校外実習

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 校外実習
科目番号 14321 科目区分 専門 / 選択
授業形態 実習 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 3
教科書/教材 特に指定しない
担当教員 兼重 明宏,清水 利弘,鬼頭 俊介,若澤 靖記,小谷 明,田中 淑晴,上木 諭,中村 裕紀,淺井 一仁

到達目標

(ア)実習開始や終了等の学校への連絡および正当な理由を欠く遅刻欠勤がないこと。
(イ)実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から理解する。
(ウ)実習指導者の指示に従って安全に業務を行うことができる。
(エ)実習内容と成果を要領よく文章でまとめることができる。
(オ)実習を通して気がついた点、反省すべき点を指摘することができる。
(カ)実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて説明することができる。
(キ)発表会での質問に対して適切な説明を行うことができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達の到達レベルの目安(可)
評価項目(ア)実習開始や終了等の学校への連絡および正当な理由を欠く遅刻欠勤がないこと。実習開始や終了等の学校への連絡および正当な理由を欠く遅刻欠勤がないこと。実習開始や終了等の学校への連絡および正当な理由を欠く遅刻欠勤があった。
評価項目(イ)実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から的確に理解し,能動的に取り組んだ。実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から理解する。実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から理解していない。
評価項目(ウ)実習指導者の指示に従って安全に業務を行うことができる。実習指導者の指示に従って安全に業務を行うことができる。実習指導者の指示に従って安全に業務を行うことができない。
評価項目(エ)実習内容と成果を的確に文章でまとめることができる。実習内容と成果を要領よく文章でまとめることができる。実習内容と成果を要領よく文章でまとめることができない。
評価項目(オ)実習を通して気がついた点、反省すべき点を能動的にまとめ,指摘することができる。実習を通して気がついた点、反省すべき点を指摘することができる。実習を通して気がついた点、反省すべき点を指摘することができない。
評価項目(カ)実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて与えられた時間で的確に説明することができる。実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて説明することができる。実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて説明することができない。
評価項目(キ)発表会での質問に対して質問の内容を理解した上で,適切な説明を行うことができる。発表会での質問に対して適切な説明を行うことができる。発表会での質問に対して適切な説明を行うことができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A1
JABEE d JABEE f JABEE h
本校教育目標 ① 本校教育目標 ③ 本校教育目標 ⑤

教育方法等

概要:
機械工学関連の一般企業における職場体験や、大学の研究室での先進的な研究体験を通じて、社会の中や最新の研究環境における技術者のあり方を学ぶ。こうした実習の教育効果として、教室では学ぶ機会の少ないコストの視点、理論の製品への実際的適用ならびに実作業を通して理解される理論の技術への応用などを挙げることができる。また体験して初めて工学の奥深さを知ることが可能となり、企業での職場体験では短期間であるが実習配属先で実際の業務に携わることにより、社会の一員としての自覚と責任を感じる場に身を置くことができる。
授業の進め方と授業内容・方法:
事前ガイダンス,各企業による実習,報告書作成,報告会
注意点:
実習に関する安全,指導事項に従うこと

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 実習先における実習テーマの把握:社会の中での位置づけ,および技術的側面からの理解 実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から理解する。
2週 実務作業:設計、研究、製造等 (ア)実習開始や終了等の学校への連絡および正当な理由を欠く遅刻欠勤がないこと。
(イ)実習テーマを、社会の中での位置づけと技術的側面の両面から理解する。
(ウ)実習指導者の指示に従って安全に業務を行うことができる。
(エ)実習内容と成果を要領よく文章でまとめることができる。
(オ)実習を通して気がついた点、反省すべき点を指摘することができる。
3週 実務作業:設計、研究、製造等
4週 実務作業:設計、研究、製造等
5週 実務作業:設計、研究、製造等
6週 実務作業:設計、研究、製造等
7週 実務作業:設計、研究、製造等
8週 実務作業:設計、研究、製造等
9週 実務作業:設計、研究、製造等
10週 実務作業:設計、研究、製造等
11週 実務作業:設計、研究、製造等
12週 実務作業:設計、研究、製造等
13週 実務作業:設計、研究、製造等
14週 実務作業:設計、研究、製造等
15週 実務作業:設計、研究、製造等
16週
後期
1週 実務作業:設計、研究、製造等
2週 実務作業:設計、研究、製造等
3週 実務作業:設計、研究、製造等
4週 実務作業:設計、研究、製造等
5週 実務作業:設計、研究、製造等
6週 実務作業:設計、研究、製造等
7週 実務作業:設計、研究、製造等
8週 実務作業:設計、研究、製造等
9週 実務作業:設計、研究、製造等
10週 実務作業:設計、研究、製造等
11週 実務作業:設計、研究、製造等
12週 実務作業:設計、研究、製造等
13週 実務作業:設計、研究、製造等
14週 実習報告書作成:実習内容、実習状況、実習から体得した事柄、反省点等の記述 (カ)実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて説明することができる。
(キ)発表会での質問に対して適切な説明を行うことができる。
15週 実習報告会でのプレゼンテーション:上記(1)~(3)の内容をまとめ、限られた時間内で視聴覚機材を用いて報告を行う。 (カ)実習内容、自己の習得した事柄を、写真や図表などの視聴覚機器を用いて説明することができる。
(キ)発表会での質問に対して適切な説明を行うことができる。
16週

評価割合

実習報告書実習報告会発表指導者評価合計
総合評価割合303040100
専門的能力303040100