学校行事Ⅰ

科目基礎情報

学校 沼津工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 学校行事Ⅰ
科目番号 2021-561 科目区分 一般 / 集中
授業形態 単位の種別と単位数 履修単位: 0
開設学科 制御情報工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 0
教科書/教材
担当教員 教務主事

目的・到達目標

1. 技術と自然や社会との関りや技術が関わる社会問題に関する具体的事例について,技術者の社会的責任を工学倫理の原則に基づき説明できる能力を養う.
2. 工学技術に関する具体的課題にチームで取り組む際,チームでの自分の役割を把握して行動し,活動の進捗状況をメンバーに報告できる能力を養う.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
技術と自然や社会との関りや技術が関わる社会問題に関する具体的事例について,技術者の社会的責任を工学倫理の原則に基づき説明できる.技術と自然や社会との関りや技術が関わる社会問題に関する具体的事例について,技術者の社会的責任を工学倫理の原則に基づき説明できる.技術と自然や社会との関りや技術が関わる社会問題に関する具体的事例について挙げることができる.技術と自然や社会との関りや技術が関わる社会問題に関する具体的事例について挙げることができない.
工学技術に関する具体的課題にチームで取り組む際,チームでの自分の役割を把握して行動し,活動の進捗状況をメンバーに報告できる.工学技術に関する具体的課題にチームで取り組む際,チームでの自分の役割を把握して行動し,活動の進捗状況をメンバーに報告できる.工学技術に関する具体的課題にチームで取り組む際,チームでの自分の役割を把握して行動できる.工学技術に関する具体的課題にチームで取り組む際,チームでの自分の役割を把握して行動できない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
本校の教育目的は,1.豊かな人間性を備え,2.社会の要請に応じて工学技術の専門性を創造的に活用できる技術者の育成を行い,3.もって地域の文化と産業の進展に寄与することである.この目的を実現するために,授業計画に示す活動を通して技術者の社会的役割と責任を自覚する態度と実践的技術者として計画的に自己研鑽を継続する姿勢を身につける.
授業の進め方と授業内容・方法:
授業内容:学校が定めた学校行事計画に従う.活動の指導及び出欠席の管理は原則担任とする.
実施場所:ホームルーム(HR)を原則とする.授業内容により実施場所がHRでない場合,学級担任の指示に従う.
評価方法:学校行事への参加(出席)の条件を満たすことにより合格とする.
注意点:
授業内容・方法のカッコ内の数字は時間数を示す.
入学式は進級・卒業要件となる時間数にカウントしない.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 入学式(0)
2週 始業式・対面式(2) 周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。
他者のおかれている状況に配慮した行動がとれる。
3週 1年合宿研修(11) 他者とコミュニケーションをとるために日本語や特定の外国語で正しい文章を記述できる。
他者が話す日本語や特定の外国語の内容を把握できる。
日本語や特定の外国語で、会話の目標を理解して会話を成立させることができる。
円滑なコミュニケーションのための態度をとることができる(相づち、繰り返し、ボディーランゲージなど)。
他者の意見を聞き合意形成することができる。
合意形成のために会話を成立させることができる。
グループワーク、ワークショップ等の特定の合意形成の方法を実践できる。
周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。
社会の一員として、自らの行動、発言、役割を認識して行動できる。
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。
当事者意識をもってチームでの作業・研究を進めることができる。
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。
リーダーがとるべき行動や役割をあげることができる。
適切な方向性に沿った協調行動を促すことができる。
リーダーシップを発揮する(させる)ためには情報収集やチーム内での相談が必要であることを知っている
法令やルールを遵守した行動をとれる。
他者のおかれている状況に配慮した行動がとれる。
自身の将来のありたい姿(キャリアデザイン)を明確化できる。
4週 防災訓練 (高専大会壮行会と併せて 1) 説明責任、製造物責任、リスクマネジメントなど、技術者の行動に関する基本的な責任事項を説明できる。
5週 高専大会壮行会 円滑なコミュニケーションのための態度をとることができる(相づち、繰り返し、ボディーランゲージなど)。
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。
6週 スポーツ大会(4) 周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。
当事者意識をもってチームでの作業・研究を進めることができる。
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。
リーダーがとるべき行動や役割をあげることができる。
適切な方向性に沿った協調行動を促すことができる。
リーダーシップを発揮する(させる)ためには情報収集やチーム内での相談が必要であることを知っている
7週 TOEIC Bridge(2) 日本語と特定の外国語の文章を読み、その内容を把握できる。
他者とコミュニケーションをとるために日本語や特定の外国語で正しい文章を記述できる。
他者が話す日本語や特定の外国語の内容を把握できる。
日本語や特定の外国語で、会話の目標を理解して会話を成立させることができる。
8週 CBT
2ndQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週
後期
3rdQ
1週 文化講演会(2) 周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
2週 体育祭(7) 周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。
当事者意識をもってチームでの作業・研究を進めることができる。
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。
リーダーがとるべき行動や役割をあげることができる。
適切な方向性に沿った協調行動を促すことができる。
リーダーシップを発揮する(させる)ためには情報収集やチーム内での相談が必要であることを知っている
3週 高専祭(21) 他者の意見を聞き合意形成することができる。
合意形成のために会話を成立させることができる。
周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。

4週 終業式(学年末)(1) 周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。
他者のおかれている状況に配慮した行動がとれる。
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力工学基礎技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史説明責任、製造物責任、リスクマネジメントなど、技術者の行動に関する基本的な責任事項を説明できる。1前4
分野横断的能力汎用的技能汎用的技能汎用的技能日本語と特定の外国語の文章を読み、その内容を把握できる。1前7,前12,前13
他者とコミュニケーションをとるために日本語や特定の外国語で正しい文章を記述できる。1前3,前7
他者が話す日本語や特定の外国語の内容を把握できる。1前3,前7
日本語や特定の外国語で、会話の目標を理解して会話を成立させることができる。1前3,前7
円滑なコミュニケーションのための態度をとることができる(相づち、繰り返し、ボディーランゲージなど)。1前3
他者の意見を聞き合意形成することができる。1前2,前3,前9,後3,後4
合意形成のために会話を成立させることができる。1前3,後3
グループワーク、ワークショップ等の特定の合意形成の方法を実践できる。1前3
態度・志向性(人間力)態度・志向性態度・志向性周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。1前2,前3,前6,後1,後2,後3,後4
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。1前3,前6,後2,後3
社会の一員として、自らの行動、発言、役割を認識して行動できる。1前3
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。1前2,前3,前6,後2,後4
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。1前2,前3,前6,後2,後4
当事者意識をもってチームでの作業・研究を進めることができる。1前3,前6,後2
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。1前3,前5,前6,後2
リーダーがとるべき行動や役割をあげることができる。1前3,前6,後2
適切な方向性に沿った協調行動を促すことができる。1前3,前6,後2
リーダーシップを発揮する(させる)ためには情報収集やチーム内での相談が必要であることを知っている1前3,前6,後2
法令やルールを遵守した行動をとれる。1前3
他者のおかれている状況に配慮した行動がとれる。1前2,前3,後4
自身の将来のありたい姿(キャリアデザイン)を明確化できる。1前3

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合0000000
基礎的能力0000000
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000