エンジニアリングデザインA

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 エンジニアリングデザインA
科目番号 34103 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 1
教科書/教材 Arduinoをはじめよう Massimo Banzi (著), 船田 巧 (翻訳) (オライリー・ジャパン),ISBN:978-4-87311-733-1/実験指導書を配付またはLAN上で閲覧できるようにする
担当教員 村田 匡輝,藤原 賢二,安藤 浩哉

到達目標

(ア)複数のモーターの種類とその特性を理解している。
(イ)ダイオード,トランジスタなどの半導体素子の基本的な特徴および特性を理解している。
(ウ)モーターのPWM制御方法を理解している。
(エ)複数のセンサーの種類と特徴を理解している。
(オ)割り込みについて理解している。
(カ)システム開発の手順を理解している。

ルーブリック

最低限の到達レベルの目安(優)最低限の到達レベルの目安(良)最低限の到達レベルの目安(不可)
評価項目(ア)複数のモーター、センサーの種類、ダイオード、トランジスタなどの半導体素子の基本的な特徴、および、それらの特性を理解し、説明できる。複数のモーター、センサーの種類、ダイオード、トランジスタなどの半導体素子の基本的な特徴、および、それらの特性を理解している。複数のモーター、センサーの種類、ダイオード、トランジスタなどの半導体素子の基本的な特徴、および、それらの特性を理解できない。
評価項目(イ)システム開発の手順を理解し、説明できる。システム開発の手順を理解している。システム開発の手順を理解できない。
評価項目(ウ)モーターのPWM制御方法、割り込みを理解し、プログラムにより制御を実現できる。モーターのPWM制御方法、割り込みを理解している。モーターのPWM制御方法、割り込みを理解できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 B1, 学習・教育到達度目標 B2, 学習・教育到達度目標 B3, 学習・教育到達度目標 B4, JABEE d, JABEE e, JABEE f, JABEE g, JABEE h, JABEE i, 本校教育目標 ②, 本校教育目標 ③, 本校教育目標 ④

教育方法等

概要:
情報工学科における工学実験の仕上げとして,学生個人もしくはグループで,それぞれが自由度の高いテーマに対して,システム開発の各工程(要求分析、仕様策定、実装、試験)の一連のプロセスを体験し,ハードウェアの観点から「ものづくり」の楽しさを体感しながら,卒業研究を遂行するにあたって必要な実力を身につけることを目的とする。特に,本科目は「エンジニアリングデザイン実習ⅠA」を実施するのに必要となる技術を理解することを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
4年前学期までのすべての科目を履修していることを前提とした内容の実験を行う。「情報科学」教育プログラムの必修科目である。継続的に授業内容の予習・復習を行うこと。授業内容について、決められた期日までの課題(レポート)提出を求める。実験テキストの内容を復習し、わからない用語や事柄については自学自習しておくこと。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 シラバスを用いた説明(ガイダンス),モーターの種類と特性 モーターの種類と特性を理解する。
2週 シラバスを用いた説明(ガイダンス),モーターの種類と特性 DCモーターを扱うことができる。
3週 半導体について 半導体について理解する。
4週 半導体について 半導体について理解する。
5週 ダイオードとトランジスタ(モータードライバ) ダイオードとトランジスタについて理解する。
6週 ダイオードとトランジスタ(モータードライバ) ダイオードとトランジスタについて理解する。
7週 モーターの制御(PWM制御) PWM制御について理解する。
8週 モーターの制御(PWM制御) PWM制御を実現することができる。
9週 センサーの種類とその特徴 センサーの種類と特徴を理解する。
10週 センサーの種類とその特徴 光センサーを扱うことができる。
11週 割り込み 割り込み制御について理解する。
12週 割り込み 割り込み制御を実現できる。
13週 システム開発の手順 システム開発の手順を理解する。
14週 システム開発の手順 システム開発の手順を説明できる。
15週 システム開発の手順 システム開発の状況を報告できる。
16週

評価割合

定期試験課題合計
総合評価割合5050100
専門的能力5050100