CAD演習ⅠB

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和02年度 (2020年度)
授業科目 CAD演習ⅠB
科目番号 0120 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 3
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 伊藤広著「基礎からのマシンデザイン」(森北出版)
担当教員 仲川 力

到達目標

1 CADシステムの役割と構成を説明できる。
2 CADシステムの役割と基本機能を理解し、利用できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1CADシステムの役割と構成を十分に説明できる。CADシステムの役割と構成を説明できる。CADシステムの役割と構成を説明できない。
評価項目2CADシステムの基本機能を十分に理解し,利用できる。CADシステムの基本機能を理解し,利用できる。CADシステムの基本機能を理解できず,利用もできない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (H) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
この授業では,機械製図の規格を理解し,機械部品などの製作図を作図できることを目標とする。またCADシステムを利用した作図法を修得する。

授業の進め方・方法:
【授業方法】
中間試験まではJW_CAD(二次元CAD),それ以降はSolidEdge(三次元CAD)を用いた演習を行う。
https://moodle2.maizuru-ct.ac.jp/ で授業内容に関する情報を提供する。

【学習方法】
・分からないことがあれば質問すること。

注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
二次元CAD、三次元CADそれぞれ3点の指定課題とそれぞれ1点以上の提出物で評価を行う。また,到達目標の各項目の達成度を成績評価基準とする。

【備考】
課題は必ず自分で行うこと。

【教員の連絡先】
研究室 S棟3階
内線電話 8958
e-mail: chicaアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバス説明,JW_CADの基本操作
2週 JW_CADの基本操作
3週 JW_CADの基本操作
4週 JW_CADの基本操作
5週 JW_CADによる機械部品の作図
6週 JW_CADによる機械部品の作図
7週 JW_CADによる機械部品の作図
8週 JW_CADによる機械部品の作図
4thQ
9週 三次元CAD総説、基概念、モデリング
10週 三次元CADソフトの基本的な3Dモデリング
11週 三次元CADソフトの基本的な3Dモデリング
12週 三次元モデルのアセンブリング
13週 三次元モデルの二次元図面化
14週 課題演習
15週 課題演習
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00001000100
基礎的能力0000000
専門的能力00001000100
分野横断的能力0000000