情報ネットワーク論

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 情報ネットワーク論
科目番号 35201 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 情報工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 「情報ネットワーク (未来へつなぐ デジタルシリーズ3) 」 白鳥則朗著(共立出版) ISBN: 978-4320123038/「マスタリングTCP/IP」竹下隆史他著(オーム社)ISBN: 978-4274068768、「TCP/IPによるネットワーク構築〈Vol.1〉」Douglas E. Comer (著), 村井純, 楠本博之(翻訳)(共立出版) ISBN: 978-4320120549
担当教員 平野 学

到達目標

(ア)インターネットワーキングの概念、パケット交換、プロトコルの階層化について説明できる。
(イ)応用層のプロトコルについて説明できる。
(ウ)トランスポート層プロトコルについて説明できる。
(エ)TCP のコネクション確立、確認応答、フロー制御のしくみを説明できる。
(オ)IP によるアドレッシングと基本的な経路制御のしくみを説明できる。
(カ)データリンク層について説明できる。
(キ)ネットワークセキュリティについて説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安最低限の到達レベルの目安(良)未到達レベルの目安
評価項目(ア)インターネットワーキングの概念、パケット交換、プロトコルの階層化について詳細に説明できる。インターネットワーキングの概念、パケット交換、プロトコルの階層化について説明できる。インターネットワーキングの概念、パケット交換、プロトコルの階層化について説明できない。
評価項目(イ)応用層プロトコル、トランスポート層プロトコル、TCPのコネクション確立・確認応答・フロー制御、データリンク層について詳細に説明できる。応用層プロトコル、トランスポート層プロトコル、TCPのコネクション確立・確認応答・フロー制御、データリンク層について説明できる。応用層プロトコル、トランスポート層プロトコル、TCPのコネクション確立・確認応答・フロー制御、データリンク層について説明できない。
評価項目(ウ)TCP/IPのネットワークセキュリティに関する応用的事項を説明できる。TCP/IPのネットワークセキュリティに関する基礎的事項を説明できる。TCP/IPのネットワークセキュリティに関する基礎的事項を説明できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A3, JABEE d, 本校教育目標 ②

教育方法等

概要:
この講義ではインターネットの基盤技術を理解することを目的とする。階層化アーキテクチャを中心に、物理データ伝送、パケット交換ネットワーク、ネットワーク層プロトコル Internet Protocol (IP) と経路制御(ルーティング)、トランスポート層プロトコルの User Datagram Protocol (UDP) とTransmission Control Protocol (TCP) 、代表的な応用層プロトコルについて学ぶ。この講義を通して、企業等で情報ネットワークを構築するための基礎知識を身につける。本講義では実通信データをプロトコル解析ソフトウェアによって解析する手法を学ぶことで、本講義で学ぶ机上の理論を、実システムを流れる通信データと対応付けて理解できるようになることを目指す。
授業の進め方と授業内容・方法:
注意点:
「情報科学」教育プログラムの必修科目である。継続的に授業内容の予習・復習を行うこと。授業内容について、決められた期日までの課題(レポート)提出を求める。ノートパソコンを持参すること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 シラバスを用いた授業の説明、ユビキタス情報社会とインターネット: インターネットの歴史、構成要素 インターネットの歴史、構成要素を理解できる。
2週 ネットワークサービスの事例: 社会基盤、電子商取引、エンターテインメントなどのアプリケーション ネットワークサービスの事例を理解できる。
3週 ネットワークアーキテクチャ: パケット交換、プロトコル、OSI参照モデル、TCP/IP階層モデル、中継システム パケット交換、プロトコル、OSI参照モデル、TCP/IP階層モデル、中継システムを理解できる。
4週 応用層(1): 電子メール、WWW、ビデオ配信、DNS 電子メール、WWW、ビデオ配信、DNSの応用層プロトコルの概略を理解できる。
5週 応用層(2): 電子メール、WWW、ビデオ配信、DNS 電子メール、WWW、ビデオ配信、DNSの応用層プロトコルの概略を理解できる。
6週 トランスポート層(1): UDP、DNSの解析 トランスポート層、とくにUDPの仕組みとフォーマットを理解できる。
7週 トランスポート層(2): TCP、スリーウェイハンドシェイク、フロー制御、輻輳制御 TCP、スリーウェイハンドシェイク、フロー制御、輻輳制御を理解できる。
8週 トランスポート層(3): TCP、スリーウェイハンドシェイク、フロー制御、輻輳制御 TCP、スリーウェイハンドシェイク、フロー制御、輻輳制御を理解できる。
9週 ネットワーク層(1): Internet Protocol、経路制御、ICMP Internet Protocol、経路制御、ICMPの概略をを理解できる。
10週 ネットワーク層(2): ARP、DHCP、IPv6 ARP、DHCP、IPv6の概略を理解できる。
11週 データリンク層とローカルエリアネットワーク: 全二重通信、ノードの接続形態、データリンク制御、イーサネットフレーム 全二重通信、ノードの接続形態、データリンク制御、イーサネットフレームを理解できる。
12週 ワイドエリアネットワーク: PPP、FTTH、VPN ワイドエリアネットワーク、とくにPPP、FTTH、VPNについて理解できる。
13週 物理層: 通信媒体、符号化方式、伝送方式 物理層の通信媒体、符号化方式、伝送方式について理解できる。
14週 ネットワークセキュリティ: PKI、IPsec、ファイアウォール、WWWセキュリティ ネットワークセキュリティ、とくにPKI、IPsec、ファイアウォール、WWWセキュリティの概略について理解できる。
15週 総まとめ 総まとめ
16週

評価割合

中間試験定期試験課題合計
総合評価割合305020100
専門的能力305020100