英語ⅤD

科目基礎情報

学校 鈴鹿工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 英語ⅤD
科目番号 0136 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気電子工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 Fundamental Science in English Ⅱ
担当教員 中井 洋生

到達目標

自然科学に関する基本的な内容を英語で読み、その中で用いられている英語表現や型を習得し、それらを用いて英語で表現でする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもち,実際の場面や目的に応じて,基本的なコミュニケーション方略(繰り返しや相槌,ジェスチャー,アイコンタクトなどのボディランゲージ)を適切に用いながら,積極的にコミュニケーションを図り,その応用ができる.また,日常生活や身近な話題に関して,自分の意見や感想を応用的な表現を用いて英語で話すことができ,自分の意見や感想を整理し,応用的に100語以上のまとまりのある文章を英語で書くことができる.母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもち,実際の場面や目的に応じて,基本的なコミュニケーション方略(繰り返しや相槌,ジェスチャー,アイコンタクトなどのボディランゲージ)を適切に用いながら,積極的にコミュニケーションを図ることができる.また,日常生活や身近な話題に関して,自分の意見や感想を基本的な表現を用いて英語で話すことができ,自分の意見や感想を整理し,100語程度のまとまりのある文章を英語で書くことができる.母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもち,実際の場面や目的に応じて,基本的なコミュニケーション方略(繰り返しや相槌,ジェスチャー,アイコンタクトなどのボディランゲージ)を適切に用いながら,積極的にコミュニケーションを図ることができない.また,日常生活や身近な話題に関して,自分の意見や感想を基本的な表現を用いて英語で話せず,自分の意見や感想を整理し,100語程度のまとまりのある文章を英語で書くことができない.
評価項目2自分の専門分野などの予備知識のある内容や関心のある事柄に関する報告や対話などを毎分120語以上の速度で聞いて,概要を把握し,情報を聴き取り,その応用ができる.関心のあるトピックや自分の専門分野での英語を使う場面(プレゼンテーション,ディスカッションやディベートなど)を想定して,学生自らが準備活動や情報収集を行い,母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもちながら,主体的な態度で教室内外での日常的な質問や応答など英語で円滑かつ応用的にコミュニケーションをとることができる.また,関心のあるトピックについて,200語以上の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して応用的に書くことができる.自分の専門分野などの予備知識のある内容や関心のある事柄に関する報告や対話などを毎分120語程度の速度で聞いて,概要を把握し,情報を聴き取ることができる.関心のあるトピックや自分の専門分野での英語を使う場面(プレゼンテーション,ディスカッションやディベートなど)を想定して、学生自らが準備活動や情報収集を行い,母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもちながら,主体的な態度で教室内外での日常的な質問や応答など英語で円滑なコミュニケーションをとることができる.また,関心のあるトピックについて,200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができる.自分の専門分野などの予備知識のある内容や関心のある事柄に関する報告や対話などを毎分120語程度の速度で聞いて,概要を把握し,情報を聴き取ることができない.関心のあるトピックや自分の専門分野での英語を使う場面(プレゼンテーション,ディスカッションやディベートなど)を想定して,学生自らが準備活動や情報収集を行い,母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもちながら,主体的な態度で教室内外での日常的な質問や応答など英語で円滑なコミュニケーションをとることができない.また,関心のあるトピックについて,200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができない.
評価項目3それぞれの国の文化や歴史に敬意を払い,その違いを受け入れる寛容さが必要であることを認識しながら,その国の生活習慣や宗教的信条,価値観などの基本的な事象を自分たちの文化と関連付けて説明,解釈の適用ができる.それぞれの国の文化や歴史に敬意を払い,その違いを受け入れる寛容さが必要であることを認識しながら,その国の生活習慣や宗教的信条,価値観などの基本的な事象を自分たちの文化と関連付けて説明し,解釈できる.それぞれの国の文化や歴史に敬意を払い,その違いを受け入れる寛容さが必要であることを認識しながら,その国の生活習慣や宗教的信条,価値観などの基本的な事象を自分たちの文化と関連付けて説明も,解釈もできない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
英語Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳで得た英語の知識技能を活用し,自然科学に関する英語のリーディング能力を養うことを目指す.中学校から高校レベルの数学、理科の内容を含む英文を読むことで、理工系の学生に必要な数学、物理、化学などの基本的な事項を復習するとともに、それらを英語で表現するスキルを獲得することを目的とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
すべての授業内容は,学習・教育到達目標(A)<視野>および(C)<英語>に対応する.
注意点:
<この授業の到達目標>
<到達目標の評価方法と基準>下記「授業計画」の「到達目標」1~4の習得の度合いを中間試験,期末試験,小テスト,課題により評価する.各到達目標に関する重みは概ね均等である.評価における各試験問題や課題のレベルは,百点法により60点以上の得点を取得した場合に目標を達成したことが確認できるように設定する.
<学業成績の評価方法および評価基準>
 中間,期末の2回の試験の結果を80%,課題・発表・小テスト等の結果を20%として評価する.ただし,試験で60点に達していない者には再試験を課すこともあり,再試験の成績が本試験の成績を上回った場合には,60点を上限として本試験の成績を再試験の成績で置き換えるものとする.
<単位修得要件>学業成績で60点以上を取得すること.
<あらかじめ要求される基礎知識の範囲> 高専学科4年間で学習した英語の知識・技能.
<レポートなど>授業に関する課題及び小テストを課す.
<備考>毎回の授業分の予習、つまり辞書を引いて英文を読む作業を自分でおこなったうえで、積極的に授業に参加すること.授業には必ず英和辞典(電子辞書も可)を用意すること. 

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 授業の進め方、評価方法
Lesson 6 Part 1: Measurement of Earthquake
1.「授業内容」に示した教科書の英文の内容が理解できる.
2.英文の内容に関して簡単な質疑応答が英語でできる.
3.教科書の英文に使用されている英単語・熟語の意味が理解し、使用できる.
4.教科書に含まれる語法、英語表現のいくつかを応用して適切な英語表現ができる.
2週 Lesson 6 Part 2: P-Waves and S-Waves
Part 3: Earthquake Information
上記1~4.
3週 Lesson 6 Part 4: The ring of Fire
Part 2: Isotopes
上記1~4.
4週 Lesson 7 Part 1: Magnetic Fields
Part 2 : Electromagnetic Force
上記1~4.
5週 Lesson 7 Part 2: Electromagnetic Force
Part 3: Electromagnetic Induction
上記1~4.
6週 Lesson 8 Part 1: Cells 上記1~4.
7週 Lesson 8 Part 2: Living and Growth of Cells
上記1~4.
8週 中間試験 上記1~4.
9週 中間試験解説
Lesson 8 Part 3: Asexual Reproduction
上記1~4.
10週 Lesson 8 Part 4: Sexual Reproduction 上記1~4.
11週 Lesson 9 Part 1: Combination and Decompositon 上記1~4.
12週 Lesson 9 Part 2: Oxidation and Reduction 上記1~4.
13週 Lesson 9 Part 3: Oxidizing Agents and Reducing Agents 上記1~4.
14週 Lesson 10 Part 1: Water Vapor
Part 2: Foen Phenomenon
上記1~4.
15週 Lesson 10 Part 2: Poen Phenomenon
Part 3: Wind
上記1~4.
16週

評価割合

試験小テスト・課題相互評価その他合計
総合評価割合80200000100
配点80200000100