材料評価学

科目基礎情報

学校 鈴鹿工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 材料評価学
科目番号 0070 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 材料工学科 対象学年 3
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 参考書:演習・材料試験入門 砂田久吉(大河出版),機械・金属材料学 黒田大介(実教出版)
担当教員 南部 智憲

目的・到達目標

材料の機械的性質を定量的に評価するための試験方法を理解し,各種材料試験で得られた結果を解析できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1各種材料試験の原理,必要な試料形状を説明し,物性評価の目的に応じた試験法を選択できる.各種材料試験の原理,必要な試料形状を説明できる.各種材料試験の原理,必要な試料形状を説明できない.
評価項目2材料に負荷される応力とひずみとの関係を説明し,各種試験法で得られる応力-ひずみ線図から物性を解析できる.材料に負荷される応力とひずみとの関係を説明できる.材料に負荷される応力とひずみとの関係を説明できない.
評価項目3ひずみや応力の測定原理を説明し,各種材料試験法に応用できる.ひずみや応力の測定原理を説明できる.ひずみや応力の測定原理を説明できない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
材料の機械的性質を定量的に把握することは,構造物の設計,構造材料の選択や構造物の寿命を推定する上で大変重要である.本講義では,これらの知識・能力の習得を目的とする.
授業の進め方と授業内容・方法:
・授業は講義形式で行う.
・「授業計画」における各週の「到達目標」は,この授業で習得する「知識・能力」に相当するものとする.
注意点:
<到達目標の評価方法と基準>下記授業計画の「到達目標」を網羅した問題を課題,中間試験および期末試験で出題し,目標の到達度を評価する.各到達目標に関する重みは概ね同じである.合計点の60%の得点で,目標の達成を確認できるレベルの課題および試験を課す.
<学業成績の評価方法および評価基準>中間試験・期末試験の2回の試験(100点満点)の平均点を最終評価点とする.ただし,中間試験および期末試験が60点に達していない者(無断欠席者は除く)にはそれぞれ再試験を課し,再試験の成績が中間試験および期末試験の成績を上回った場合には,60点を上限として中間試験および期末試験の成績を再試験の成績で置き換えるものとする.
<単位修得要件>学業成績で60 点以上を取得すること.
<あらかじめ要求される基礎知識の範囲>本科目は,材料工学科第3年次までに学習した機械工作法,材料工学序論,基礎材料学に関する知識が基礎となる科目である.
<レポート等>授業で保証する学習時間と,予習・復習に必要な標準的な学習時間の総計が,45 時間に相当する学習内容である.
<備考>材料試験方法とそれらの試験結果の理解に必要な基礎的かつ重要な知識を学習する科目である.本科目は,材料強度学,材料力学および材料強度工学(専攻科)と強く関連し,それら科目の基礎となる科目である.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 材料試験の概要 1. 材料試験の種類と目的を説明できる.
2週 ひずみの測定方法 2. ひずみの測定方法を説明できる.
3週 応力の測定方法 3. 応力の測定方法を説明できる.
4週 引張試験 4. 引張試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
5週 圧縮試験 5. 圧縮試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
6週 曲げ試験・杭折試験 6. 曲げ試験,杭折試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
7週 せん断試験 7. せん断試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
8週 中間試験 これまでに学習した内容を説明し,諸量を求めることができる.
4thQ
9週 硬さ試験:ブリネル,ビッカース,ロックウェル,ショアー硬さ試験の原理 7. 硬さ試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
10週 硬さ試験 上記7
11週 衝撃試験 8. 衝撃試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
12週 疲労試験 9. 疲労試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
13週 クリープ試験 10. クリープ試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
14週 エリクセン試験・コニカルカップ試験 11. エリクセン試験,コニカルカップ試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
15週 ねじり試験 12. ねじり試験の原理,試料,方法について説明し,試験結果を解析できる.
16週

評価割合

試験課題相互評価態度発表その他合計
総合評価割合10000000100
配点10000000100