応用数学ⅡB

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 応用数学ⅡB
科目番号 0152 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 三宅敏恒「入門 線形代数」(培風館)
担当教員 鷲山 将規

到達目標

1 ベクトル空間に関する基本的概念を説明できる。
2 線形写像の概念を説明できる。
3 行列の固有値,固有ベクトル,対角化の概念を説明でき,具体例を計算できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1ベクトル空間に関する基本的概念を十分説明できる。ベクトル空間に関する基本的概念を説明できる。ベクトル空間に関する基本的概念を説明できない。
評価項目2線形写像の概念を十分説明できる。線形写像の概念を説明できる。 線形写像の概念を説明できない。
評価項目3行列の固有値,固有ベクトル,対角化の概念を十分説明でき,応用的な計算ができる。 行列の固有値,固有ベクトル,対角化の概念を説明でき,基本的な計算できる。行列の固有値,固有ベクトル,対角化の概念を説明できない。具体例を計算できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (A) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
【授業目的】
線形代数とは和と定数倍の構造を備えた空間を統一的に扱う学問分野であり,自然科学,工学のあらゆる分野に現れるもっとも基礎的な分野である。本コースでは,この線形代数について,具体的計算,概念の理解の両方向から学習する。

【Course Objectives】
In this course, we shall study linear algebra, one of the most fundamental fields of mathematics which supplies us with powerful tools in the study of natural science and engineering. Using linear algebra, one will be able to deal comprehensively with many research areas where addition and multiplication by scalars appear. 

授業の進め方・方法:
【授業方法】
教科書に沿って講義をする。講義では具体的な例や問題の解説のほか,概念や論理の説明を行う。また適宜プリントを配り,演習しながら進める。

【学習方法】
予習:教科書には目を通しておくこと。
講義:講義により自分の理解を修正および深化させる。教科書の節末問題や配布する演習問題などを解くこと。
復習:講義や教科書の内容をもう一度自分で再現すること。また,他の科目等にも応用すること。

注意点:
【定期試験の実施方法】
定期試験を行う。時間は50分とする。

【成績の評価方法・評価基準】
成績は2回の定期試験の結果(60%)と課題の提出(ポートフォリオ40%)によって評価する。
定期試験の結果について,到達目標の各項目について理解や具体例の計算の到達度を評価基準とする。

【教員の連絡先】
研 究 室 非常勤講師室
内線電話 なし
e-mail: m.washiyama@maizuru.kosen-ac.jp

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバス内容の説明, ベクトル空間
2週 一次独立と一次従属
3週 ベクトルの一次独立な最大個数
4週 ベクトル空間の基と次元
5週 線形写像
6週 線形写像の表現行列
7週 問題演習 1,2
8週 中間試験
4thQ
9週 中間試験返却,固有値と固有ベクトル
10週 行列の対角化
11週 行列の対角化
12週 内積
13週 正規直交化と直交行列
14週 対称行列の対角化
15週 問題演習
16週 (15 週目の後に期末試験を実施)
期末試験返却・達成度確認

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60000400100
基礎的能力0000000
専門的能力60000400100
分野横断的能力0000000