英語講読ⅡA

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 英語講読ⅡA
科目番号 02128 科目区分 一般 / 選択必修(英)
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「NEW FLAG II English Communication」(ISBN978-4-424-96629-6) (増進堂) 「NEW FLAG II English Communication 予習ノート」(増進堂)/「COCET2600」(成美堂)
担当教員 鈴木 基伸,長岡 美晴,水口 陽子

到達目標

(ア)複雑な英文構造を把握し、意味が理解できる。
(イ)新出単語の意味と、発音、アクセントの位置を把握することができる。)
(ウ)高等学校学習指導要領に示されているレベルの文法事項や構文を習得する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目(ア)複雑な英文構造を正しく把握し、意味を正確に理解でき、運用できる。複雑な英文構造を把握し、意味が理解できる。複雑な英文構造を把握できず、意味を理解することもできない。
評価項目(イ)新出単語の意味と、正確な発音、アクセントの位置を正しく把握することができる。新出単語の意味と、発音、アクセントの位置を把握することができる。新出単語の意味、発音、アクセントの位置を把握することができない。
評価項目(ウ)高等学校学習指導要領に示されているレベルの文法事項や構文を習得し、運用できる。高等学校学習指導要領に示されているレベルの文法事項や構文を習得する。高等学校学習指導要領に示されているレベルの文法事項や構文が習得できない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ④

教育方法等

概要:
「英語講読Ⅰ」で学習した多様な読み方(精読、速読・多読)を英文の種類や読み手の目的に応じて使い分ける訓練をすることによって、多様な種類、内容、長さの英文をより速く正確に読む力を伸ばすことを目標とする。1年次までに学習した英文法や総計1400語の語彙を定着させ、さらに読解に必要な300語程度の語彙を習得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
必ず予習をして授業に臨み、英和辞典を持参すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 さくら道についての英文読解(1) 授業内容の英文の読解ができる。
2週 さくら道についての英文読解(2) 授業内容の英文の読解ができる。
3週 さくら道についての英文読解(3) 授業内容の英文の読解ができる。
4週 英語学習についての英文読解(1) 授業内容の英文の読解ができる。
5週 英語学習についての英文読解(2) 授業内容の英文の読解ができる。
6週 英語学習についての英文読解(3) 授業内容の英文の読解ができる。
7週 バスボイコット事件についての英文読解(1) 授業内容の英文の読解ができる。
8週 バスボイコット事件についての英文読解(2) 授業内容の英文の読解ができる。
9週 バスボイコット事件についての英文読解(3) 授業内容の英文の読解ができる。
10週 誤解についての英文読解(1) 授業内容の英文の読解ができる。
11週 誤解についての英文読解(2) 授業内容の英文の読解ができる。
12週 誤解についての英文読解(3) 授業内容の英文の読解ができる。
13週 地雷の実態についての英文読解(1) 授業内容の英文の読解ができる。
14週 地雷の実態についての英文読解(2) 授業内容の英文の読解ができる。
15週 前学期のまとめ 前学期の内容が理解できる。
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合305020100
基礎的能力305020100