データベース論

科目基礎情報

学校 鈴鹿工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 データベース論
科目番号 0019 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 総合イノベーション工学専攻(エネルギー・機能創成コース) 対象学年 専1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 教科書:「リレーショナルデータベースの実践的基礎」速水治夫著(コロナ社) 参考書:「Webデータベースの構築技術」速水治夫編著(コロナ社),関係する参考書等は図書館・WWWに多数ある.
担当教員 田添 丈博

目的・到達目標

データベースの基礎と,リレーショナルデータベースの特徴,データベース設計の方法論,SQLの基礎とSQLを用いた問合せ,データ更新について,それらの基礎を理解している.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1
評価項目2
評価項目3

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
データベースの基礎を講義する.コンピュータ,インターネット,WWWの普及とともに,データベース技術の重要性は増している.この講義を通して,大量の情報を扱う現代のコンピュータ・システムのしくみについて理解を深める.
授業の進め方と授業内容・方法:
・すべての内容は,学習・教育到達目標(B)<専門>(JABEE基準1(2)(d)(2)a))に相当する.
・授業は講義・輪講形式で行う.講義中は集中して聴講する.
・「授業計画」における各週の「到達目標」はこの授業で習得する「知識・能力」に相当するものとする.
注意点:
<到達目標の評価方法と基準>下記授業計画の「到達目標」を網羅した問題を中間試験および定期試験で出題し,目標の達成度を評価する.各到達目標に関する重みは同じである.合計点の60%の得点で,目標の達成を確認できるレベルの試験を課す.
<学業成績の評価方法および評価基準>適宜求める課題の提出をしていなければならない.中間,期末の2回の試験の平均点を60%,課題の評価を20%,小テストを20%として評価する.ただし,中間試験の成績が60点に達していない者には再試験の機会を与え,再試験の成績が再試験前の成績を上回った場合には60点を上限として置き換えるものとする.
<単位修得要件>学業成績で60点以上を取得すること.
<あらかじめ要求される基礎知識の範囲>コンピュータの基本的な使い方(Windows,ワープロ,WWWなど).本教科の学習には,高専での数学の習得が必要である.
<自己学習>授業で保証する学習時間と,予習・復習(中間試験,定期試験のための学習も含む)及びレポート作成に必要な標準的な学習の総計が,90時間に相当する学習内容である.
<備考>自己学習を前提とした規定の単位制に基づき授業を進め,オンラインでの課題提出を求めたり小テストを行ったりするので,インターネットが利用できる環境を準備するとともに,日頃の予習復習に力を入れること.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 データベースの基礎
1.データベースの基礎について理解している.
2週 リレーショナルデータベース
2.リレーショナルデータベースについて理解している.
3週 主キーと外部キー
2.リレーショナルデータベースについて理解している.
4週 リレーショナル代数
2.リレーショナルデータベースについて理解している.
5週 リレーショナル代数(つづき)
2.リレーショナルデータベースについて理解している.
6週 データベース設計
3.データベース設計について理解・実践できる.
7週 正規化
3.データベース設計について理解・実践できる.
8週 中間試験
これまでに学習した内容を説明し,諸量を求めることができる.
4thQ
9週 ERモデル
3.データベース設計について理解・実践できる.
10週 SQL
4.SQLについて理解している.
11週 問合せ,探索条件
5.SQLを用いた問合せについて理解・実践できる.
12週 Accessを用いた演習(問合せ)
5.SQLを用いた問合せについて理解・実践できる.
13週 データ更新
6.SQLを用いたデータ更新について理解・実践できる.
14週 Accessを用いた演習(データ更新)
6.SQLを用いたデータ更新について理解・実践できる.
15週 ビュー
6.SQLを用いたデータ更新について理解・実践できる.
16週

評価割合

試験課題相互評価態度発表その他合計
総合評価割合80200000100
配点80200000100