工学基礎研究

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 工学基礎研究
科目番号 0046 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気情報工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 なし
担当教員 中川 重康,片山 英昭,竹澤 智樹,舩木 英岳,内海 淳志,芦澤 恵太,丹下 裕,井上 泰仁,七森 公碩,森 健太郎

到達目標

1 工学が関わっている数々の事象について,自らの専門知識を駆使して,情報を収集することができる。
2 集められた情報をもとに,状況を適確に分析することができる。
3 与えられた目標を達成するための解決方法を考えることができる。
4 各種の発想法や計画立案手法を用いると,課題解決の際,効率的,合理的にプロジェクトを進めることができることを知っている。
5 地域や企業の現実の問題を踏まえ,その課題を明確化し,解決することができる。
6 技術者として,幅広い人間性と問題解決力,社会貢献などの必要性を理解できる。
7 成果を的確に記述し報告書としてまとめることができる。
8 成果を効果的に発表することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1工学が関わっている数々の事象について,自らの専門知識を駆使して,情報を収集することが十分にできる。工学が関わっている数々の事象について,自らの専門知識を駆使して,情報を収集することができる。工学が関わっている数々の事象について,自らの専門知識を駆使して,情報を収集することができない。
評価項目2集められた情報をもとに,状況を適確に分析することが十分にできる。集められた情報をもとに,状況を適確に分析することができる。集められた情報をもとに,状況を適確に分析することができない。
評価項目3与えられた目標を達成するための解決方法を考えることが十分にできる。与えられた目標を達成するための解決方法を考えることができる。与えられた目標を達成するための解決方法を考えることができない。
評価項目4各種の発想法や計画立案手法を用いると,課題解決の際,効率的,合理的にプロジェクトを進めることができることを十分に知っている。各種の発想法や計画立案手法を用いると,課題解決の際,効率的,合理的にプロジェクトを進めることができることを知っている。各種の発想法や計画立案手法を用いると,課題解決の際,効率的,合理的にプロジェクトを進めることができることを知らない。
評価項目5地域や企業の現実の問題を踏まえ,その課題を明確化し,解決することが十分にできる。地域や企業の現実の問題を踏まえ,その課題を明確化し,解決することができる。地域や企業の現実の問題を踏まえ,その課題を明確化し,解決することができない。
評価項目6技術者として,幅広い人間性と問題解決力,社会貢献などの必要性を十分に理解できる。技術者として,幅広い人間性と問題解決力,社会貢献などの必要性を理解できる。技術者として,幅広い人間性と問題解決力,社会貢献などの必要性を理解できない。
評価項目7成果を的確に記述し報告書としてまとめることが十分にできる。成果を的確に記述し報告書としてまとめることができる。成果を的確に記述し報告書としてまとめることができない。
評価項目8成果を効果的に発表することが十分にできる。成果を効果的に発表することができる。成果を効果的に発表することができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (C) 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 (G) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
【授業目的】
卒業研究の前段階として,電気工学,電子工学,通信工学,および情報工学の各分野の基礎研究に,個別指導のもとで取り組む。文献調査,実験,シミュレーション,および得られる結果の検証などの研究の基本的な手法を体得するとともに,創造性を育成することを目的とする。

【Course Objectives】
As a step leading up to graduation research, the students carry out preliminary study on electrical engineering or information engineering under individual guidance. The techniques for research, such as the experiment, the simulation, the verification of experimental and simulation results and the investigation of references are acquired. The development of the scientific and technological creativity is an important objective.

授業の進め方・方法:
【授業方法】
教員の個別指導の下で,学生は個別の研究テーマに取り組む。専門科目の学習内容を復習するとともに,さらに研究に必要な知識を習得し,創造性ある研究活動を行う。指導教員と十分議論しながら研究テーマに取り組むこと。

【学習方法】
研究は学生自らが,興味と問題意識を持ち,積極的・主体的に取り組むことが必要である。研究テーマに関して指導教員と積極的に議論し,学生と指導教員との双方向のコミュニケーションが十分にとれるようにする。

注意点:
【定期試験の実施方法】
定期試験は行わず,工学基礎研究発表会の口頭発表と発表概要(A4,2頁)の提出を義務づける。

【成績の評価方法・評価基準】
研究発表,研究への取組,工学基礎研究発表概要について評価し,電気情報工学科教員が合議の上,合否を判定する。(発表40点,指導教員評価40点,概要20点の100点満点,60点以上を合格とする。)
到達目標に対する到達度を基準として成績を評価する。

(令和3年度のテーマ)
≪中川教員≫ 
太陽電池の温度特性解析,ソーラー濾過システムの設計・製作,LTspiceによる屋外太陽電池の発電量推定,降圧チョッパ回路による MPPT 回路の試作
≪片山教員(地域連携)≫ 
二値化画像におけるコーナー検出法の比較,車両の空席検知のための機械学習の学習,DeepLearningを用いた英文章の認識,車両の座席検知の開発に向けたYOLOの学習
≪竹澤教員≫
赤外分光法による脳機能測定~測定データの解析法の検討~,第一原理電子状態計算による物性評価 ~水素吸蔵合金の開発を目指して~ ,赤外分光法による脳機能測定~NIRS脳血流装置の設計~,3軸電磁アクチュエータの電磁界解析~FDTD法電磁界シミュレーションの運用~
≪内海教員≫
ショットキーバリヤダイオードの経時変化による特性の評価,ショットキーバリヤダイオードに与える熱処理の影響,LoRaWANを用いた「ARDF×まちあるき」の提案,LoRaWANを用いた「ARDF×まちあるき」システムの開発
≪芦澤教員≫
ブラウザ版墓所マップ,画像の明るさ知覚に関わる統計量,画像解像度と統計量の相関性について,JavaScriptを用いたExcelデータの変換および表示
≪舩木教員(地域連携)≫ 
画像処理を用いたデジタル遊具の開発,ARToolKitを用いて人間の動作を表す漢字を表現するソフトウェアの制作,Blenderによる鶴友寮の3Dデータの作成,視線入力を用いた地域情報を閲覧するアプリケーションの開発
≪丹下教員(地域連携)≫ 
簡易脳波計の作成,膝角度を計測するための光式角度センサの設計と製作,歩数計測における正確性の向上
≪井上教員≫
顔認証を使った防犯システムの開発,家庭菜園補助アプリの開発,新型コロナ感染症罹患者のオープンデータを用いた統計解析,YouTubeのコメント欄のテキストマイニング
≪七森教員≫
ゲート配線形状の変化による磁気結合の影響,ワイヤレス給電回路の高効率化とロバスト性の向上,キャパシタを用いたモータドライバの効率向上,小型三相モータの定数測定
≪森教員≫
VR学寮体験システムの開発,DeepLearningを応用した核の検出,MediaPipeを用いたお箸の持ち方の自動評価,VR技術を用いた論理回路学習システムの開発,自然言語処理を用いた災害ツイート判別

【学生へのメッセージ】
工学基礎研究で選択したテーマを基に5年生の卒業研究のテーマ設定を行います。卒業研究では,工学基礎研究で身に付けたスキルを活用して知識と応用能力の充実を図ります。したがって,4年生の段階で丁寧な研究への取り組み態度を身につけることが重要です。研究は地道な継続的努力を必要とします。研究の進捗などに問題が生じたら,指導教員あるいは身近な教員に早い時期から,どんどん相談することが重要です。

【履修上の注意】
必要に応じて,研究関連分野の教科書および資料,工具・電卓などを用意すること。

【教員の連絡先】
研究室 A棟3階(A-323)
内線電話 8961
e-mail: utsumiアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバスの内容の説明,授業ガイダンス
2週 研究室配属の決定
3週 各研究室における活動 1~8
4週 各研究室における活動 1~8
5週 各研究室における活動 1~8
6週 各研究室における活動 1~8
7週 各研究室における活動 1~8
8週 各研究室における活動 1~8
4thQ
9週 各研究室における活動 1~8
10週 各研究室における活動 1~8
11週 各研究室における活動 1~8
12週 各研究室における活動 1~8
13週 発表会 1~8
14週 発表概要修正(発表会での指摘を反映した修正概要を作成) 1~8
15週 発表概要修正(発表会での指摘を反映した修正概要を作成) 1~8
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合04000600100
基礎的能力0000000
専門的能力04000600100
分野横断的能力0000000