都市地域解析論

科目基礎情報

学校 豊田工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 都市地域解析論
科目番号 92023 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 情報科学専攻 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 特に指定しない/適宜、プリントを配布する
担当教員 佐藤 雄哉

目的・到達目標

(ア)空間解析を行うことの意味を理解し、説明できる。
(イ)GISの仕組みとその有用性について理解し、実例と関連付けて説明できる。
(ウ)地図の種類や表現手法を説明できる。
(エ)統計データの整備状況を理解し、実地域の統計データを使用して現状を把握できる。
(オ)空間解析手法を活用した地域分析について理解し、実際に取り組める。
(カ)地図などを用いて地域の特性把握に取り組むことができる。
(キ)空間的データから地域の課題や特徴を把握することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安最低限の到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目(ア)空間解析を行うことの意味その実際、GISの仕組みとその有用性について理解し、応用的な事例について説明できる。空間解析を行うことの意味やGISの仕組みとその有用性について理解し、実例と関連付けて説明できる。空間解析を行うことの意味やGISの仕組みとその有用性について理解しておらず、実例と関連付けて説明できない。
評価項目(イ)地図の種類や表現手法を説明できるとともに、その活用事例を考察することができる。また、統計データの整備状況とその活用実態を理解し、実地域の統計データを使用して現状を把握できる。さらに、空間解析手法を活用した応用的な地域分析について理解し、実際に取り組める。地図の種類や表現手法を説明できるとともに、統計データの整備状況を理解し、実地域の統計データを使用して現状を把握できる。また、空間解析手法を活用した地域分析について理解し、実際に取り組める。地図の種類や表現手法を説明できず、統計データの整備状況を理解しておらず、実地域の統計データを使用して現状を把握できていない。また、空間解析手法を活用した地域分析について理解しておらず、実際に取り組めない。
評価項目(ウ)空間的データから複合的に地域の課題や特徴を把握することができる。また、地図など複数の既存の画像データなどを用いて地域特性を把握することができる。空間的データから地域の課題や特徴を把握することができる。また、地図を用いて地域特性を把握することができる。空間的データから地域の課題や特徴を把握することができない。また、地図を用いて地域特性を把握することができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 C2 世界の文化・歴史を理解し,人間に対する配慮を怠らない.
JABEE a 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
JABEE b 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任
本校教育目標 ① ものづくり能力
本校教育目標 ② 基礎学力
本校教育目標 ③ 問題解決能力

教育方法等

概要:
都市・地域の情報を地理的に分析し、その科学的な結果を根拠とし都市計画や都市政策における意思決定に反映させることは重要である。現在、産官問わず都市計画に係る多くの実務においてGIS(Geographic Information System:地理情報システム)が活用されており、今後なお一層の利活用が期待される。本科目では、都市・地域の課題を明らかにするための知識や技能の習得を目指す。
授業の進め方と授業内容・方法:
本講義では、定量的に都市・地域を解析するための理論を学ぶとともに、実際に身近な都市・地域のデータを分析することにより、都市・地域の課題を明らかにするための手法を学ぶ。
注意点:
(自学自習内容)授業後に必ず復習し、学習内容の理解を深めること。

選択必修の種別・旧カリ科目名

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 地理情報システム(GIS)の概要:地図の表現手法(凡例・縮尺)、地理情報データの構成要素、投影法(復習:GISの活用事例) 地理情報システム(GIS)の概要を理解している。
2週 GISの適用事例:防災、防犯、マーケティングなど(復習:投影法・測地系・座標系) GISの適用事例を考察できる。
3週 地理情報のデータベース化:ラスタ化、ベクタ化、地理座標系、投影座標系など(復習:GISの利用事例) 地理情報のデータベース化について説明できる。
4週 地理情報のデータベース化:ラスタ化、ベクタ化、地理座標系、投影座標系など(復習:一般図と主題図の違い) 地理情報のデータベース化について説明できる。
5週 地域の問題の可視化:統計データ(国勢調査等)を活用した小地域の分析など(復習:ボロノイ分割) 地域の問題を可視化するための分析手法を説明できる。
6週 地域の問題の可視化:統計データ(国勢調査等)を活用した小地域の分析など(復習:面積按分の手法) 地域の問題を可視化するための分析手法を用いて、実際に分析に取り組める。
7週 空間解析手法の概要と実践:属性検索、ボロノイ分割、面積按分など(復習:国勢調査の小地域) 空間解析手法の概要について理解している。
8週 空間解析手法の概要と実践:属性検索、ボロノイ分割、面積按分など(復習:様々なGISソフト) 空間解析手法を用いて、実際に分析に取り組める。
4thQ
9週 空間解析手法の概要と実践:属性検索、ボロノイ分割、面積按分など(復習:空間解析手法) 空間解析手法を用いて、実際に分析に取り組める。
10週 空間解析手法の概要と実践:属性検索、ボロノイ分割、面積按分など(復習:バッファとインターセクト) 空間解析手法を用いて、実際に分析に取り組める。
11週 オープンGISデータの活用:オープンGISデータを活用した地域解析など(復習:公開されているGISデータ) 実際の地域を取り上げ、GISを活用しながら地域課題の把握に取り組める。
12週 オープンGISデータの活用:オープンGISデータを活用した地域解析など(復習:空間解析手法) 実際の地域を取り上げ、GISを活用しながら地域課題の把握に取り組める。
13週 オープンGISデータの活用:オープンGISデータを活用した地域解析など(復習:国が整備しているGISデータ) 実際の地域を取り上げ、GISを活用しながら地域課題の把握に取り組める。
14週 オープンGISデータの活用:オープンGISデータを活用した地域解析など(復習:航空写真による地域の経年変化) 実際の地域を取り上げ、GISを活用しながら地域課題の把握に取り組める。
15週 オープンGISデータの活用:オープンGISデータを活用した地域解析など(復習:人口ピラミッドの作成方法) 実際の地域を取り上げ、GISを活用しながら地域課題の把握に取り組める。
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

定期試験課題小テスト合計
総合評価割合502030100
分野横断的能力502030100