国語Ⅰ甲A

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 国語Ⅰ甲A
科目番号 01121 科目区分 一般 / 必履修,選択必修(国)
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『国語総合 改訂版』(筑摩書房)/『パスワード級別漢字』(浜島書店)、『常用国語便覧』(浜島書店)、国語辞典
担当教員 江口 啓子

到達目標

(ア)常用漢字の音訓を正しく読み書きできる。語彙の意味を理解し、思考や表現に活用できる。
(イ)文学的な文章に描かれた人物やものの見方を表現に即して読み取り、自分の意見を表明できる。
(ウ)論理的な文章の構成や展開を的確に捉え、キーワード・キーセンテンスに着目して要約できる。
(エ)論理的な文章に表された考えに対して、その論拠の妥当性の判断を踏まえて、自分の意見を表明できる。
(オ)課題に応じ、他者の立場を尊重しつつ根拠に基づく議論を行い、自分の考えや集団としての思いを整理できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目(ア)常用漢字の音訓を正しく読み書きできる。語彙の意味を理解し、思考や表現に活用できる。常用漢字の音訓を正しく読み書きできる。常用漢字の音訓を正しく読み書きできない。
評価項目(イ)文学的な文章に描かれた人物やものの見方を表現に即して読み取り、自分の意見を表明できる。文学的な文章に描かれた人物やものの見方を表現に即して読み取れる。文学的な文章に描かれた人物やものの見方を表現に即して読み取れない。
評価項目(ウ)論理的な文章の構成や展開を的確に捉えて要約し、論拠を検証を踏まえて自分の意見を表明できる。論理的な文章の構成や展開を的確に捉えて内容を正しく理解できる。論理的な文章の構成や展開を的確に捉えて内容を正しく理解できない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ④

教育方法等

概要:
現代文を教材に用いて、読解と鑑賞とを行う。小説の洗練された文章を読むことを通じて、話のおもしろさ、比喩表現の効果、語彙の豊かさを味わい理解する。論理的な文章を読むことを通じて、論理的な展開の方法を把握し、内容を理解する。漢字の学習や辞書の活用を習慣化し、語彙を増やす。日常的に活字に親しむ。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
読書感想文等を課題とする。高専5年間で100冊の本を読めるよう、努力すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス(今期の到達目標の提示と学習時の注意点を確認する) 今期の到達目標と学習時の注意点を理解できる。
2週 文学的な文章の読解と鑑賞 1(物語構造の考察)・常用漢字の学習 文学的な文章の物語構造を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
3週 文学的な文章の読解と鑑賞 2(場面や登場人物設定の考察)・常用漢字の学習 文学的な文章の場面や登場人物設定を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
4週 文学的な文章の読解と鑑賞 3(効果的な表現技法の考察)・常用漢字の学習 文学的な文章の効果的な表現技法を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
5週 文学的な文章の読解と鑑賞 4(登場人物の心理描写の考察)・常用漢字の学習 文学的な文章の登場人物の心理を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
6週 文学的な文章の読解と鑑賞 5(人物の心理描写の考察)・常用漢字の学習 文学的な文章の登場人物の心理を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
7週 文学的な文章の読解と鑑賞 6(主題の考察と意見文の作成) 文学的な文章の主題を考察し、自分の思いや考えを整理して表明することができる。
8週 論理的な文章の読解 1(文章構成の考察)・常用漢字の学習 論理的な文章の構成を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
9週 論理的な文章の読解 2(論理展開の考察)・常用漢字の学習 論理的な文章の論理展開を理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
10週 論理的な文章の読解 3(キーワード・キーセンテンスの把握)・常用漢字の学習 論理的な文章のキーワード・キーセンテンスを理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
11週 論理的な文章の読解 4(キーワード・キーセンテンスの把握)・常用漢字の学習 論理的な文章のキーワード・キーセンテンスを理解できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
12週 論理的な文章の読解 5(各段落の要旨の把握・要約)・常用漢字の学習 論理的な文章の各段落の要旨を把握し、要約できる。常用漢字を正しく読み書きできる。
13週 論理的な文章の読解 6(主題の考察・意見文の作成) 論理的な文章の主題を考察し、自分の思いや考えを整理して表明することができる。
14週 読書体験の言説化(文章作成法の理解) 読書体験を言説化し、自分の考えや思いを表現する方法を理解できる。
15週 まとめ(今期の学習内容・学習成果を振り返り、整理する) 今期の学習内容・学習成果を振り返り、整理できる。
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合304525100
基礎的能力304525100