一般基礎教育1

科目基礎情報

学校 鳥羽商船高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 一般基礎教育1
科目番号 0055 科目区分 一般 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子機械工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 前期:2 後期:2
教科書/教材 大学  学びのことはじめ (ナカニシヤ出版)
担当教員 冨澤 明

到達目標

① 高専生として主体的に学習する姿勢を培う。
② エンジニアとして社会でキャリアを積み上げていくための礎をつくる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1熱心に演習に取り組み、明確な成果を上げることができる。熱心に演習に取り組むことができる。演習に出席できない。
評価項目2ノートを取りながら授業を受け、自分の将来のことを考えながら、幅広い知識を身に付けることができる。ノートを取りながら授業を受け、必要な知識を身に付けることができる。ノートが取れない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
一般基礎教育1は、キャリア教育と英語基礎演習・数理基礎演習を、5・6限に隔週でおこなう。各学期に数回、専門学科教員の話、講演会などが実施される。また、本校の教育課程には含まれていない内容についても学ぶ。
授業の進め方・方法:
授業は、教室か視聴覚教室のいずれかでおこなう。実施教室、担当教員についてはその都度確認すること。
5限目に英語基礎演習、6限目に数理基礎演習を実施する。原則として習熟度別で授業をおこなう。クラス分けについては、ベネッセ・スタディサポート、中間試験、期末試験の結果によって決定する。
注意点:
合格・不合格のみで評価し、評点はつけない。
合格・不合格は出席、課題の提出(期限内に提出しているか、課題の内容)を評価対象とする。

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 オリエンテーションガイダンス/英語多読案内/一般教育科・一般基礎教育1紹介/校舎案内
2週 専門学科教員の話/図書館の活用について/保健室・学生相談室について メンタルヘルス
3週 スマートデバイス利用上の心得
4週 漢字テスト
5週 教務クイズ67・自宅学習時間調査
6週 グループワーク
7週 学生会活動・学校祭紹介
8週 鳥羽丸
2ndQ
9週 英数基礎演習 国語辞典の活用
10週 学科別教員,在校生の話
11週 英数基礎演習
12週 検定試験について(一般・専門)/国際交流プログラム
13週 ケータイ教室
安心安全講座
14週 試験対策自主学習
15週 国語辞書について
16週
後期
3rdQ
1週 キャリア形成について(学生主事講話)
2週 英数基礎演習
3週 社会意識(マナー)について
4週 英数基礎演習
5週 GTEC-B試験/学習状況調査 外部試験
6週 試験対策自主学習
7週 GTEC-B試験とそのフィードバック
8週 消費者教育
4thQ
9週 卒業生講演会
10週 英数基礎演習
11週 英数基礎演習
12週 性教育
13週 スクールカウンセラー講話・国数基礎演習 メンタルヘルス
14週 スクールカウンセラー講話・英数基礎演習 メンタルヘルス
15週 スクールカウンセラー講話・数基礎演習/1年間振り返り メンタルヘルス
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオ授業参加合計
総合評価割合00000100100
基礎的能力00000100100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000