上級英語表現

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 上級英語表現
科目番号 90014 科目区分 一般 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 情報科学専攻 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 英文読解の透視図(研究社)
担当教員 遠藤 颯馬

目的・到達目標

(ア)文法的知識に基づき、難解な英文を読解することができる。
(イ)日本語と英語の言語的な違いを説明することができる。
(ウ)慣用句(イディオム)、句動詞、慣用連語を習得する。
(エ)文法事項を正しく理解することができる。
(オ)読んだ英文に対して、適切な日本語で自分の意見を述べることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目聴解・読解を通してテーマに関する情報を正確に把握することができる。教員の助言を聞きながら、聴解・読解を通してテーマに関する情報を把握することができる。英文を理解することができない。
評価項目テーマに関する情報について自身の考えを口頭で具体的に伝えることができる。教員の助言を聞きながら、テーマに関する情報について自身の考えを口頭で具体的に伝えることができる。テーマに関する情報について自身の考えを口頭で具体的に伝えることができない。
評価項目テーマに関する情報について自身の考えを書いて具体的にまとめることができる。教員の助言を聞きながら、テーマに関する情報について自身の考えを書いて具体的にまとめることができる。テーマに関する情報について自身の考えを書いて具体的にまとめることがでない。

学科の到達目標項目との関係

JABEE a 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
JABEE f 論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
本校教育目標 ④ コミュニケーション能力

教育方法等

概要:
本授業の目的は、難解な英文を文法的な知識に依拠しながら読むという姿勢を確立してもらうことにある。英字新聞や学術論文で使われる英語は、語彙も構文も極めて多様にであり、難解である。そのような英文を理解するには、感覚的な読み方は通用せず、文法的な知識を基に、理詰めで英文を解釈してく作業が必要とされる。本授業では、英文解釈の技術を体系的に扱うことで、確かな英語力を養ってもらう。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業では、教科書の英文を読むことで、英文解釈の技術を習得してもらう。その際、教員が解説をいきなり述べてしまうのではなく、まず最初に学生の意見を求める。それを基に、討論をすることで、授業を展開していく。主体的な授業参加を期待している。
注意点:
教科書及び英和辞典(電子辞書も可)を持参すること。決められた期日までの課題(レポート)提出を求める。

選択必修の種別・旧カリ科目名

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス、第1章 英文構造の透視図 第1講 要素の確定・移動
(S+V+副詞句+O、S+V+副詞句+Cの構造)
文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
2週 第1講 要素の確定・移動 (O+S+Vの構造、C+be動詞+Sの構造) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
3週 第1講 要素の確定・移動 (S+V+C+Oの構造) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
4週 第2講 成句的動詞表現とその後続要素の確定 (S+V+A+前置詞+Bの構造、成句的動詞表現の後続要素の移動) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
5週 第3講 接続詞 and/but/orの結ぶもの (文構造上確定できる場合、文構造上確定困難な場合) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
6週 第2章 省略・倒置・挿入・強調の透視図 第1講 省略(共通語句の省略、接続詞の後のS+Vの省略) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
7週 第2講 倒置(強制倒置の生じる場合、その他の倒置) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
8週 第3講 挿入 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
2ndQ
9週 第4講 強調(強調構文の考え方・見分け方) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
10週 第3章 仮定法・比較表現の透視図 第1講 仮定法の諸問題 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
11週 第2講 比較表現全般における諸問題(比較対象の確定・省略) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
12週 第2講 比較表現全般における諸問題(as/than以下の倒置・比較対象の前方への繰り出し) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
13週 第3講 重要比較表現における諸問題(最上級的意の内在・no+比較級+thanの研究) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
14週 第3講 重要比較表現における諸問題(the+比較級~、the+比較級~) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
15週 まとめ(卒業問題) 文法的な知識に依拠しながら、英文を読解することができる。自分の意見を適切な日本語で述べることができる。
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

定期試験課題合計
総合評価割合8020100
分野横断的能力8020100