英語講読ⅢB

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 英語講読ⅢB
科目番号 03227 科目区分 一般 / 選択必修(英)
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 3
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 Interpretive Reading(自作テキスト)
担当教員 鈴木 基伸

到達目標

(ア)Interpretive Readingの学習を通して、英文の内容を把握し、毎分120語程度の速度で聞いて、概要を把握し、情報を聞き取り、関心のあるトピックについて、200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができる。
(イ)英語コミュニケーションのための基礎的スキルとして、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答、発表のための準備活動や情報収集、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)の使用、および平易な英語での口頭発表や内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができる。
(ウ)母国以外の言語や文化や歴史に敬意を払い、様々な国の生活習慣や宗教的信条、価値観などの基本的な事項について理解し、異文化の事象を自分たちの文化と関連付けて解釈し、教室内外で英語で円滑なコミュニケーションをとることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目(ア)Interpretive Readingの学習を通して、英文の内容を把握し、毎分120語程度の速度で聞いて、概要を把握し、情報を聞き取り、関心のあるトピックについて、200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができる。Interpretive Readingの学習を通して、英文の内容を把握し、毎分100語程度の速度で聞いて、概要を把握し、情報を聞き取り、関心のあるトピックについて、120語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができる。Interpretive Readingの学習を通して、英文の内容を把握し、毎分120語程度の速度で聞いて、概要を把握し、情報を聞き取り、関心のあるトピックについて、200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができない。
評価項目(イ)英語コミュニケーションのための基礎的スキルとして、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答、発表のための準備活動や情報収集、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)の使用、および平易な英語での口頭発表や内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができる。英語コミュニケーションのための基礎的スキルとして、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答、発表のための準備活動や情報収集はできるが、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)のうち、「代用表現、聞き返し」ができない。また平易な英語での口頭発表はできるが、内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができない。英語コミュニケーションのための基礎的スキルとして、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答、発表のための準備活動や情報収集、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)の使用、および平易な英語での口頭発表や内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができない。
評価項目(ウ)母国以外の言語や文化や歴史に敬意を払い、様々な国の生活習慣や宗教的信条、価値観などの基本的な事項について理解し、異文化の事象を自分たちの文化と関連付けて解釈し、教室内外で英語で円滑なコミュニケーションをとることができる。母国以外の言語や文化や歴史に敬意を払い、様々な国の生活習慣や宗教的信条、価値観などの基本的な事項について理解し、異文化の事象を自分たちの文化と関連付けて解釈、および、教室内での英語による円滑なコミュニケーションをとることができるが、教室外では英語によるコミュニケーションをとることが困難である。母国以外の言語や文化や歴史に敬意を払い、様々な国の生活習慣や宗教的信条、価値観などの基本的な事項について理解し、異文化の事象を自分たちの文化と関連付けて解釈し、教室内外で英語で円滑なコミュニケーションをとることができない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ④

教育方法等

概要:
前学期に続いて、Interpretive Readingの学習を通して、英語の四技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)の総合的な力を養う。また、英語コミュニケーションのための基礎的スキルとして、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答の仕方、発表のための準備や情報収集の方法、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)の使い方を学ぶ。さらに、母国以外の言語や文化や歴史に敬意を払い、様々な国の生活習慣や宗教的信条、価値観などの基本的な事項について理解し、異文化の事象を自分たちの文化と関連付けて解釈する心を養う。
授業の進め方と授業内容・方法:
Interpretive Readingによる英文解釈の基本である「7つのポイント(Who, To whom, When, Where, Why, What, How)」を常に意識して英文を分析し、音読し、取り込んでいく、という方法を取る。また、学んだ英文を「モード転換」する活動を通して、英文にある語彙や表現を日常の会話にすぐに使えるように内在化する。また、英語という、日本語と異なる表現形式に習熟できるように、「パラグラフ・ライティング」の基本を解説し、演習を行う。
注意点:
学んだ英文は、何度も音読し、自分の中に取り込んでいくこと。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 Lesson 11 Look To This Day (1) 詩(Look To This Day)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
2週 Lesson 11 Look To This Day (2) 1週目に行った解釈を基に、詩(Look To This Day)のモード転換を行う。
3週 Lesson 12 Virginia's Letter (1) 手紙(Virginia's Letter前半)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
4週 Lesson 12 Virginia's Letter (2) 手紙(Virginia's Letter後半)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
5週 Lesson 12 Virginia's Letter (3) 3・4週目に行った解釈を基に、手紙(Virginia's Letter)のモード転換を行う。
6週 課題発表会1 1~5週で学んだ英文をinterpretive readingを踏まえて発表する。
7週 Lesson 13 The Final Speech from The Great Dictator (1) スピーチ(The Final Speech from The Great Dictator前半)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
8週 Lesson 13 The Final Speech from The Great Dictator (2) スピーチ(The Final Speech from The Great Dictator中半)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
9週 Lesson 13 The Final Speech from The Great Dictator (3) スピーチ(The Final Speech from The Great Dictator後半)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
10週 Lesson 13 The Final Speech from The Great Dictator (4) 7・8・9週目に行った解釈を基に、スピーチ(The Final Speech from The Great Dictator)のモード転換を行う。
11週 Lesson 13 The Final Speech from The Great Dictator (5) 映画"The Great Dictator"を通して、Charles Chaplinのスピーチを学ぶ。
12週 Lesson 14 Your Mind, Like Your Body(1) 評論(Your Mind, Like Your Body)を、interpretive readingに基づいて解釈する。
13週 Lesson 14 Your Mind, Like Your Body(2) 12週目に行った解釈を基に、評論(Your Mind, Like Your Body)のモード転換を行う。
14週 課題発表会2 7~13週で学んだ英文をinterpretive readingを踏まえて発表する。
15週 まとめ interpretive readingによる英文解釈とはどのようなものであるかを再確認する。
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合305020100
基礎的能力305020100