科学英語基礎ⅡA

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 科学英語基礎ⅡA
科目番号 04125 科目区分 一般 / 選択必修(英)
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「Science in Our Daily Life」 Kobayashi Toshihiko 他著(成美堂)」  (ISBN978-4-7919-3416-4)/プリント教材
担当教員 神谷 昌明,出嶋 真由美

到達目標

(ア)科学論説文の読解に必要な語彙を習得する。
(イ)文法・語法を習得し、運用できる。
(ウ)科学論説文で使用される基礎単語を聞き取ることができる。
(エ)科学論説文を読んで、概要や要点を把握することができる。
(オ)科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について考えることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目科学論説文の読解に必要な語彙・文法・語法を習得する。科学論説文の読解に必要な語彙・文法・語法が理解できる。科学論説文の読解に必要な語彙・文法・語法が理解できない。
評価項目科学論説文で使用される基礎単語を聞き取ることができる。科学論説文で使用される基礎単語を(何回も聞けば)聞き取ることができる。科学論説文で使用される基礎単語を聞き取ることができない。
評価項目科学論説文を読んで、概要や要点を把握し、科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について考えることができる。科学論説文を読んで、概要や要点を把握し、科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について理解できる。科学論説文を読んで、概要や要点を把握し、科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について理解できない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ④

教育方法等

概要:
3年次の「科学英語基礎I AB」で習得した科学・技術分野で使用される語彙、語法・文法の知識を基礎とし、さらに発展的な科学論説文を題材に、その英文読解の訓練を行う。教科書で扱っているトピックは多岐にわたり、科学論説文ゆえ、分析と観察に基づく明快な結論が提示されている。読解に加えて、文法の復習と確認、英作文の練習を行い、文法力の伸長を図りたい。また、科学論説文の読解に必要な語彙の定着のための語彙学習も行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス、Phone Dirtについての英文読解 Phone Dirtについての英文が理解できる。
2週 Phone Dirtについての英文読解 Phone Dirtについての英文が理解できる
3週 Driverless Bussesについての英文読解 Driverless Bussesについての英文が理解できる。
4週 Driverless Bussesについての英文読解 Driverless Bussesについての英文が理解できる。
5週 Stealth Keysについての英文読解 Stealth Keysについての英文が理解できる。
6週 Unfamiliar Sources of Energyについての英文読解 Unfamiliar Sources of Energyについての英文が理解できる。
7週 Delivery by Droneについての英文読解 Delivery by Droneについての英文が理解できる。
8週 Uberについての英文読解 Uberについての英文が理解できる。
9週 Convenience Storesについての英文読解 Convenience Storesについての英文が理解できる
10週 Learn English with a Robotについての英文読解 Learn English with a Robotについての英文が理解できる。
11週 Noise Levelについての英文読解 Noise Levelについての英文が理解できる。
12週 Reading Facesについての英文読解 Reading Facesについての英文が理解できる。
13週 Reading Facesについての英文読解 Reading Facesについての英文が理解できる。
14週 科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について考える。 科学技術が果たすべき役割や技術者の責任ある行動について考えることができる。
15週 前期の(総)まとめ 科学英語に出てくる基本的な専門語彙・語法などが理解できる。
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合305020100
基礎的能力305020100