海外語学研修

科目基礎情報

学校 沼津工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 海外語学研修
科目番号 2021-558 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 制御情報工学科 対象学年 1
開設期 集中 週時間数
教科書/教材
担当教員 全教員 (海外研修)

目的・到達目標

1.異なる文化や価値観を理解し、広い視野を持つことができる。
2.現地で関わる人々と英語などを用いてコミュニケーションができる。
3.海外での研修への参加を通じて、教養をより高めるための取り組みができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
1.異なる文化や価値観を理解し、広い視野を持つことができる。異なる文化や価値観を深く理解し、より広い視野を持つことができる。異なる文化や価値観を理解し、広い視野を持つことができる。異なる文化や価値観を理解し、広い視野を持つことができない。
2.現地で関わる人々と英語などを用いてコミュニケーションができる。現地で関わる人々と英語などを用いて積極的にコミュニケーションを取ることができる。現地で関わる人々と英語などを用いてコミュニケーションができる。現地で関わる人々と英語などを用いてコミュニケーションができない。
3.海外での研修への参加を通じて、教養をより高めるための取り組みができる。海外での研修への参加を通じて、教養をより高めるため自ら積極的に取り組むことができる。海外での研修への参加を通じて、教養をより高めるための取り組みができる。海外での研修への参加を通じて、教養をより高めるための取り組みができない。

学科の到達目標項目との関係

【本校学習・教育目標(本科のみ)】 4 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本科目の目的は、海外での研修体験を通じて、多面的に物事を考える能力やコミュニケーション能力を身につけることである。研修日数は5日間以上とし、事前指導や事後報告会等の活動時間に加え、報告書作成等の自己学習時間も含めて、45時間以上の実活動時間を必要とする。参加する研修の妥当性は教務委員会にて判断する。
授業の進め方と授業内容・方法:
研修の実施に当たっては、学級担任または指導教員と緊密に連絡を取り合い、研修期間中は研修生として相応しい態度で取り組む必要がある。
注意点:
1.試験や課題レポート等は、JABEE 、大学評価・学位授与機構、文部科学省の教育実施検査に使用することがあります。
2.授業参観される教員は当該授業が行われる少なくとも1週間前に教科目担当教員へ連絡してください。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス・研修の概要把握、事前調査等
2週 以下、研修・作業等
3週
4週
5週
6週
7週
8週
2ndQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週
後期
3rdQ
1週
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週 以上、研修・作業等
15週 研修報告・研修報告書の提出または研修報告会の実施
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合01000000100
基礎的能力01000000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000