国語Ⅰ乙A

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 国語Ⅰ乙A
科目番号 01122 科目区分 一般 / 必履修,選択必修(国)
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『国語総合 改訂版』(井島正博他著 筑摩書房刊)/『常用国語便覧』(加藤道理他編著 浜島書店刊)、古語辞典
担当教員 玉田 沙織

到達目標

(ア)伝統的な言語文化への興味・関心を広く持ち、その特徴を説明できる。
(イ)複数の代表的な古典に描かれた、ものの見方を理解し、自分の意見を述べることができる。
(ウ)目的に応じて、適切な情報収集を行うことができる。
(エ)目的に応じて、適切な情報収集を基にして、分析・整理することができる。
(オ)情報の収集・分析・整理を基にして、主張が効果的に伝わるように論理の構成や展開を工夫し、報告を作成することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目(ア)伝統的な言語文化の特徴を広く理解し、説明できる。伝統的な言語文化の特徴を広く理解できる。伝統的な言語文化の特徴を理解できない。
評価項目(イ)複数の代表的な古典に描かれた、ものの見方を理解し、自分の意見を述べることができる。複数の代表的な古典に描かれた、ものの見方を理解できる。代表的な古典に描かれた、ものの見方を理解できない。
評価項目(ウ)目的に応じて、適切な情報収集を行い、分析・整理することができる。目的に応じて、適切な情報収集を行うことができる。目的に応じて、適切な情報収集を行うことができない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ⑤

教育方法等

概要:
古文・漢文の読解をとおして、当時の時代・文化背景を理解し、ものの考えかたを学び、現代の生活に生かす力を身につける。入門として、古典文学は仮名遣いから学ぶ。古典文法の概要を理解し、古語辞典を用い、自分で理解できる力をつける。現代語との比較から古語を考え、言語の歴史的な面も学ぶ。現代にはない文学の形態を学び、その楽しみ・特色を理解し、鑑賞する。また、漢文は、訓読のきまりから学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
古語辞典を準備する。現代語の国文法の考え方を身につけておくこと。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス(到達目標の提示と注意点の確認)・古文入門(古語と現代語との相違 歴史的仮名遣い 古語辞書の用い方) 到達目標と注意点を理解できる。古文読解に必須の基礎知識を理解できる。
2週 古典の動詞(国文法の考え方 意味・種類・現代語との相違)・説話の読解1(古文の入門として 古文の読み方) 古文読解に必須の基礎知識を理解できる。説話作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。
3週 古典の助動詞(国文法の考え方 意味・種類・現代語との相違)・説話の読解2(古文の入門として 古典語の文法) 古文読解に必須の基礎知識を理解できる。説話作品の主題などを理解できる。
4週 物語の読解1(時代・文化の背景) 物語作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。
5週 物語の読解2(語句解釈)・和歌の読解1(和歌の修辞法) 物語作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。和歌の読解に必須の基礎知識を理解できる。
6週 物語の読解3(語句解釈)和歌の読解2(和歌作品の概説) 物語作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。和歌作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。
7週 物語の読解4(主題把握)・和歌の読解3(和歌作品の解釈・鑑賞) 物語作品の主題などを理解できる。和歌作品の主題などを理解できる。
8週 物語の読解5(文章法理解 鑑賞)・和歌の読解4(和歌作品の解釈・鑑賞) 物語作品の主題などを理解できる。和歌作品の主題などを理解できる。
9週 レポート1(作成法理解 情報収集・分析・整理) 報告の作成について、要点を理解できる。報告の作成に必要な情報を収集・整理・分析できる。
10週 レポート2(情報収集・分析・整理) 報告の作成に必要な情報を収集・整理・分析できる。
11週 レポート3(情報収集・分析・整理 作成) 情報を収集・整理・分析し、報告を作成することができる。
12週 説話の読解1(時代・文化の背景)・和歌の読解5(和歌作品の解釈・鑑賞) 説話作品の読解に必須の基礎知識を理解できる。和歌作品の主題などを理解できる。
13週 説話の読解2(語句解釈 主題把握)・和歌の読解6(和歌作品の解釈・鑑賞) 説話作品の主題などを理解できる。和歌作品の主題などを理解できる。
14週 説話の読解3(文章法理解 鑑賞)・和歌の読解7(和歌作品の解釈・鑑賞) 説話作品の主題などを理解できる。和歌作品の主題などを理解できる。
15週 まとめ(学習内容・学習成果の振り返り) 今期の学習内容・学習成果を振り返り、整理できる。
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合304525100
基礎的能力304525100