割合に従って行います。ただし、適宜再試や追加課題を課し、加点することがあります。
中間試験を授業時間内に実施することがあります。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ガイダンス、実技(手のデッサン) 目で見て描くことで、形を捉えることのきっかけとする。鉛筆で明暗をつけながら明暗法を学ぶ。
2週 実技(風景画) 遠近法について理解することができる。
風景画を描くことができる。
3週 実技(風景画) 遠近法について理解することができる。
風景画を描くことができる。
4週 実技(風景画) 遠近法について理解することができる。
風景画を描くことができる。
5週 実技(風景画) 遠近法について理解することができる。
風景画を描くことができる。
6週 講義(色彩学) 色彩、色の3要素について学び、演習を行う。
7週 実技(色彩学) 色彩学の演習を行う。
色彩及び、平塗りについて学ぶ。
8週 実技(デザイン) 色彩について知り、デザイン画を描くことができる。
4thQ
9週 実技(デザイン) 色彩について知り、デザイン画を描くことができる。
10週 実技(デザイン) 色彩について知り、デザイン画を描くことができる。
11週 実技(デザイン) 色彩について知り、デザイン画を描くことができる。
12週 実技 (彫刻制作) 彫刻制作ができる。
13週 実技 (彫刻制作) 彫刻制作ができる。
14週 実技 (彫刻制作) 彫刻制作ができる。
15週 実技 (彫刻制作)、まとめ 彫刻を完成させる。
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験課題制作相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合207001000100
基礎的能力20400100070
専門的能力030000030
分野横断的能力0000000