化学ⅡA

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 化学ⅡA
科目番号 0027 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 一般科目 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 検定教科書「高等学校 改訂 化学基礎」,「高等学校 改訂 化学」(第一学習社),問題集「セミナー化学基礎+化学」(第一学習社),参考書「フォトサイエンス化学図録」(数研出版),教材「HGS分子構造模型A型セット 有機化学入門用」(丸善出版)
担当教員 小島 広孝

到達目標

1 溶液の性質について理解する。
2 熱化学方程式について理解する。
3 反応速度,化学平衡について理解する。
4 無機物質について理解する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1溶液の性質について十分に理解している。溶液の性質について基本を理解している。溶液の性質について理解していない。
評価項目2熱化学方程式について十分に理解している。熱化学方程式について基本を理解している。熱化学方程式について理解していない。
評価項目3反応速度,化学平衡について十分に理解している。反応速度,化学平衡について基本を理解している。反応速度,化学平衡について理解していない。
評価項目4無機物質について十分に理解している。無機物質について基本を理解している。無機物質について理解していない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (A) 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 (D) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
素材として物質を扱う技術者にとって物質の知識は必須であるだけでなく,膨大な物質に囲まれている現代社会において生きるための技術である。化学の扱う領域は物質科学すべてを包括し複雑多岐にわたり,自然法則を物質の側面から捉える化学は自然科学の中心に位置している。
本授業では化学に関する基本的な事項,溶液の性質,熱化学方程式,反応速度,化学平衡,無機物質について理解する。

授業の進め方・方法:
【授業方法】
・授業は講義に一部演習を取り入れて行う。
・スライドを用いて授業を行い,適宜教科書,参考書を参照する。
・適宜授業後に確認テストを出題する。また,必要に応じてレポート課題を出す。

【学習方法】
・板書を写すだけでなく,授業の内容をよく聞き,適宜メモを取ること。
・確認テストを利用して講義内容を復習すること。
・化学科目の内容は積み重ねであるため,もし分からないことがあれば放置せず,オンライン,オフラインを問わず質問すること。

注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
定期試験を行う。時間は50分とする。試験(60%)と,その他レポート・確認テスト等(40%)から,総合的に成績を評価する。到達目標への到達度を評価基準とする。

【履修上の注意】
スライドの印刷物の配布は行わない。必要に応じて印刷し持参すること。
スライドを閲覧する目的に限り,タブレットやノートパソコン等の持ち込みを許可する。
課題は授業の復習を主な目的としているため,期限直前に提出することのないこと。

【教員の連絡先】
研 究 室  A棟2階(A-212)
内線電話  8940
e-mail: h.kojimaアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 シラバスの説明,溶液,溶解度
2週 濃度,希薄溶液の性質
3週 コロイド
4週 反応熱とエネルギー
5週 反応速度
6週 化学平衡,電離平衡 1,3
7週 塩の加水分解,溶解度積 1,3
8週 中間試験
2ndQ
9週 非金属元素1
10週 非金属元素2
11週 典型金属元素1
12週 典型金属元素2
13週 遷移金属元素1
14週 遷移金属元素2
15週 演習
16週 (15週目の後に期末試験を実施)
期末試験返却・到達度確認

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60000400100
基礎的能力60000400100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000