ディジタル回路Ⅱ

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 ディジタル回路Ⅱ
科目番号 33114 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「基礎からわかる論理回路」 松下俊介 (森北出版) ISBN:978-4627828414
担当教員 木村 勉

到達目標

(ア) PLA が理解でき、簡単な回路が設計できる。
(イ) フリップフロップなどの順序回路の基本素子について、その動作と特性を説明することができる。
(ウ) 与えられた簡単な順序回路の機能を説明することができる。
(エ) 簡単な順序回路を設計することができる。
(オ) エッジトリガ型とマスタースレーブ型の違いが理解できる。
(カ) レジスタやカウンタなどの基本的な順序回路の動作について説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目(ア)PLA が理解でき、その意義が説明できるとともに回路が設計できる。PLA が理解でき、簡単な回路が設計できる。PLA が理解できず、回路の設計ができない。
評価項目(イ)ラッチやフリップフロップ,レジスタなどの順序回路の基本素子について、その動作と特性,さらにエッジトリガ型とマスタースレーブ型の違いを説明することができる。ラッチやフリップフロップ,レジスタなどの順序回路の基本素子について、その動作と特性を理解することができる。ラッチやフリップフロップ,レジスタなどの順序回路の基本素子について、その動作と特性について理解できない。
評価項目(ウ)任意の動作をするカウンタなど複雑な順序回路の設計ができる。簡単な順序回路の設計ができる。順序回路の設計ができない。

学科の到達目標項目との関係

本校教育目標 ①

教育方法等

概要:
ディジタル回路IA、Bに引き続いて行われる授業である。組合わせ回路が容易に設計できるPLA、コンピュータなどに用いられるメモリの原理ともなるフリップフロップ回路やカウンタ回路の設計など、実際の応用を意識しながら学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
ディジタル回路について例題を解きながら説明を行う。また、基本的に毎回最後に演習問題を解いて、各自の理解度を確認しながら進める。
適宜小テストを行う。
注意点:
情報技術概論、ディジタル回路IA、Bを修得していることを前提に授業を進める。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス:シラバスの説明、PLA:ANDアレイとORアレイの組合せによる回路の実現 PLAについて理解ができる。
2週 二安定回路(フリップフロップとラッチ) 二安定回路について理解ができる。
3週 SRラッチ SRラッチについて理解ができる。
4週 Dラッチ Dラッチについて理解ができる。
5週 クロックと伝搬遅延 クロックと伝搬遅延の意味が理解できる
6週 Dフリップフロップ -フリップフロップとラッチとの違い- Dフリップフロップについて理解ができるとともにラッチとフリップフロップの違いについても理解ができる。
7週 Tフリップフロップ Tフリップフロップについて理解ができる。
8週 JKフリップフロップ JKフリップフロップについて理解ができる。
9週 JKフリップフロップによる各種フリップフロップの実現 JKフリップフロップによる各種フリップフロップへの変換について理解ができる。
10週 フリップフロップの内部構成 -エッジトリガ型とマスタースレーブ型の違い- フリップフロップの内部構造について理解ができる。
11週 カウンタ回路 -非同期式カウンタの設計- 非同期式カウンターの設計ができる。
12週 カウンタ回路 -同期式カウンタ:励起表による設計- 励起表による同期式カウンターの設計ができる。
13週 カウンタ回路 -同期式カウンタ:特性方程式による設計- 特性方程式による同期式カウンターの設計ができる。
14週 レジスタ回路 レジスタ回路について理解ができる。
15週 総まとめ これまでの復習を行って、各自で理解度を確認する。
16週

評価割合

小テスト定期試験課題合計
総合評価割合405010100
基礎的能力405010100