応用物理Ⅰ

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 応用物理Ⅰ
科目番号 0001 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 小出昭一郎「物理学」(裳華房)
担当教員 上杉 智子

到達目標

1 簡単な質点の運動方程式の解が求められる。
2 保存力とポテンシャルについて理解する。
3 平面極座標による中心力の運動を説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1空気抵抗があるときの質点の運動方程式の解が求められる。重力の下など、簡単な質点の運動方程式の解が求められる。簡単な質点の運動方程式が書けない。
評価項目2微分・積分を用いて保存力・ポテンシャルの計算ができる。保存力とポテンシャルについて説明できる。保存力とポテンシャルについて説明できない。
評価項目3平面極座標による中心力のもとでの運動で、軌道の式などが導ける。平面極座標による中心力のもとでの運動が説明できる。平面極座標が説明できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (A) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
物理量のベクトルによる表示,運動方程式の解法,保存力とそのポテンシャル,平面極座標,中心力による運動について学習した後,質点系の運動,剛体の回転運動についても学習する。

授業の進め方・方法:
【授業方法】
・授業は講義により進め、適宜問題演習を行う。
・必要に応じてレポート課題を出す。

【学習方法】
・黒板の内容は必ずノートに取ること。
・予習は必ずしも必要ではないが,ノート,配布プリントを用いて復習を行うこと。

注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
2回の定期試験(50分)を行い,その平均を試験の評価とする。試験の評価(70 %)と,その他レポートと小テスト等の点数(30 %)から,総合的に成績を評価する。到達目標への到達度を評価基準とする。

【備考】
プリント・課題・授業ノートの復習を中心に学習を行うこと。

【教員の連絡先】
研 究 室 A棟2階(A-203)
内線電話 8911
e-mail: uesugiアットマークmaizuru-ct.ac.jp(アットマークは@に変えること。)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 シラバス内容の説明,位置ベクトル 単位ベクトル
2週 速度ベクトル 加速度ベクトル
3週 法線加速度 接線加速度
4週 質点の運動方程式と微分方程式1
5週 質点の運動方程式と微分方程式2
6週 放物運動,ばね振動,単振り子
7週 演習問題
8週 中間試験
2ndQ
9週 中間試験の解説,仕事と運動エネルギー
10週 保存力とそのポテンシャル
11週 重力,弾性力,万有引力のポテンシャル
12週 平面運動の極座標表示1
13週 平面運動の極座標表示2
14週 惑星の運動
15週 まとめと演習
16週 (15週の後に期末試験を実施)
期末試験返却・到達度確認

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000300100
基礎的能力0000000
専門的能力70000300100
分野横断的能力0000000