国語ⅠA

科目基礎情報

学校 鈴鹿工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 国語ⅠA
科目番号 0006 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電気電子工学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 教科書:「国語総合」(教育出版),「日本近代文学選 増補版」(アイブレーン)参考書:「学習課題ノート」(教育出版),「五訂版 漢字とことば 常用漢字アルファ」(桐原書店),本校指定の電子辞書.
担当教員 石谷 春樹

目的・到達目標

評論、小説、詩歌などの様々な日本語の文章を学習することにより、日本語への理解力・表現力を高めるとともに、文学のもつ素晴らしさや、文学を学ぶ意義について理解することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1評論・小説・詩歌などの現代の応用的な文章について理解することができる.評論・小説・詩歌などの現代の基本的な文章について理解することができる.評論・小説・詩歌などの現代の基本的な文章について理解することができない.
評価項目2語彙・文章などの応用的な表現能力を身につけることができる.語彙・文章などの基本的な表現能力を身につけることができる.語彙・文章などの基本的な表現能力を身につけることができない.
評価項目3文学の持つ素晴らしさや学ぶ意義について十分に理解することができる.文学の持つ素晴らしさや学ぶ意義について理解することができる.文学の持つ素晴らしさや学ぶ意義について理解することができない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
本科目は、高等専門学校の国語の基礎能力を「現代文・表現」の分野を中心に身につけさせる。具体的には、第1学年の学生として中学校までの学習の復習を含めながら、高専生、そして現代に生きる日本人として必要な近代、現代文学の基礎知識の獲得と、読解力の向上、及び的確な表現能力を養うことを目標にする。
授業の進め方と授業内容・方法:
・すべての内容は学習・教育到達目標(A)の〈視野〉および(C)の〈発表〉に対応する。
・授業は講義・演習形式で行う。講義中は集中して聴講する。
・「授業計画」における各週の「到達目標」はこの授業で習得する「知識・能力」に相当するものとする。
注意点:
<到達目標の評価方法と基準>
下記授業計画の「到達目標」1~19を網羅した問題を、2回の中間試験・2回の定期試験と小テスト・提出課題・口頭発表等で出題し、目標の達成度を評価する。各到達目標に関する重みは概ね均等とする。合計点の60%の得点で、目標の達成を確認できるレベルの試験を課す。
<学業成績の評価方法および評価基準>前期中間・前期末・後期中間・学年末の4回の試験の平均点を60%、小テストの結果を20%、課題・ノート提出を20%として評価する。原則として前期中間・前期末・後期中間・学年末試験ともに再試験を行わない。但し、習熟度に応じて課題等を課す場合がある。
<単位修得要件>与えられた課題レポート等をすべて提出し、前期中間・前期末・後期中間・学年末の4回の試験、課題、小テストにより、学業成績で60点以上を取得すること。
<あらかじめ要求される基礎知識の範囲> 
中学校卒業程度の国語の知識および能力を身につけていることが必要である。
<レポート等>
理解を助けるために、随時演習課題を与え、提出させる。また夏期休業中の宿題として、外部コンクールに応募する。
<備考>授業中は学習に集中し、内容に対して積極的に取り組むこと。疑問が生じたら直ちに質問すること。また、課題は期限厳守で提出すること。なお、本教科は後に学習する国語Ⅱ、日本文学、言語表現学Ⅰ・Ⅱ、文学概論Ⅰ・Ⅱの基礎になる科目である。
漢字テストのない日はスピーチを実施する。
漢字テストの範囲:第1回(P.5~P.13)第2回(P.15~P.23)第3回(P.25~P.33)第4回(P.35~P.45)第5回(P.47~P.55)第6回(P.61~P.69)第7回(P.71~P.83)第8回(P.85~P.91)


授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 本授業の概容および学習内容の説明
1.国語を学ぶ意義について理解している。
2.スピーチや討論、ディベートなどを行い、自分の意見を公の言葉で表現することができる。(コミュニケーション能力の養成)
3.学習したことを踏まえ、相手に説得力をもって自分の言いたいことを伝える感想文・小論文等を書くことができる。(文章力の養成)
4.短歌や詩、シナリオや映像作品などを創作することにより、自らの心情を作品として表現することができる。(創作力・想像力の養成)
5.「常用漢字アルファ」に基づき、漢字小テストを年間8回実施し、社会人として必要な漢字・語彙力を習得している。(漢字・語彙力の養成)
6.国語表現における常識・規則を理解している。
2週 評論 水の東西(山崎正和)① 上記1~6と同じ。
7 .評論の今日的な表現に使われる漢字・語句について、正確な読み書きと用法を習得している。
8.評論のもつ表現上の特色を理解することができる。
9 .評論について、作者の意図を理解し,論理の展開を把握することができる。
10.評論について、各段落,および全体の要旨についてまとめることができる。
3週 評論 水の東西(山崎正和)② 上記1~6、上記7~10と同じ。
4週 評論 水の東西(山崎正和)③ 上記1~6、上記7~10と同じ。
5週 評論 水の東西(山崎正和)④ 上記1~6、上記7~10と同じ。
6週 評論・新聞記事など 上記1~6、上記7~10と同じ。
7週 評論・新聞記事など 上記1~6、上記7~10と同じ。
8週 前期中間試験 これまで学習した内容を説明することができる。
2ndQ
9週 前期中間試験の反省
小説 ナイン(井上ひさし)①
上記1~6と同じ。
11. 小説の文学的な表現に使われる漢字・語句について、正確な読み書きと用法を習得している。
12.小説のあらすじを把握し、登場人物の心情・行動を理解することができる。
13.小説について、鑑賞能力を養い、自分の感想を文章にまとめることができる。
14.小説について、文学史的知識を身につけ、作品が書かれた時代背景を理解することができる.
10週 小説 ナイン(井上ひさし)② 上記1~6、上記11~14と同じ。
11週 小説 ナイン(井上ひさし)③ 上記1~6、上記11~14と同じ。
12週 小説 ナイン(井上ひさし)④ 上記1~6、上記11~14と同じ。
13週 小説 ナイン(井上ひさし)⑤ 上記1~6、上記11~14と同じ。
14週 表現 読書体験記を書く 上記1~6、上記11~14と同じ。
15週 表現 エッセイを書く 上記1~6、上記11~14と同じ。
16週
後期
3rdQ
1週 前期末試験の反省
短歌・俳句①
上記1~6と同じ。
15. 詩歌の文学的な表現に使われる漢字・語句について,正確な読み書きと用法を習得している。
16.詩歌について、作者の意図を理解し、表現技巧を把握することができる。
17.詩歌について、鑑賞能力を養い、自分の感想を文章にまとめることができる。
18.詩歌について、文学史的知識を身につけ、作品が書かれた時代背景を理解することができる。
2週 短歌・俳句② 上記1~6、上記15~18と同じ。
3週 短歌・俳句③
上記1~6、上記15~18と同じ。
4週 短歌・俳句④
表現 短歌の創作
上記1~6、上記15~18と同じ。
5週 詩 サーカス(中原中也)① 上記1~6、上記15~18と同じ。
6週 詩 サーカス(中原中也)② 上記1~6、上記15~18と同じ。
7週 詩 サーカス(中原中也)③
表現 詩の創作
上記1~6、上記15~18と同じ。
8週 後期中間試験 これまで学習した内容を説明することができる。
4thQ
9週 後期中間試験の反省
小説 羅生門(芥川龍之介)①
上記1~6、上記11~14と同じ。
10週 小説 羅生門(芥川龍之介)② 上記1~6、上記11~14と同じ。
11週 小説 羅生門(芥川龍之介)③ 上記1~6、上記11~14と同じ。
12週 小説 羅生門(芥川龍之介)④ 上記1~6、上記11~14と同じ。
13週 小説 羅生門(芥川龍之介)⑤ 上記1~6、上記11~14と同じ。
14週 小説 羅生門(芥川龍之介)⑥ 上記1~6、上記11~14と同じ。
15週 小説 羅生門(芥川龍之介)⑦
年間授業のまとめ
上記1~6、上記11~14と同じ。
19.年間授業内容の意義について説明できる。
16週

評価割合

試験課題・ノート提出小テスト合計
総合評価割合602020100
配点602020100