情報基礎

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 情報基礎
科目番号 31114 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 インターネット社会を生きるための情報倫理 改訂版,実教出版 ISBN:978-4-407-34621-3
担当教員 稲垣 宏

目的・到達目標

(ア)情報伝達システムの考え方,および情報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
(イ)情報技術の進展が社会に及ぼす影響,および個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
(ウ)インターネットの仕組みを理解し,実践的に使用できる。
(エ)情報セキュリティの必要性や,コンピュータを扱っている際に遭遇しうる様々な脅威の実態とその対策について理解できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目(ア)ネットワーク、電子メールの基本的な仕組みを理解しており、第三者に対して説明ができる。ネットワーク、電子メールの基本的な仕組みを理解している。ネットワーク、電子メールの基本的な仕組みを理解できていない。
評価項目(イ)ネットワークセキュリティや著作権、エチケット、脅威について理解し、第三者に説明できる。ネットワーク社会でのセキュリティや著作権、エチケット、脅威について理解している。ネットワーク社会でのセキュリティや著作権、エチケット、脅威について理解できていない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ⑤ 技術者倫理

教育方法等

概要:
コンピュータおよびインターネットに対する付き合い方について,「技術」だけではなく,「法律」や「モラル」,「社会への影響」といった多様な観点から学ぶ科目である。
授業の進め方と授業内容・方法:
多くの事例紹介を通して,自らの考えをまとめ,発信する。それにより,メディアリテラシー力の向上を図る。
注意点:

選択必修の種別・旧カリ科目名

選択必修2
旧カリ科目名:情報倫理

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業
必履修

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 情報倫理とは(シラバスの説明)、現代の情報社会に至るまでの歴史的背景 情報通信技術と倫理との関わりを理解できる。
2週 インターネット社会の良し悪し,情報の性質 情報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
3週 情報の受信者・発信者としての責任(情報の信頼性) 情報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
4週 情報の受信者・発信者としての責任(情報の信頼性) 情報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
5週 情報の受信者・発信者としての責任(情報の信頼性) 報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
6週 まとめ:インターネット社会の良し悪し,情報の性質,情報の信頼性
情報の意味と情報を適切に収集・処理・発信するための基礎的な知識を理解し,活用できる。
7週 個人情報の取り扱い(個人情報の流出と保護) 個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
8週 インターネットにおける知的財産(著作権) 個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
2ndQ
9週 インターネットにおける知的財産(著作権) 個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
10週 インターネットにおける知的財産(著作権) 個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
11週 まとめ:個人情報の流出と保護,著作権 個人情報保護法や著作権法などの法律との関連について理解できる。
12週 インターネット・コミュニケーション
インターネット上でのトラブルと犯罪
電子メールやWebのしくみを説明することができるとともに,マナーやルールについても理解している。
13週 スマートフォン利用による生活スタイルの変化,健康面への影響 スマートフォンの普及による生活の変化や健康面への影響について説明できる。
14週 情報セキュリティ技術
情報セキュリティの概要について説明できる。
15週 コンピュータへの脅威,インターネット上の犯罪例 コンピュータ被害の実例について説明できる。
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力工学基礎技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史技術者倫理(知的財産、法令順守、持続可能性を含む)および技術史情報技術の進展が社会に及ぼす影響、個人情報保護法、著作権などの法律について説明できる。3
高度情報通信ネットワーク社会の中核にある情報通信技術と倫理との関わりを説明できる。3
情報リテラシー情報リテラシー情報セキュリティの必要性および守るべき情報を認識している。4前9
個人情報とプライバシー保護の考え方についての基本的な配慮ができる。4前3
インターネット(SNSを含む)やコンピュータの利用における様々な脅威を認識している4前6,前8,前10
インターネット(SNSを含む)やコンピュータの利用における様々な脅威に対して実践すべき対策を説明できる。4前6,前8,前10
専門的能力分野別の専門工学情報系分野その他の学習内容少なくとも一つのメールツールとWebブラウザを使って、メールの送受信とWebブラウジングを行うことができる。4前5
コンピュータウィルスやフィッシングなど、コンピュータを扱っている際に遭遇しうる代表的な脅威について説明できる。4前10
コンピュータを扱っている際に遭遇しうる脅威に対する対策例について説明できる。4前10
基本的な暗号化技術について説明できる。4前9
基本的なアクセス制御技術について説明できる。4前9
マルウェアやフィッシングなど、コンピュータを扱っている際に遭遇しうる代表的な脅威について説明できる。4前10

評価割合

定期試験小テスト合計
総合評価割合4060100
基礎的能力4060100