プログラミングⅠ

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 プログラミングⅠ
科目番号 0076 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 柴田淳「みんなのPython 第4版」(SBクリエイティブ)
担当教員 伊藤 稔

到達目標

1 プログラムを実行する手順を理解する。
2 Pythonの基本的な文法を理解する。
3 Pythonで基本的なプログラムを作成できる。
4 情報セキュリティの必要性を理解する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1プログラムを実行する手順が十分に理解できる。プログラムを実行する手順が理解できる。プログラムを実行する手順が理解できない。
評価項目2Pythonの基本的な文法が十分に理解できる。Pythonの基本的な文法が理解できる。Pythonの基本的な文法が理解できない。
評価項目3Pythonで発展的なプログラムを作成できる。Pythonで基本的なプログラムを作成できる。Pythonで基本的なプログラムを作成できない。
評価項目4情報セキュリティの必要性が十分に理解できる。情報セキュリティの必要性が理解できる。情報セキュリティの必要性が理解できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (H) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
プログラミングスキルの習得は,様々な分野で要求されており,技術者にとって必要不可欠なスキルの1つである。本授業では,インターネット や人工知能分野で注目されているPythonを用いてプログラミングについて学ぶ。

授業の進め方・方法:
【授業方法】
・スライドを用いた講義とプログラミング演習を中心に授業を進める。
・毎回,講義内容に関するプログラミング演習課題を与えるので,指定された期日までに提出する。
・学生の理解レベルや授業進度に応じて授業計画を変更する場合もある。

【学習方法】
・事前にシラバスを確認し教科書の該当部分を読み,疑問点を明確にする。
・プログラミング演習,レポート課題には必ず自分で取り組む。
・疑問点,不明点は質問する。

注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
・中間・期末試験の成績(70%)とプログラミング演習など(30%)で総合的に評価する。
・定期試験の時間は50分とする。
・到達目標への到達度を評価基準とする。

【備考】
・教室は制御棟3階CAD/CAM教室を使用する。変更時には教室などに掲示する。

【教員の連絡先】
研究室  A棟3階(A-318)
内戦番号 8950
e-mail: mitoアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバス内容の説明,PythonとGoogle Colabolatryについて,基本的なPythonプログラム 1,2,3
2週 基本的なPythonプログラム 1,2,3
3週 Pythonにおける基本的なデータ構造 1,2,3
4週 Pythonにおける基本的な制御構造 1,2,3
5週 Pythonにおける関数とモジュールの利用 1,2,3
6週 グラフによるデータの可視化 1,2,3
7週 ここまでの内容のプログラミング演習 1,2,3
8週 中間試験
4thQ
9週 中間試験の返却と解説,情報セキュリティの基礎
10週 Pythonにおけるデータ構造 1,2,3
11週 Pythonにおける制御構造の活用 1,2,3
12週 Pythonにおけるファイル処理 1,2,3
13週 Pythonにおけるクラスとオブジェクト指向 1,2,3
14週 Pythonにおける関数とスコープ 1,2,3
15週 ここまでの内容のプログラミング演習 1,2,3
16週 (15週目の後に期末試験を実施)
期末試験返却・達成度確認

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000300100
基礎的能力0000000
専門的能力70000300100
分野横断的能力0000000